アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

SSOP to DIP

前エントリで差し上げると書いたものはこれのことでした.端っこが欠けちゃってるのが分かると思います.くそ〜,ベークめ〜(違)
d0106518_1531345.jpg
現在6枚つながった状態になっていまして,Pカッタとかで切ればいいけど面倒くさいし(笑),需要があれば作業を考えようかなと言う感じでしょうか.もちろん変換基板本体のみで,ピン他は当然含みません.穿孔もされていません.うっかりピン側のランドのサイズをギリギリにしてしまったので,0.8mm がど真ん中に入らないとキレイにハンダ付けできない可能性があります.基本的には差し上げるのは知り合い限定とさせていただきます.

ここでは PIC16F88 の SSOP(20pin) を DIP(18pin) の振りをさせていまして,置いたままでアクセスできる場合と,ドライバなどで押さえてやらないとダメな場合がありますが,基本的には Ph#2 あたりのビットをパッケージのど真ん中に当ててやって軽く保持すれば問題ないでしょう.SSOP でもコアは同じとのことなので,ライター側の設定も DIP と同じです.

もちろん SSOP をハンダ付けして DIP みたいに使うこともできなくもないのですが,ノーマルDIP の 18pin のサイズには SSOP を内側に置くことができなかったので,二回りほど大きな幅にしてあります.なので,基板を専用に起こすのでなければ,基本的にはゼロプレッシャーソケット(ZIF; Zero Insertion Force) の付いたライターに使うものという感じですね.
[PR]
by jq1ocr | 2009-07-23 02:04 | 徒然話 | Comments(0)