アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

グッドデザインロボ

電話級を晴海に受けに行ったとき,確かメーカーが無線機を飾っておくコーナーが中にあったように記憶しているのですが,そのときの私のあこがれのリグと言えば FT-102 でした.もちろん恰好だけしか理解できないレベルでしたけど,カタログを下敷きのすき間に挟んでいたのを思い出します.ただし中学生に手の届くようなものではなく,実際に買ってもらったのは IC-505 でした.これも当時売られていた無線機の中でリーズナブル且つ恰好良いという理由で選んだようなものです.笑 だって,無線をまだやってないのに,いくら文字(本や雑誌)でバンドごとの魅力を読んだって,本当には理解できないですからね.でも結果的に 6m で開局したことはよかったと今では思います.

さて話を戻しまして,この IC-505 はグッドデザイン賞受賞の製品だったのですが,中学生だった私には意味はよく分からず,とにかく「なんかいいもの」なんだろうって認識でした.そういえばお菓子にもモンドセレクションとかありますが,それと同じようなものなのかなぁと思って,どんな部門があるんだろうと調べると,商品デザイン部門というそのまんまな部門でした.hi

他にどんなのがあるのかと見ていると,なんとコレジャナイロボも受賞しているではありませんか.まさかロボットとして優れたデザインとして認められた!なんてわけないよなぁと思ったら,受賞対象名は「ギフト用木製ロボット」です.よかった,デザイン界が終わってるわけじゃなくて.笑 ちなみに対象名を見ても分かるように,これはあくまでギフトなんですね.自分用に買うのは用途として間違っているのかも知れません.笑 よく分からないのは,領域,分類で「移動・ネットワーク領域/コミュニケーション - 企業などがおこなう広告・広報・CSR」とあります.

ちなみに知っている人は多いとは思いますが,コレジャナイロボの概要は以下の通りです.
d0106518_1134390.jpg
「欲しかったのはこれじゃなーい!!」プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛の叫び。楽しいはずのクリスマスが突如、修羅場に。こんな経験ありますか?できれば避けたいものです。しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。情操教育玩具として是非お試しください。
ちなみにコレジャナイロボ THE STORY はこちら
[PR]
by jq1ocr | 2010-03-21 11:39 | 徒然話 | Comments(0)