アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カードの返送を考える

N2QP で運用したカードは,日本国内向けであれば JARL ビューロに送れば OK なのですが,国外向けの場合は別途転送手数料として年間3600円払い込む必要があります.相当枚数あるならそれでもいいのですが,私の場合基本的には AH0BT での運用がほとんどで,設備の調整やコンテストに入る前,終わったあとなどのみ N2QP を運用します.なのでそれほど多くの局と交信することはないと想定されます.

では他に送る方法は?と考えると,前エントリで書いた ARRL の Outgoing Service を使う方法もあるわけです.これですと,ARRL 会員であれば(もちろん私は会員ですが)1/2 LB あたり $5 で転送してもらえます.枚数的にはだいたい 75 枚で 1/2 LB くらいになるということなので,500枚以上になるとさすがに JARL に軍配は上がりますが,それ以下(もちろん郵送料もかかるから,実際はもう少しすくないと思うけど)だと ARRL を使う方法もある,ということです.

料金表を見ると,
1-10枚 $1.50
11-20枚 $2.50
21-30枚 $3.75
それ以上は重量制(1/2LBあたり$5)
となっているので,取り急ぎ W2 Bureau から来た分はこれで返信してしまおうかと思います.

カードに同封するもの
1. proof of ARRL membership (QST誌の宛名ラベルコピー可)
2. check(コールを書く.payable to "The ARRL Outgoing QSL service".M/Oでも可)
そして宛先は以下の通り.
ARRL Outgoing QSL Service
225 Main Street
Newington CT 06111-1494

[PR]
by jq1ocr | 2010-05-29 21:00 | 徒然話 | Comments(0)