アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

エッチング液の寿命を考える・1

最初に書いておきますが,結果はまだ出ていないので「その1」としました.

さて小さいとはいえ,エッチング槽を使っているので 2L 程度のエッチング液を使用します.もちろん寿命がくるまでは使い回しですが,ヒータを入れて金魚ブクブクを使うと,液がかなり黒くなっても,かなりきれいにエッチングできます.ただパターンが細いところは寿命近くなると食われたり,食い残しができたりすることが予想されます.作成するパターンによっても液に対する管理の仕方は変わってきますので,できれば液の性能を知りたいところです.

で,世の中ではどうしているのかな?と思ったら,自動化されている機械では比重を測っているようですが,手動でやってる場合に用いられると想像していた比重計が見つかりません.もし比重で管理できるのであれば,浮秤(下の写真)を使うと便利なはずですが.....
d0106518_1432014.jpg

だいぶくたびれてきたであろうエッチング液と新液の比重を測定して,差があるようだったら,その値に適合した浮標を用意すればよいということになります.今度調べてみますね.
[PR]
Commented by WPJ at 2010-05-31 18:56 x
うちのばあい、液を使い込んでエッチングの速度が低下することより、水分の蒸発による濃縮の影響が大きいように感じます。
濃縮により粘度が上昇し、攪拌が不足するためなのか、ムラになっちゃうんです。こんなときは、水道水で薄めて対応しています。

濃くなったり、薄くなったりするものですから、うちでは比重で管理できない状況ですよ。なにかうまい寿命の見極め法があればよいのですが。やっぱりエッチング時間なのかな。

その2に期待でーす。
Commented by jq1ocr at 2010-05-31 20:26
うちはエッチング槽に出しっぱなしにしてないので,それほど蒸発はしてないようです.もし蒸発するのであれば液面が同じになるように加水すれば良いのではないでしょうか.エッチング時間は慣れている人ならいいのですが,私のように年中やってるわけではない人間からすると,難しい基準です.2をそのうち書きますね.
Commented by JK1FBA at 2010-06-01 00:26 x
廃液の問題が写真の世界でも問題になっていますが、廃液の処理はうまい業者さんに頼んでいらっしゃるのでしょうか。
Commented by jq1ocr at 2010-06-01 01:44
基板のエッチングの廃液は銅を含むので,銀塩写真よりもだいぶやばいですね.処理するところはあります.が,少量だとやっぱり自分で消石灰ですかね〜.
by jq1ocr | 2010-05-30 14:33 | マイコン・電子工作 | Comments(4)