アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

fuse byte reset

台風で某イベントがどうなるか心配で変な時間に起きてしまいました.関係者にはそれより別な心配をしろと突っ込まれそうですが.苦笑

さて,ATtiny13A を INT 128kHz にすると,ISP で書き換えが出来なくなる件ですが,Clock Prescaler Select Bits(分周比設定)を大きくすると ISP できなくなるとあります.ただ,今回は CKDIV8 を disable にしてあるので大丈夫なはずなんですが,使っている ISP がマニュアルの製作時期のタイプより速すぎるってことでしょうか.良いんだか悪いんだか.苦笑

まあなにはともあれ書けなくなってしまったものの,壊れているわけではないのでいずれなんとかしたいと思います.とはいえ,パラレルプログラマを買うほどの話ではないし,要するに fuse bit をリセット出来ればいいので,スタンドアロンのヒューズビットのリセッタを作ろうかと.主だっては 13A/328P しか使ってないのでユニバーサルで組めばいいかな.

検索してみるとみなさん高圧を作るのに悪戦苦闘していたり.普通高圧(というには違和感あるけど.笑)電源持ってないってことでしょうかね.まあ,このために用意するのもバカバカしいからというのが正解かな.公開してくれてる方のプログラムも hex だったり asm だったりで,よく分からないので,ちょっと勉強してみようと思います.(asm をじゃないですよ.笑)
【追記】ATtiny13A と ATmega328P の fuse reset の方法は違うようです.13A の方は高圧シリアルプログラミング,328P は高圧パラレルプログラミングです.パラレルプログラミングはピン数がいるので,共用できるように組もうとするとコントローラは 88/328 等を使うことになりそうです.手順は分かったので,とりあえず作ってみますかね.

【追記2】いろいろ考えるとピン数が結構多くて共用するのも面倒くさいのと,328 よりも 13 の方が 128kHz モードを使うことで rewrite したくなるはず,という推測により 13 だけのリセッタでいいやと思い始めました.笑

【追記3】というわけで,作ってみたのがこちらです.
[PR]
by jq1ocr | 2010-10-30 04:43 | マイコン・電子工作 | Comments(0)