アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

ラーメンタイマ

冷蔵庫に貼ってあったはずのキッチンタイマーがどこかにいってしまい,カップラーメン等の調理時間の正確な計時が困難になってしまいました.そういえばトンツーバッジのベータ基板があったなぁと思い,これの空きポートに圧電サウンダをつけてチャルメラでも鳴らせば,カップラーメンタイマになるではないか,ということで組んでみました.が,どうせ作るなら,基板を割り取り,ストックしている Frisk の空きケースに入れて磁石で貼れるようにすれば,普通に使えるようになるではないか,ということで凝ってみました.笑
d0106518_21583285.jpg
機能としては,コールバッジで採用した Push'n'Pop 入力方式™(笑)(*)によって3,4,5分より計測時間を選択.経過1分ごとに残り分数を bleep(さすがにモールスにはしませんでした.笑).計測時間が終了するときにはなつかしのチャルメラサウンド(**)で締めます.

ちなみに動作していないときは完全スリープ(power down)になるようにしまして,消費電流はカタログデータですが 2uA まで低減できるようです(実際に測ったところ,少なすぎて手持ちの電流計では 0 になってしまった).ちなみに 5V でしか測っていませんが,動作時には 1mA 程度流れているので,LED点灯時以外の計時途中ではスリープモードも検討すれば良かったかと思いました.

ところで電源には CR2032 を使用していますが,公称容量は 220mAh ですから,単純計算で12年待機可能となります.カップラーメンは年に片手で数えられるくらいしか食べないので,本当に十年くらい持ちそうな気がします.笑(その前に自己放電しちゃいそうですね)

(*) Push'n'Pop 入力方式™:一つのボタンで複数のステートから一つを選択することが出来るように,按下時間を計測し,更にその瞬間にボタンを離すと確定するステート1つをラジオボタンのようにユーザーにフィードバックすることができる入力方式.OCR 用語(笑)

(**)ドレミーーレド ドレミレドレーー♪
[PR]
by jq1ocr | 2010-11-20 22:29 | マイコン・電子工作 | Comments(0)