アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

スタバは venti にかぎる

秋刀魚は目黒にかぎる,という話ではありませんが,スタバでは私はいつも venti です.

さてスタバが日本に来たのは学生時代のことでした.初めて見たときには禁煙ですしちょっとおしゃれかもと思いましたが,他にもいい喫茶店はいくらでもあったので,近所にあったわけでもないスタバを進んで選ぶことはありませんでした.

その後,仕事で NY に引っ越し.もちろん向こうはスタバ発祥の國ですからスタバは増殖している最中でした.それまで NY の珈琲は 50 セントの黒い焦げ臭い飲み物(泥水とも言う)が普通で,誰も珈琲がおいしいモノだとはおもっていなかったところに,スタバがやってきたのですからびっくり仰天大好評.で,どんどんスタバが増えたのです.それまで日本では普通に飲まれていたアイスコーヒーなんて無かった NY も,スタバができてから珈琲を冷やして飲むのもおいしいじゃないかと理解して,ようやく他の店でもアイスコーヒーを用意する店が出てきたと言われています.

うち (Brooklyn Heights) の近所でも,主な立ち回り先である Manhattan でもスタバはあって,ちょっと一休みするには安心できる(価格的にも味にも均一)のでよくはいっていたものですが,このとき不思議に思ったのはサイズ設定です.向こうは tall-grande-venti なんですね.tall って大きいという意味なのに,なんで一番小さいサイズなんだろう?と.で,友人に聞いたら,日本にはその下に short があるんだよと.実際には short はメニューに書いてないだけで,頼めば出てくるらしい.ただ,NY で short を出したら「なんでこんな値段でこんな小さいんだよ」と言われること請け合いです.なので tall じゃ大きすぎるという少数派が分かってて頼む,ということのようですね.ところで,grande くらいがちょうどいいかなと思ったものの,最初は受け狙いで venti を頼んだのですが,これがあっさりいけちゃったわけ.それから私はずっと venti でした.

さて帰国後.職場の近所にスタバが出来て,珈琲講習会みたいなことをやってるというので行ってきました.当時スタバは啓蒙(洗脳?)活動もやってたんですね.そこで社員に「なんで venti がないの?」と聞いたら,日本にはその大きさはなじまない,というのですよ.何十年も前はコーラだって 250ml 缶が普通で,それが 350ml になり,今では 500ml も普通じゃないですか.炭酸でいけるんだから,珈琲で venti (20 oz) いけないはずはないのです.venti も導入して欲しいと強烈にお願いしてから幾星霜.気づくと近所のスタバにも venti が入ってました.私のクレームが実った,ということでもないのでしょうが,客の声の一つとしてカウントされた可能性はあるので,私は venti を買い支えなければなりません.笑 じゃないと,あの社員に「ほら,やっぱりこんな馬鹿でかいの誰も頼まないジャン」と得意げに言われてしまいます(妄想).

そんなわけなので,ここをご覧の皆さんも是非スタバにお出かけの際は是非 venti をご注文下さい.笑 おっと,ここで緊急入電.「2月15日より店舗で販売するドリンク商品の価格改定を行うと発表した。一部商品のショートサイズ価格を10~20円値上げし、「グランデ」「ベンティ」など大きいサイズの商品は10~20円値下げする。」だそうです.venti 派にとってはうれしいニュースですね.
[PR]
by jq1ocr | 2011-01-29 08:20 | 徒然話 | Comments(0)