アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Let's choose between C and E

他キャリア向けにCメール(ショートメッセージ)が出来るようになりましたが,従来通りEメールにした場合との違いを考えてみましょう.

まず,これらの間にどのような違いがあるかというと
Cメール
(1)料金:送信3.15円,受信無料
(2)文字数制限:全角50文字まで
(3)システム:通話網を使用して直接端末に届く.通らない場合はセンタに72時間保持される.

Eメール
(1)料金:送受側共にパケット代がかかる
(2)文字数制限:全角5000文字まで
(3)システム:パケット網を使用して送られる.サーバにいったん蓄えられ30日間保持される.データ添付が可能.
端末によっても多少違いがありますが,ざっくりいってこのような違いがあります.実はシステム的には大きく違うのですが,利用者側から見た簡単な違いは,文字数(Eは多く,Cは少ない)と,送ったメールが届いたのがすぐ分かる(C)か分からないか(E)というところでしょうか.

もちろん送る内容によってEメールでないとダメだったりしますが,どっちも使えるとなれば安い方を使いたいですよね.

では使用料を試算してみましょう.まずCメールは簡単で,一通 3.15 円が送信側にかかりますが,受信側は無料です.対しEメールは 1X の EZweb multi の場合,1パケットで 0.2835 円かかります.1パケットは128バイトなので,メールの50文字は1パケットで済むことになりますが,実際は通信相手の情報などが付加されたヘッダーがつきます.パケット通信料の目安によると,文字だけのメールを250字くらい送ると7パケットのようなので,逆算するとヘッダーは3〜4パケットくらいのようです.なのでメール本体を含めて合計5パケットになったとすれば,1通50文字で 1.42 円.これが受信にもかかるので,トータルでは 2.84 円程度かかると考えられます.

ちなみに上記の計算において,自分は日本国内におり,またCメールの通信相手も国内としています.相手が海外だと一通100円かかりますので注意してください.(Eメールは国内外関係ない) あとここで算出した料金は厳密なものではなく,当然契約内容などによって違ってきます.ケースによって料金が異なるのは当然なので注意してください.またパケ放題ならCメールを使う理由は希薄になりますし,逆にパケット契約がなければEメールは使えません.家族割等でCメールが無料なら,そんな相手にEメールを送ることもないでしょう.というわけで,みなさんも自分だったらどっちが良いのか考えてみるきっかけになれば,というエントリでした.
[PR]
by jq1ocr | 2011-07-14 21:25 | 徒然話 | Comments(0)