アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

万年筆と女房は人に貸すな

とは,昔からよく言われていることわざ.まあどちらも大事にしなさいと言う意味なのですが,万年筆のペン先は,使い手の癖で決まる独自なすり減り角度がつくので,他人に使わせると書きにくいばかりか,おかしくなってしまったりするということがあるらしいです.

ところで,私はペリカンを数本(主筆はスーベレーン)使っているのですが,職場でも筆記用と添削用にそれぞれ違う色のインクを入れています.先日Hさんが筆記具好きということだったので「こんなペンだよ」と見せるために手渡したところ,キャップをまっすぐに引き抜こうとしたのでびっくりしました.ペリカンのキャップは回転させて付け外しするタイプなのでまっすぐ引っ張っても取れませんし,力加減によるとネジ部分が変形する可能性もあります.回して外すんだ,と言ったのですが,ちょっと時間が経つと忘れて,ついまっすぐ抜き差ししようとするので,普段から回転タイプは手にしていないのだなと思いました.
d0106518_23324315.jpg
幸いHさんはそうでもありませんでしたが,これがもし力任せな人だったらペン先云々より先に,見せるだけでも別のところを壊してしまうのではないかと心配になりますね.そう考えると,万年筆やさんは,お客さんの環境が分からないうちは怖いだろうなぁと思った次第.「万年筆と女房は人に貸すな」を本来の意味でないところで実感したのでした.
[PR]
by jq1ocr | 2011-10-14 23:34 | 徒然話 | Comments(0)