アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

ちんまりがたんまりに

先週のニュースでこんなのがありました.
節電の冬なのに…オイルヒーター予想外の人気 エコ改良などが奏功
産経新聞 1月16日(月)
 関西電力が管内に10%以上の節電を要請し、厳しい寒さが続くなか、欧州で普及している暖房器具オイルヒーターの売れ行きが好調だ。電力不足から消費電力の高いオイルヒーターは敬遠されるとして、仕入れを調整する動きが強かった家電販売店では、思わぬ人気に大慌てだ。メーカーが省エネ機能を高めたほか、室内の空気への影響が少ないことなど、本来の機能が見直されているようだ。また、「消費者が暖房器具を上手に使って、節電している」との見方もある。

オイルヒーターは原理的にエネルギー効率が良いはずがないので,なんでオイルヒーターで省エネになるのよ?とこのニュースを読んだとき感じたものの,すぐに記憶の彼方に飛び去りました.ところが,一昨日アキバシの暖房器具コーナーの前を通ったら,今までだったら奥の方にちんまり置いてあったはずのオイルヒーターが思いっきり一番目立つところにたんまり(笑)陳列されていて,記憶から飛び去っていたこのニュースを思い出したのであります.笑

見てみますとかなり高額なものが良く売れているようですねぇ.分かって買う人はいいのですが,なんだか分からないのに何かに踊らされて無思慮に買うと痛い目に遭うかも知れないわけで,まあしがない電気屋の独り言...というか落書きだと思って読んでください.

まずオイルヒーターというのは電熱線でオイルを温めて,そのオイルをラジエタ−(あのフィンの部分です)に流して,その熱を空気に伝えて暖めるという仕組みです.もちろん電熱線で空気を直接暖めても結果は同じですが(それが電気ストーブですね)高温になる部分がオイルに浸かった手の触れない場所におけるため,安全性が高いわけです.結局元をたどれば電熱線で暖めるわけですから,入れた電力以上の仕事はしません.要するに消費電力が 1kW だったら,最高でも 1kW 分しか暖かくならないのです.もちろん電気ストーブとかパネルヒーターとかも原理は一緒です.もっというと 1kW だとすると消費電力的にはドライヤーと同じくらいでしょう.ヘアドライヤーで部屋を暖房する,イメージ的にはそんな感じですかね.それにエコといったって,結局は電気を流さない(=電源を切る)ことで電気代を削減するわけで,何か新しいテクノロジーでエネルギー効率があがったというわけではないのです.

ちなみにエアコンは動作原理が違います.あれは電熱線で暖めるわけではなくて,クーラーや冷蔵庫の原理を逆に使って,室内で放熱,屋外で吸熱,というサイクルで冷媒を回しています(ヒートポンプといいます).そして,そのサイクルを回すのに必要な電力量よりも多くの熱を屋内に出すことができ,具体的には使った電力の4倍以上の仕事率が得られるようです.ですのでざっくり言って,1kW のオイルヒーターと同じ暖かさが 250W で得られる計算になるわけです.

以前灯油やガスなどと比較した記憶がありますが,今はエアコンで暖房するのが一番安上がりだという結果になったような覚えがあります.オイルヒーターは高気密でない場合,つけっぱなしにしておくような使い方でないと暖かくならないので,他の暖房器具に加えて補助的に使うくらいならその分メインの暖房を強にした方がいいのでは?と思ってしまいます.メーカーやお店は売りたいからいろいろいいことを言うでしょうけどね.結局これがよく使われている国というのは住宅が高気密,高断熱且つ電気代が安い(か,他の燃料が割高?)のではないか?と思います.

あと意外な落とし穴はその電流です.1kW 使うなら 10A 流すことになります.みなさんのおうちの契約アンペア数を考えてみましょう.一般家庭の最大契約アンペア数は 60A ですが,まあそこまでいかずに 50A の契約とします.1kW 程度のオイルヒーターだと四畳半くらいしか暖められないと思うのですが,仮に3部屋をそれぞれ 1kW で暖房したとすると,それだけで 30A.これにドライヤーと電子レンジをつけたらブレーカーが落ちますね.

また電気代もかかります.1日中ずっとつけっぱなしにして1か月使ったとすれば,30A × 100V × 24h × 30days = 2160kWh/月
ですから,kWh単価を 24.13円とすれば,月に52000円かかります.

ちなみに NEDO の資料によると灯油の熱量は 37MJ/L とあります.先ほどの 2160kWh は,7776MJ なので,灯油換算で210L.東京では灯油は現在 18L で1700円くらいなので,2160kWh は2万円くらいとなります.

もちろん灯油で暖房すると換気か吸排気が要りますし,設置可能な条件はあるもののエアコンで高効率なものを選べばさらにコストは下がります.結局いろんな選択肢の中でオイルヒーターを選択するという場合はあって然るべきですが,どんなケースでも無条件でオイルヒーターがベスト,というわけはないはずなので,暖房器具を買うときにはこのような長所,短所,ランニングコストなどを勘案してお決めになるのがよいだろうと思います.

オイルヒーターが適しているケースというのはそれほど多いとは思わないのですが,それ以上に暖房器具の主商品みたいなところに陳列されていたことに違和感を感じたので書いてみました.
[PR]
Commented by JG1BGT/UJIIE at 2012-01-23 09:23 x
私もオイルヒータを見るたびに,「ドライヤと変わらん」と思っていました.
それと,気化熱で気温を下げる扇風機.気温が下がっても湿度が上がれば不快指数はどうなるの?
Commented by JE1HLQ at 2012-01-23 17:17 x
オイルヒーター…確かに子どもが触ってもやけどしない(のか?)とか空気が汚れないとか埃が舞い上がらないとか良さそうな宣伝を耳にしますが…消費電力見てびっくり…
オイラもこの記事読みましたが、どうすれば暖かくて省エネなんだか…知恵熱でまた年末年始の不調がよみがえりそう(笑)

足もとの電熱ヒーターで十分です。弱で300W、もっと弱くてもいいんだけど…なかなか売ってないです。
書斎(秘密基地)0.85m×1.85mはそんなんで十分です。
Commented by jq1ocr at 2012-01-23 23:07
>UJIIEさん
閉めきった部屋で使うものではないってことですよね.

>HLQ
サイリスタでも使ってみますか.
by jq1ocr | 2012-01-22 19:18 | 徒然話 | Comments(3)