アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

【VNWA3】+化

ちょっと前に書きましたが VNWA3+ というのが昨年末あたりに出ました.VNWA3 との違いについては前の記事を参考にしてください.さて,ちょっとした企み(笑)もあって,VNWA3 を VNWA3+ に変えることができる extension board を購入したのですが,通販サイトが1月いっぱいお休みだったため,先週末にようやく着荷しました.
d0106518_1632716.jpg

ちょっとした付属品も同時発注しましたので,中身はこんな感じ.
d0106518_15564826.jpg
では取り付け方法をご紹介しましょう.正確にはマニュアルを見ればよいのですが,ご参考ということで.ただしこの方法は製造番号が A2201 以降の VNWA3 であって,それ以前は SIP コネクタの半田付けなどを自分で行う必要があります.また静電気にはくれぐれも注意しましょうね.特に用意する工具は Ph#2(プラス2番)とカッターナイフくらいでしょうか.

まずケースのネジを外して開けます.
d0106518_1625553.jpg
これを開けるには 2mm のアレンキー(六角レンチ)が必要ですが,extension board kit におまけについているので持っていなくても大丈夫です.(私はおまけのではなくて自前の PB のレンチで開けました.ボールポイントの方が好きなので.笑)

開けたら下面を見ると,A2201 以降の場合は SIP コネクタにジャンパピンがついているのが見えると思います.
d0106518_161054.jpg
脱落防止にホットボンドがついているので,カッターで削り取ってからジャンパを外します.
d0106518_1611371.jpg


続いて extension board に3カ所スペーサを取り付けます.この時使用するワッシャーが二種類あって,片方が fiber(茶色),もう片方は鉄ワッシャーです.ネジに最初に fiber(茶色)のほうのワッシャーを入れてから,基板の部品面から通し,下面に鉄ワッシャを入れて,スペーサの順番です.
d0106518_1683073.jpg


extension board をつけると,内部クロックを取り出す,または外部からクロックを注入することができるようになるので,そのための SMA コネクタを取り付けようと思いました.が,位置が合いません.まずパネルと基板の隙間がコネクタがはまるほどは空いてないので,もしつけるなら逃げ加工を基板側にする必要があります.またケース側に最初からあいている穴の位置も随分高いです.試しに上にコネクタを置いてみたらこんな感じになりました.
d0106518_1614568.jpg
要するにコネクタで基板を挟まず,上に載せた状態で半田付けすると,ちょうど高さが合うようです.ただし基板のパターンでコネクタの芯線があたる部分については,ちゃんと削るなり絶縁するなりしないと,そのままだとショートしてしまうでしょう.そもそも他の部分の作りはちゃんとしているので,ここだけなんで変な付け方になるのか?と不思議に思いました.

とりあえずは急がないので,よい解法を見つけるまでは保留.また外部へ電源を取り出したり,制御したりすることが出来る RJ11 コネクタもとりあえずは使わないので,結局後パネルの穴あけはまったくしないで組み立てました.よって外見は全く VNWA3 と同じになってしまいました.苦笑
d0106518_16181417.jpg


ところでこの VNWA3 はぱっと見ガレキ(瓦礫じゃないよ.笑)ですが,ちゃんと分かっている人が設計しているようで,例えばケースもただの箱ではなく,シールドを考えてあります.
d0106518_16192310.jpg
この部分のつぶれ方も重要なので,あまりぎゅうぎゅうと押しつけたりしないように組み戻さねばなりません.あと欧州生まれだけあって基板のネジは普通のプラスではなくポジドライブですが,日本ではこのドライバを持っている人はそれほど多くないと思います(私も持ってません).まあそれほどトルクを掛ける必要もないので,+の2番で大丈夫でしょう.

というわけで,とりあえず作業終了ですが,以下の VNWA3 との違い
(1)S11 と S21 が1スイープで測定可能.
(2)RJ11ソケットから外部に電源と制御ラインを出せる.
(3)消費電流が低減する.
(4)クロックの取り出しまたは注入が可能になる.

のうちの (1) と (3) しか実現できていないのが残念です.

ちなみに私のは A2201 以降なので,A2200 以前のモデルに必要ないくつかの部品はあまりました.
d0106518_1621347.jpg


さて,ではソフトの設定とまいりましょう.


【参考】前面パネルのコネクタは,PCB 側も逃げ加工がされていて,前面パネルの穴の位置もばっちりです.
d0106518_16234156.jpg
後ろのクロックポートもこれと同じ付け方が出来るかと思っていたのですが,ずれていて無理でした.ぴったり合うコネクタがあるといいのですが....
[PR]
by jq1ocr | 2012-02-13 20:51 | マイコン・電子工作 | Comments(0)