アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

【VNWA3+】ソフトの設定

extension board の取り付けが終わったら,USB Audio CODEC が一つ増えて二個になるため,これを使用するように設定を変更する必要があります.まず,メニューの Option > Setup から Audio Settings をひらきます.
d0106518_20351686.jpg
Audio Settings を見ると,Audio Capture Device がこのように一つになっているはずです.これを追加するには,Auxiliary Audio Capture Device available をクリックしてチェックマークを入れます.すると下に Auxiliary Audio Capture Device の欄が出現します.
d0106518_20385078.jpg

まずは上を USB Audio CODEC(2),下を USB Audio CODEC にして,それぞれの下の欄を Capture(キャプチャ)と Microphone(マイク)にします.Test Audio を押してちゃんとピンクと青の線が出るか確認します.
d0106518_2049389.jpg
線が出てこない場合や,Calibrate Sample Rate でエラーが出るときは,この CODEC の設定を逆にします.要するに上を USB Audio CODEC,下を USB Audio CODEC(2) にします.(マニュアルにも書かれている対策法です.)
d0106518_2051982.jpg
ちなみにうちはこの部分で設定を逆にしないと動きませんでした.

このように設定すると,CODEC が二つ動くようになるので,S11 と,S21 を同時に測定することが出来ます.描画途中の絵を見ますと...
d0106518_20522183.jpg
青線(S21)と赤線(S11)が同時に描画されているのが見えますね.これが extension board の大きな利点です.ない場合,single sweep しても S21 と S11 を順に描画するだけ(時間が倍かかるだけ)なのでコストパフォーマンスがどうかは微妙ですけども.(他の機能も使うようなら「買い」)

ちなみに S22, S12 は reverse 設定しないと描画できないのですが,trace に入れていれば自動でやってくれたらいいのになぁと思っています.どこかにそういう設定あるかな??

ところで仕事で使っている VNA も最近のは calibration が自動の e-cal というのが主流になっているのですが,これに慣れると,わざわざ SOLT するのが面倒で仕方ありません.なので,そういうオプションがそのうち出るのかなぁ?と期待しています.(3+ にすると後面に付く RJ11 からそれを制御するのではないか?という期待です.笑)
[PR]
by jq1ocr | 2012-02-14 22:10 | マイコン・電子工作 | Comments(0)