アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Bonneville プラグ点検・1

整備作業をするときには写真が多い参考資料があると安心できますよね.最近出会ったところでは motor-moto さんの blog「38歳からのトライアンフ・ボンネビル」が秀逸です.自分だったらやらないような大変な作業もされていて,読み物としても楽しめるので,よくお邪魔しています.

そのエントリで「ボンネビルのためのプラグレンチ」というのを見て,初めて世の中のボンネ乗りはプラグを外す時にはタンクも外している,ということを知ったのであります.ろくすっぽメンテしてない私ですが,プラグを外すときにタンクを外したことがないので,「wobble 使えば大丈夫じゃない?」みたいなことを無責任にもコメントしたのですが,よく考えると wobble を使わないで外したことの方が多い気がするのです.で,早速やってみました.

まずプラグコードを外します.何か足りないところがあるようですが気にしない.笑
d0106518_1945232.jpg
プラグレンチは 18mm で,外すときは snap-on S9711KA (ラバーホールド)にしました.
d0106518_19473765.jpg
ここから wobble で外に出して回した気がしたのですが,手元にあったのは長すぎて入りません.でもそのままラチェットでいけました.
d0106518_19483882.jpg
もちろんこのままですとヘッドカバーに干渉するので,使うラチェットは FACOM J.161 です.72枚ギアなので,送りが5°.もちろん一気に回せませんが,これだけ狭くても何とかなります.すぐゆるみますので,手で回してもいいですし,ラチェットを使うならヘッドを指で押さえて逆転防止します.
d0106518_21523110.jpg
はずれたらクリーニングしてギャップ確認.
d0106518_21532767.jpg
0.8-0.85mmの間ですのでOK(基準値は 0.8-0.9mm).特に問題もないので緩めたときと同じように戻します.最後はトルクレンチ(トーニチ QL25N-MH)で締め上げます.
d0106518_2155339.jpg
規定トルクは 18Nm なので,ゲージの読みで 17.5 まで回して,右のノブのめもりを 0.5 にします.回転軸がずれるのは誤差の元なので軽く指で支えます.
d0106518_21582528.jpg

とまあ2次エアがなければこのように楽ちんなのですが,ついているときはちょっと手間です.なぜならとっても邪魔な位置に2次エアシステムが来るからですね.
d0106518_2205390.jpg
とりあえずプラグソケットをはめます.
d0106518_2212876.jpg
そのままではラチェットが入らないので,適当な長さの wobble extension (*後述)を入れると良いのですが,なぜか工具箱に見あたらないので,ユニバーサルジョイントを使ってみます.
d0106518_222457.jpg
もうちょっと長いといいのですが,仕方ありません.なんとかラチェットレンチをいれて回します.
d0106518_2232436.jpg

ユニバーサルジョイントのおかげで wobble extension と同程度には斜めに回してもOKです.
d0106518_2241852.jpg
ただし2次エアシステムのせいで,回せる角度がより狭くなるので,軽く回るようになったら指で回します.
d0106518_225897.jpg
ソケット+ユニバーサルジョイントの長さがある程度あるので,指で回転させる位置が大分上に来て回しやすいです.燃料が濃いめのようで黒くなっていますが,それ以上にさびているのが嫌な感じなので,クリーニングせずに交換しましょう.
d0106518_2263315.jpg
右は新品です.外したときと逆をやって最後はトルクレンチでなるべく真っ直ぐになるようにして 18Nm にセットし終了しました.次はお道具編です.笑

Part 2 へ
[PR]
by jq1ocr | 2012-04-01 22:09 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)