アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.
by jq1ocr
XML | ATOM

skin by excite

Epson PX-105 着荷&レビュー

昨日発売だった Epson のインクジェットプリンタの新機種 PX-105 が早速着荷しました.
荷受けの瞬間,軽いなぁと思いました.箱を見ると Made in Indonesia とあります.はるばる日本へようこそ.hi パッキングはシンプルで,内容は本体,ACケーブル,簡単な説明書とソフトの入った光学ディスクのみ.あまり開梱時のワクワク感はありません.まあそんな期待はしていませんが.笑 unpack してから,固定用のテープ類を剥がして,ACケーブルを接続,電源を入れ,インク(CMYKの4つ)をセットします.本体は一昔前のインクジェット並とは言いませんが,結構コンパクトでよいです.最近のは単機能でも大きい感じがするので,機能をばっさり切って(例えば両面自動印字や給紙トレー選択などは無い)シンプルにしたモデルは今後もなくならないようにして欲しいものです.またビジネスプリンタを謳っており,高耐久性らしいので,そういう意味でも寿命の長い製品であることを期待しています.

ところで本機は接続方法として,USB, 有線/無線 LAN があります.うちでは無線 LAN を使うつもりでいたので,Epson から PX-105 関連のソフト,ドライバなどを引っ張って来て設定しようとしましたが,そのソフトからはプリンタが見えません.初期設定の IP アドレスが,自分のうちのネットワークと異なるためかも知れません.仕方ないので MBP を引っ張り出し(主に使っている iMac は光学ドライブが不調で読めなくなっている)ディスクをセット.その中のアプリを起動したらちゃんと設定できるようになりました.また無線LANを設定したあとも,別の Mac から使おうと,OS 標準の システム環境設定 > プリントとスキャン から追加しようとしても見つかりませんでした.が,これも付属ディスクのソフトを使って「追加」することができました.専用ソフトじゃないとうまくいかないというのは如何なものかと思うのですが,私のやり方が間違っていたのかも知れません.

ちなみに最初に取り付けるインクは本体に添付なのですが,本体にある程度インクが入っていかないと印字できない仕組みと言うことで,最初のインクは無くなるのが早い可能性があると明記されています.現にテストプリントを1枚やってみたら,黒インクのゲージが1ピクセル分減ってました.苦笑 幼なじみが RX-7 (FC3S) で急加速したら燃料ゲージ(ディジタル表示)が見ている間に1個減っていったのを思い出しました.笑

さてこれからテストプリント以外の印字も何種類か設定を試してレビューを本エントリに追記していこうと思いますので,何かご要望があれば,コメントに書いてください.何でも出来るわけではありませんが,自分も必要がある事柄なら優先して試してみますので.

【写真編】資格試験や免許関連で使う写真をプリントしてみました.予めライカ版の比で切り出しておいたデータを L 版の写真用紙(富士の画彩)に 1 ページ 9 枚で出力するとライカ版とほぼ同じ大きさになりました.(危険物取扱者などで使用するサイズ(4.5×3.5cm)の場合は4枚割り付けるとちょうど良いです.)もちろん最高精度で出力しました.以前使っていた iP4500 は染料インクなのに対し,PX-105 は顔料インクである為か,彩度というか艶が低く感じられるのと,やはり iP4500 のほうが写真としての精度は高いですが,免許に貼るくらいなら十分なきれいさで印刷できました.ただ,出力にはかなり時間がかかりますね.まあ写真はあまり出すつもりではないので,これで十分満足です.なお L 版くらいでも写真をきれいに出そうと思うなら,別のモデルにした方が良いです.

【文書編】一般文書を普通品質で印字した場合,品質は問題ないのですが,以前使っていた ip4500 より印字が遅いのが気になりました.

【年賀状編】薄い色調の全面背景に,小さな写真を数点入れた年賀状を普通紙モードで印刷する速度は,1分あたり3,4枚程度でした.インクジェットとしては十分な速度に感じます.ただし,これを「はがき(インクジェット紙)」設定(=ほどほど高精細モード?)で印刷すると1枚1分かかりました.(MacOSX10.8.2 + InDesign)しかし,時間がかかる割にはそれほどきれいになるわけではないようです.普通印刷より濃くなりインクを多く使っている感じ.50枚くらいはこのモードで印刷しました.使い始めてからそれほど多くの印刷をしているわけではないのでインク交換をしたことはありませんが,ようやく今回年賀状を100枚ほど印刷した時点で黒インクがそろそろ無くなるというアラートが出ました.最後まで印刷できたので,まだインクの交換はしていませんが,ブラックにはLサイズがあるので,今度はそれにしてみようかと思います.

【トラブル】ノズル詰まりに関するエントリはこちら
■  [PR]
by jq1ocr | 2012-09-21 23:59 | 徒然話 | Comments(2)
Commented by ささ at 2012-11-23 21:20 x
初めまして。
ip4500が故障したのでプリンターを探しています。

白黒のテキスト印刷が時々
年賀状の作成
スキャナーは不要
無線で使いたい

上記の用途なのですが、CANONの最近のプリンタはカラーインクが1つになっているので不経済かと思い150が候補になりました。

MG3230と迷っているのですが、どちらが良いと思いますか?
Commented by jq1ocr at 2012-11-24 23:21
その用途(ポイント)でしたらどちらのモデルでも問題ないと思います.あとは違いを調べて,さささんの重視する点を多く満たしてくれるモデルを選べばよいと思います.PX-105 を無線 LAN で使ってみた感じでは「遅い」です.でも「小さい」ので他の選択肢はありませんでした.(私の優先要求条件は「小さい」ことでしたので)
名前 :
URL :
※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。
削除用パスワード 
<< 惜しいなぁ いかのおすし >>