アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

放射性物質の保管

M 先生が研究に使いたいという話をされていたので,プレゼントしようと閃ウラン鉱を入手してもらいました.大きいのは先生に差し上げて,破片をもらいました.1cmくらいの礫です.
d0106518_15405460.jpg
鉱物標本ですし,それほど強い放射線を出しているわけではありませんが,身につけておく物ではないですね.空き缶に入れてみましたが,ほとんど遮蔽の効果は感じられませんでした.そこで本当は鉛の入れ物にでも入れたいところですが,適当な鉛板が入手出来ていないので,ステンレス鋼管(ガス管)の切れ端を使い,こんなケースを作ってみました.
d0106518_15433643.jpg
これでどのくらいの遮蔽効果があるか実験してみることにしましょう.
d0106518_1544571.jpg
まずこのカウンタでこの環境で測った background は 12 cpm くらいでした.ビニール袋に入っただけの状態の閃ウラン鉱を測定すると,GM管からの距離によって当然結果が異なりますが,以下のようになりました.
ビニール袋のみ
距離[cm][cpm]
5170
10107
1568

次いで鋼管で作ったケースに入れた状態で測ると...
鋼管ケース使用
距離[cm][cpm]
591
1041
1529

更にそのケースをスチールの空き缶に入れると...
鋼管を空缶に収納
距離[cm][cpm]
578
1042
1525

というわけで,鋼管ケースに入れることによって,線量が概ね半分程度になることが分かります.またスチール缶に入れると平均で概ね1割程度低減できそうなことが分かります.

しかし,いずれの結果も理論的には距離の二乗に反比例するはずが特に 5cm でずれているように思われますね.GM 管の飽和線量に達しているわけではないと思うので,線源から見た GM 管の立体角を勘案する必要があるかも知れませんが,ここでは簡易測定としてとりあげません.またいずれも測定は一回だけしか行っていないので,誤差は大きいと思いますが,鋼管ケースでもそれなりの遮蔽効果があることが分かりましたので,くびれた部分に鉛板でも巻いて,より安全なケースを作ろうと思います.
【追記】使用したステンレス鋼管は呼径 1/2 と呼ばれる太さで,管厚(呼厚)が2.8mm のものでした.JIS を調べてみると同じ呼径で4.7mm 厚というものもあるようです.厚さのある鋼管が入手出来れば更に低減できそうですね.
[PR]
Commented by WPJ at 2013-06-25 23:22 x
お。
いいですねー。


この石は磨いちゃったりしないのですか?。
Commented by jq1ocr at 2013-06-25 23:49
磨いても宝石のようには輝きませんし,粉塵を吸い込みたくないですからね〜.
Commented by BWT at 2013-06-29 22:06 x
この鋼管の回りを釣り具の板重り(鉛)を巻いたらどうでしょうか?
ハンズでも板鉛は売っています。
Commented by jq1ocr at 2013-06-30 10:08
釣り具の板おもりは薄いので,けっこうな量が必要になります.ハンズで売っているのは 0.5mm や 1mm 厚ですが,厚い方でも2−3重にした程度だと半分くらいにしか減衰しないようです.でもハンズで売っている幅だと,この鋼管のくびれ部分にちょうどあいます.
by jq1ocr | 2013-06-24 22:30 | 徒然話 | Comments(4)