アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Epson PX-105 のノズル詰まり

季節柄葉書の印刷をしたわけですが,絵は薄く字はないというものが出てきました.印刷されていないのも同然です.なんだこりゃ,とノズルチェック(プリント)をしたらほとんど白紙.そこでヘッドクリーニングをしてからノズルチェックをしたのですが,線がちょっと増えたかな?くらい.結局15回同じことを繰り返し,ようやく普通に印刷できるようになりました.インクは全色新しいのに入れ替える羽目になりましたが.苦笑

あとになってマニュアルを見たら,4回くらいやってもダメなときは6時間以上放置してから,再度やってみるようにと書いてあります.時間をおくことで目詰まりが解消する可能性がある,ということですが,大体印刷なんて,いつ印刷したいですか?今でしょ!という状態なのに,そんなに待てませんよね.新しいのを買ってきた方が早いじゃないですか.というか,今のインクの価格設定だとすでにそれも暴論とは言えない状態だったり?苦笑

うちのように数ヶ月に一回印刷するかどうかというケースでは顔料インクは適していないのかも知れません.逆に頻繁に印刷するならこういうトラブルは起きないので,だから「ビジネス」インクジェットだったのかぁと納得したりして.苦笑
[PR]
Commented by kuromiya at 2013-12-08 23:57 x
私も以前、エプソンのインクジェットを使っていましたが同じように数カ月に
1回くらいしか使わずにいたらヘッドが目詰まりして使えなくなり廃棄しました。

それ以来キャノンを使っています。
今使っているのはインクとヘッドが一体化しているモデルなのでインク
は高いですがヘッドが目詰まりした際にはインクを変えれば問題無い
ので痛し痒しといったところ。

QSLカードを時々、印刷していますが上記の理由で今のところは目詰まりのトラブルは有りません。
by jq1ocr | 2013-12-07 23:50 | 徒然話 | Comments(1)