アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

ATtiny13A で TWI

今月号のトラ技は 8-pin の LPC810 で I2C (TWI) するという特集でしたが,これには A/D が内蔵されていないなど,プロジェクトによっては ATtiny13A の方が適したものもあり,仮に LPC の習熟度が上がってもリプレイスには至らないと考えています.ところで年末くらいから ATmega328P でいろいろな TWI デバイスをつなぐ実験をしていましたが,トラ技付録の LPC810 に触発されて,同じようなことを tiny13A でもやってみることにしました.基本的には 328P で動いていたソフトウェア TWI のプログラムを移植して LCD で確認.
d0106518_23312668.jpg
こんな感じで動きましたが,tiny13A はプログラム領域(flash)が 1kB しかありません (328P は 32kB).ところがこんな風に単に字を出すだけなのに,なんと 700 byte ほど使っている模様です.字を出すだけのものを作ろうとしているわけではないので,コードが小さくなるようにプログラムを見直して,ケチケチ作戦でいかないとですね.私はこういうのは苦手なので,あきらめる可能性大??苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2014-01-21 23:10 | マイコン・電子工作 | Comments(0)