アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

トラ技付録 ARMライタを使ってみる

d0106518_13491134.jpg

先月号からの続きで今月号には ARM ライタが付録になっています.LPC-link2 を入手済みなのですが,予備品というか教材にもしたいので,これもデバッガ(ライタ)に仕立てようと思います.

さて基板にはコネクタ類がついていませんので,別に用意しなければなりません.マルツで「仕上げ部品セット」(630円)というのがありますが,ライターとしての利用しか考えていないので,必要なのは二点のみ.ピンソケットと USB ミニBコネクタです
d0106518_1353264.jpg
ピンソケット8ピン

d0106518_13564787.jpg
基板取付用USBコネクタ・ミニB

上の部品は秋月で買いましたが,ピンソケットにL型の8ピンという選択肢がありませんので,普通の8ピンの足を曲げることにしました.またUSBコネクタのほうも余分な出っ張りをニッパーで切り取る必要があります.
d0106518_17394938.jpg

この写真の赤矢印の部分(二カ所)ですが,基板に当ててみれば分かるでしょう.半田付けするとこんな感じになって完成.
d0106518_1402231.jpg
USB ケーブルで Mac に接続すると青 LED が点灯し,マスストレージとして ARM ライタがマウントされます.
d0106518_1413529.png
これを開くと中に firmware.bin というのがありますが,これを先月号の付録CDの /naitou/firmware.bin で上書きすれば終了と思いきや,説明にあるような「緑と赤のLEDが2秒くらい点灯し消灯します」という動作が行われません.相変わらずマスストレージでマウントされたままです.リセット(スイッチは付けていないので,ピンセットでショートさせています)しても何も起きません.

調べてみると,Terminal からコピーしないと認識されないという記事が見つかりました.変なの〜と思いながらも,Terminal で書いてみたところ無事にファームウェアが書き込めました.上書きするファイルの所から
cp ./firmware.bin /Volumes/CRP\ DISABLD/
で大丈夫だと思います.

そのあと説明通り進んでいけば....
d0106518_15564323.png
はい,認識されました.またそれからはマスストレージとしては認識されなくなります.

そのあと L チカプロジェクトに入って,
d0106518_16212967.jpg
d0106518_1621373.jpg

はい,OK!
[PR]
by jq1ocr | 2014-02-12 21:40 | マイコン・電子工作 | Comments(0)