アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

コードレス電話の電池パックを考える

うちはパナのコードレス子機を使用していますが,もっとも使用頻度が高かったものは電池がへたってきたので,何年か前にサードパーティ製の互換電池に交換しました.それはわざと他社製を選んだのではなく,単にそのお店の在庫がそれしかなかったからです.ところがこの電池はうまく充電には入れないことがたまにあるようで,年に何回か充電に入る瞬間と電池切れを繰り返してピーピーうるさいことがありました.しばらく外して,また充電器に乗せるとうまく充電できるタイミングがあって,いままでずるずると交換せずにきました.

そんな今日,使おうと思ったらピーピー状態で使えなかったため,思い切って電池パックを交換することにしました.うちの子機の中で一番新しいはずの互換電池がもうダメになったので,サードパーティは買わないぞと思いつつラインナップを探しているとこんなことを発見しました.

まず,これの純正電池は KX-FAN51 (3.6V 650mAh) です.
d0106518_15584584.jpg
ところが同じパナから「互換電池」と題してこんな電池パックがでているのです.
d0106518_160095.jpg
HHR-T407 (3.6V 700mAh) です.パッケージには堂々と KX-FAN51 と互換性があると表示されており,値段も安いです.てっきり高い方は日本製なのかと思ったのですが,どちらも中国製でした.いったいどういうことでしょうね?HHR-T407 に一本化しない理由があるのでしょうか?それとも HHR-T407 を使うように設計された機器には逆に KX-FAN51 がつけられない可能性があるとか??(相互互換と書いてるわけでないから)

いまいち理由は分かりませんが,どちらも中国製で,容量が大きい方が安いなら,そっちがいいと思って選んでみました.しかし,本家からこんな価格で出されたら,サードパーティも立つ瀬がないかも知れませんね.あ,もしや互換メーカーにプレッシャー?もちろんもうサードパーティのを買う気はないですが,もしそういう意図なら感心できないなぁ.苦笑

ところでよく見ると純正品には「パナソニックシステムネットワーク株式会社」とあり,互換品には「松下電器産業株式会社」とあります.松下電器産業は2008年にパナソニックに社名変更していますから,安いのはもしかして単にデッドストックの在庫処分ってこと??
[PR]
by jq1ocr | 2014-05-25 16:00 | 徒然話 | Comments(0)