アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

バッ直にリレーを入れる

コルトプラスにつけた ID-5100D ですが,フルパワーだとシガライターからとることは出来ないので,バッテリー直で配線してあります.しかし暗電流が気になりますよね.ある期間乗らないなら電線を外せば良いのですが,ついつい忘れがちです.で,リレーを入れることにしました.

使用したのは DC 20A まで使える秋月の大電流大型リレーモジュールキットです.
d0106518_1285759.jpg

ID-5100 は 2p のコネクタが使われているので,これのプラグとジャック(*)を用意して間に入れる作戦です.出来上がりはこんな感じ.
d0106518_1303383.jpg
右に少し写っている線がアクセサリ電源につながります.

ちなみにこのキットにはスペーサーや端子台が付いていますが,負荷電流が大きいので直付けにし,装着前に金属部品が触れても大丈夫なように大きな熱収縮チューブで基板全体を覆ってあります.車のアクセサリー電源端子は PowerPole にしてありますので,それに合わせています.このリレーでバッテリー上がりを心配しなくて済みそうです.スイッチを付けて強制スルーすることも出来ますが,必要かどうかは分かりません.

(*)ファストン端子 #250 のオスメスをT型に並んだ2極コネクタシェルに取り付けます.T型の上辺(横)がプラス,下(縦)がマイナスです.シェルは矢崎のファストンハウジング 7122-2228(オス),7123-2228(メス)で,1ペア60円位(西川電子(2階)調べ)です.
[PR]
by jq1ocr | 2015-01-14 06:30 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)