アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Garmin nüvi 42LM

Hertz(US) で車を借りるとき,NeverLost®を予約すればいいのですが,一日 $10 近くしますし,申し込まなくてもラッキーだとついていたりするので,あえて予約せずに今回は借りてみました.すると今回はついていませんでした.苦笑
d0106518_15423248.jpg

今回は日産の VERSA(日本だと NOTE かな?)でした.

国内でカーナビに浸かりきって鈍った私にはナビが欲しいところ.最初は地図だけでなんとかしてましたが,夜間などは看板も見づらく気が気でないときもあるので,思い切って一番安いのを買ってみました.(それでも NeverLost を借りるよりは安い.笑)
d0106518_15452188.jpg
Garmin の nüvi 42LM で,4.3" と若干小さい画面ですが,シンプルな米国の道なら大丈夫かなと.笑 ちなみにサクションカップ式のマウントはついていますが,ガラスにしか吸い付きませんでした.(ダッシュボードにはつかなかった)
d0106518_15492848.jpg

電源は 5V,シガライタか USB で,本体の裏にある給電口は micro USB になってます.ここに PC につなぐとボリュームとしてマウントされます.あとは micro SD カードがささるようになっています.おもしろいと思ったのは,SDカードをささなくてもスクリーンショットが撮れ,PC に garmin をつないで中をのぞくと bmp ファイルで残されているところです.ここで示す画面データはそのようにして撮ったものです.

ところで日本より面倒だと思ったのは最初の警告ですね.Agree しないと先に進めず,電源を入れる度に毎回押さないといけません.
d0106518_15574681.png
全てが自己責任だったはずの米国も,今は訴訟王国なのでこんなことになってしまっているのでしょう.

走行中はこんな画面です.
d0106518_1615811.png

ところで音声ガイドは日本語も選べます.ただ例えば「あと 0.3 mile 先を右」みたいな案内の時,距離の言い方が「れいてんさんまいる」ではなく「てんさんまいる」なので,ちょっと気持ち悪いのと,通りの名前は言ってくれないので(通り名は英語とスペイン語のみ対応)やはり英語にせざるを得ないかなと.まあ日本で私の使っているゴリラも通りの名前は言わないのですが,客地では言ってもらった方が安心感がありますからね.

ちなみに Interstate (高速道路)は上り-下りではなく,東-西みたいな言い方になります.例えば I-10 East の場合はカーナビでは「あいてにーすと」と発音されます.看板に I-10 East El Paso とか書いてあった場合,私は East では無く,行き先の地名(この場合 El Paso)を見てるので,ナビがなんと言っているのか最初分かりませんでした.笑 しばらくして I-10 East と書いてある看板を見て「あぁ, I-10 East って言ったのか」と得心した次第.笑

このナビは廉価ですし結構コンパクトですので,たまに米国に行くなら旅行パックに入れておいて損はないかと思いました.あと地図データは lifetime map updates がついてますので,しばらくは使えそうです.(モデルによってはカナダも対応しているようですが,うちのは米国のみ)

ちなみに日本の地図は粗すぎてほとんど使えません.飛行中にキャプチャーした地図はこちらです.
d0106518_16284465.png

日本のデータに書き換えられれば使えそうですが,実際にできるのかは分かりません.
[PR]
by jq1ocr | 2015-02-13 21:30 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)