アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

【AVR】 AQM1248A を使う(2)

データを取り込んでグラフを描かせたりできれば便利だと思いましたが,そのような処理をするのに必要になると考え,任意の点にプロットする関数を作ってみました.といってもコアはこれだけですが....
page = 5-(y/8);
data[page][x] |= 0x80>>(y%8);

こんな感じに配列にデータを用意してから描画しています.

早速 math.h を include して sin を描かせてみたらこんな感じに.
d0106518_18205377.jpg

ちゃんと描けているかな.最初は SPI だけなら ATtiny13A あたりを使っても良いかと思いましたが,配列を使ってしまうとたちまちあふれますね.
[PR]
by jq1ocr | 2015-06-04 22:20 | マイコン・電子工作 | Comments(0)