アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

【Roadster】 水温計のリニア化改造

さて,ここまでバラしたら,ついでなので水温計の改造もしておきたいですね.先日酷暑の中オーバーヒートだかなんだか分からない症状が出たので,水温はより正しく把握したいところです.だからといって社外品を付けるまででもないというスタンスだったりします.

普通の車の水温計ってデフォルトだと割りとすぐ真ん中まで振れて,ある温度を超えると急に右に振れるという仕様になっているようです.で,右に振れたときはもうオーバーヒート寸前なんて事態になってるらしいので,これを出来るだけリニアに振らせようというのがこの改造の狙いです.

実際にリニア化改造した水温計と実際の水温の対応については,先達が検討されていまして,こちらを参考にさせていただきます.

水温計の裏は3本のネジで留まっています.これは電流が流れるようになっているネジですね.
d0106518_1424586.jpg

ネジを外せば水温計はぽろっととれます.
d0106518_1431872.jpg

水温計パネルでいう下側にあるダイオードをジャンパーすればいいようです.
d0106518_1435775.jpg

ダイオードが半田付けされているところに電線を並列に入れればOK.戻したければジャンパーを切れば戻ります.

バラしたのと逆に組んでいきまして....
d0106518_145689.jpg

はい,照明はつきました.さすがに色つきバルブでなくなった上に新しくなったので明るいですね.

水温計は....
d0106518_1453154.jpg

走ってみないと,どう動くか分かりませんけど,先ほどの先達の情報によれば,
C ------------- 60℃(針が動き始める位置)
0/4 --------- 80℃
1/4 --------- 90℃
2/4 --------- 100℃(真ん中)
3/4---------- 110℃
4/4---------- 120℃
H -------------- 140℃(針が振り切った位置)

という目安だそうです.詳しくは原典をご覧ください.

真ん中から右に動き出したら,もうやばい!という純正状態よりは,Hまで行ったらオーバーヒート寸前だ,というほうが分かりやすくはありますね.
[PR]
by jq1ocr | 2015-09-06 00:25 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)