アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

【秋月気になる新商品】006P安定化電源

こんなキットが出ていました.
d0106518_1633744.jpg

9V の 006P を使って 5V のちょっとした実験をするための電源を作ろうという話です.電池が基板に直接つながるところがミソですね.

ただ気になるところが定格で....
・入力:9V(006Pタイプ電池)
・出力:5V、最大100mA

のところです.

使われているレギュレータは L78L05ACZ とありますので,スペック的には 100mA とれるようですが,このときの損失はシリーズレギュレータですから理論的には 400mW にもなります.パッケージが TO-92 のヒートシンクなしでそこまでいけるような気はしませんが,そもそも 006P で 100mA 引き出すところが無謀で(最大でも数十mAくらいまでが普通だと思う),あくまでも瞬間最大風速(笑)の理論値ってことなんでしょうね?

また何も使わなくてもアイドルで 6mA くらい流れそうなので,仮に使う電池が 6LR61 だとすれば100時間くらいで空という計算になりそうです.キットにスイッチが入っていますが,これは使わないときはちゃんと切りなさいってことですから気をつけましょう.

ちなみに私の場合は 5V 系の小さな実験では単3型エネループ4本をスイッチ付きの電池ボックスに入れて
d0106518_16244516.jpg

その赤黒電線にクリップを付けたものを電源として使っています.
d0106518_16251356.jpg

これで 5V 系のプチ実験は普通は用が足りますし,電流もそこそこ流せます.それにあまり流れすぎると(ショートしたときくらいですが)エネループ側の保護回路が働いて止まります.便利ですよ.
[PR]
by jq1ocr | 2015-11-10 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)