アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

三菱燃費偽装問題

軽だけの話だろうと思っていたら,うちのコルトプラスも該当する可能性が出てきました.お詫びは一律3万円ですって.そこで実損失はどの程度なのか考えてみることにしました.

たとえば eK ワゴンで30.4km/L となっていたものが,実際は 25.8km/L であったそうです.これは -15% となります.同様にほかのグレードで29.2→26.8 km/L, 22.6→21.0 km/L などがあるようです.それぞれ -8.2%, -7% です.

コルトプラスの新データが分からないのですが,もともとの表示が 20.0km/L ですので,これから仮に 7% 悪化して 18.6 km/L になったとしましょう.ガソリン代を130円/L, 廃車まで 10万km 乗るとすれば,旧燃費では 5000 L で65万円,新燃費では 5380 L,69万9千円となります.ざっと5万円の損失ですね.補償金3万円ではペイしません.逆に3万円で損しないのは燃費が -4.4% に収まる場合ですから要するに新燃費が 19.1 km/L 以上という条件です.三菱自動車の発表を待ちたいと思います.

とはいえ,誰もが実際の燃費がカタログ値になるとは思っていませんし,もっと大きい損害は別のところに発生します.

それは自動車税や重量税の軽減分がなくなったり,廃車まで乗らずに売却する場合,ブランドイメージの悪化に加えて,取得税の控除額が減ってしまうことによる,さらなる資産価値の低下が起こったりといった面です.

ただうちのコルトプラスに関して調べてみると,もともと軽減されていないようです.また自動車取得税は今年度いっぱいで廃止になるようなので,売る気のないうちにとっては純粋に燃費をごまかしていた分の補填という感じになりそうです.

それに資産価値のあるうちに乗り換えるような買い換えサイクルが採用できるほど,余裕があるわけではないので,ブランドイメージも関係ないっていえば関係ない.逆に買う人なら,安く買えるからラッキーくらいな感じの考え方もできそうです.
[PR]
by jq1ocr | 2016-06-24 21:20 | 徒然話 | Comments(0)