アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

ガーデンシュレッダを考える

定期的に寄ってもらっていた庭師さんが最近は来ないようなので,前の道に出っ張ってた枝を自分で落としました.ところがその量がうちのゴミ集積場に置いておけないくらいになってしまいました.本当はプロが使うような樹木粉砕機をレンタルしたいのですが,それを運ぶためにユニック車とかローダーを借りないといけなくなるので,それなら産廃業者に頼んだ方が安くなります.今回で終わりではなく,年に一回くらいは剪定することになるので,ある程度の枝葉までは粉砕してマルチングに使うことにし,残りをゴミに出すことにしました.そのためのガーデンシュレッダを検討します.

現在市販されているシュレッダには主に二つのタイプがあります.一つは刃の付いたディスクを回転させて切断する方式,もう一つは歯車状の刃を回転させて粉砕する方式です.前者の例としてはこちら.
d0106518_14151685.jpg

リョービの GS-2010 です.最大枝径は 25mm とあります.

後者の例はこちら.
d0106518_14184350.jpg
インターファームプロダクツの LSG-2100 です.こちらの最大枝径は 35mm とあります.

カット式の方が細かく切れそうですが,音がうるさいらしいです.枝径も歯車式のほうが有利なようです.またカット式はある程度押し込まないといけませんが,歯車のほうは巻き込まれていくために,押し込む必要性がなく,作業性がよくなります.というわけで,今回は後者を選択することにしました.レビューなどについてはまた後ほど.
[PR]
by jq1ocr | 2016-07-25 22:22 | 工具・道具 | Comments(0)