アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

soundee part 2

そんなわけでピエゾ素子をマイコンの入力デバイスにしようと思っているわけですが,とりあえず空荷だと電圧が大きすぎるので,負荷を与えてみました.
d0106518_17105324.jpg

どのくらいの負荷がよいかはまたあらためて考えるとして,探す手に最初に当たった(笑) 33kΩ を2直して,その間を観測です.
d0106518_1713670.jpg
2V/div, 100us/div です.軽く爪でたたいただけですが,抵抗入れても結構出るのですね.で,気になるのはマイナス側です.マイコンの入力端子に GND より低い電圧を与えてはいけません(AVR だと絶対定格で -0.5V まで).ですから,マイナスは切らないといけません.なのでダイオードを抱かせてみましょう.
d0106518_17122872.jpg

で,ボールペンでたたいてみます.
d0106518_1754982.jpg

5V/div, 200us/div です.うーん,ボールペンは強すぎますね.ただこのくらいのことはありえるので,大丈夫じゃないと困ります.ですから普通のダイオードじゃなくて,ツェナーにでもしてマイコンに過大な電圧がかからないようにしないといけないでしょうね.

F 君にこの話をしたら,彼は高校時代にこれを靴に仕込んで発電し LED を光らせたそうです.ただ一生懸命歩いてもすぐ消えると言ってました.笑 エナジーハーベストのためにポケモンみたいに歩くつもりはないですが,誰かがやってるのを見るのはおもしろいですね.笑

というわけで,このネタをまたまた引っ張るのでありました.
[PR]
by jq1ocr | 2017-01-13 20:30 | マイコン・電子工作 | Comments(0)