アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

下町の定義

言葉というのは生き物なので,その言葉の示す物事は時代によって,あるいは地域によって異なったりします.今日は「下町」について考えてみましょう.

もともと下町というのは「城下町」のことです.江戸でいえば,日本橋から神田あたりのことを言います.対する言葉は「山の手」で,江戸だと番町,麹町あたりの大名屋敷が並んでいたところを示します.(注意:武家屋敷には町名はありませんが,今の地名だとこのあたりだという例を示しています)下町は江戸城より低いところ(といってもほとんど同じ高さですが)の隅田川,東京湾側にあり,逆に山の手は台地の上で高い所にありました.そこから時代を経て段々と普通の家や商店などが集まったコミュニティが形成されているような場所を下町というようになってきました.今の下町の定義はそんなところではないでしょうか.アド街ック天国とかで下町ベスト30をやっていると,必ずといっていいほど1位になるのが浅草ですが,あそこは本来の定義では下町ではなく門前町になります.そろそろお祭りの季節ですが,神田祭(神田明神)と山王祭(日枝神社)は江戸天下祭としての格式を持っています.神田明神は江戸総鎮守,日枝神社は江戸城守護です.共に山車などが江戸城に入ることを許された由緒正しい祭りと言えるでしょう.浅草の三社祭とは本来性質が違うのですが(*),それでも同じような時期にやっているので比較されやすく,人出は三社祭のほうがあるみたいです.ちなみに山の手といえば,今では山手線よりだいぶ西の方まで山の手なんていったりしますが,ちょっと変な気がしますね.

ところでアメリカでは下町に対応する言葉は Downtown になるかと思います.これは市街地の中でも特に繁華街と言っていい中心街を示します.(逆に downtown の意味から,日本語の「下町」の定義が従来の「城下町」からこれに変わったという説もあります.)

でもニューヨーク(特に Manhattan)では市街地全体がどこも繁華街なので,定義が異なります.Manhattan では Downtown は,Manhattan の南の方のことを言います.具体的には 16th Street から南のことをいいます.別の言い方では Lower Manhattan ともいいます.逆に北の方は Uptown です.59th Street (Central Park South) より北,すなわち Manhattan のほぼ北半分全域を示します.Upper とも言います.相対的にも使うので,ほとんどが南北に走っている地下鉄では,南行き(southbound)には Downtown と書かれていて,北行き(northbound)には Uptown と書かれています.方向を示す場合は具体的な領域を示すわけではありません.ちなみに 16th と 59th の間はなんというかといえばそのまんまですが, Midtown です.今流行の東京ミッドタウンはここから名付けたのだと思いますが,立地から言ってそこはミッドタウンなの?と突っ込みを入れたくなったりして.笑

余談ですが,ニューヨーク市はニューヨーク州の最南端部分のわずかな面積しかないのですが,ニューヨーク市より北の部分(すなわちNYC以外の全てのNY)は全て Upstate と言います.でも NYC のことを Downstate と言っているのは聞いたことがありません.

そうそう,米国ではよく ****dale という地名を見かけます.例えば Farmingdale や Scarsdale とかですね.大体この名前がつくと田舎っぽいイメージがあります.正確には suburb かな.調べてみると, dale には谷という意味があるそうです.東京だと渋谷は英語にすれば Bitterdale でしょうか.なんか田舎っぽい感じがしますが,昭和40年くらいまでは確かに田舎でしたからねぇ.今の繁栄は昔を知る人からすれば驚異ではないでしょうか.

(*)5/14追記
神田明神祭とは違うと考えていた大きな理由は,三社祭では神輿に乗っている人が結構いたことです.本来神様の乗り物である神輿に人が乗るのは如何なものかと考えておりました.とはいえ,浅草には浅草の流儀があり,自分の考えと相いれないものであってもそれは尊重すべきであると思っていました.(ぶつけたり激しく揺さぶることについては意味があるが,個人的には好みではない.)ところが今日のニュースを見ていたら,今年は浅草神社が神輿に乗ることを禁止する通達を出したとのことです.やっぱり浅草でも神様を乗せているものに人が乗るのは良くないとは思ってたのですね.ちょっと浅草が身近になりました.
[PR]
by jq1ocr | 2007-05-10 07:54 | 徒然話 | Comments(0)