アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

米国QSL転送事情

ARRL のメンバー登録を米国のコールに変更してみました.N2QP宛のカードが受け取れるかなと思ったのです.具体的にどんな風に転送されるのか?海外(日本)にも送ってくれるのか?と思ったら,なんと米国の転送は日本とは仕組みがだいぶ違いました.

日本ではご存知の通り,転送サービスは JARL の会員に限定されていますが,これの会員であれば国内からであろうが海外からであろうが定期的にカードを転送してくれます.

しかし,米国の場合は統一された bureau はないのです.ARRL の QSL service は海外向け(発送業務)のみです.カードを出す場合には ARRL の会員である証拠(QSTを送ってくる時のラベルのコピーか会員証のコピーなど)を同封し,例えば最初の0.5LB(概ね75枚に相当)については $5 送ることになっているようです.

海外からの受信の場合は各エリアの bureau (ARRLとは関係ない地域のクラブなどが主体)に SASE や小切手などを送って転送してもらいます.そして,なんと国内同士のカード交換は bureau ではなく,ダイレクトのみなのです.

ということは,ARRL のメンバー登録を米国のコールにしたからといって,何か御利益があるわけではなかったようですね.苦笑
[PR]
Commented by JA3AVO at 2008-02-18 21:59 x
で、わたしの場合は、逆に「US→JA」に変えました。DXCC申請も当面、JAしかしませんから、USコールだと会員割引してもらえないような気がしまして。確かめたわけではないですが。
Commented by jq1ocr at 2008-02-19 01:29
なるほど,そんな気がしますね!まだ申請をする予定は
ありませんが,そんなときには適宜コールを変更しようと
思います.笑
by jq1ocr | 2008-02-18 08:07 | 徒然話 | Comments(2)