アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

パスポートの非ヘボン表記

まず私の名前を「ソウダ」(仮名)ということにしてみましょう.これを最初に書いとかないと話が通じなくなるので,前置します.

長年公私共に英文で綴る時は SOUDA としていました.クレジットカードとかも多くはこのスペルです.しかし,学生時代に初めてパスポートを取る時に,これの綴りはなんでもヘボン式という太古のルールに拠らなければならず,そうなると SODA となるというのです.「それでは「ソダ」さんや「ソオダ」さんと同じになってしまうじゃないか,飛行機が落ちたりした時,乗客名簿から作られるリストは「ソダ」となるんだぞ,それは断じておかしい」と詰め寄ったのですが,所詮窓口に言ってもどうにもならず,SODA でパスポートがおりることになりました.まあ旅行するくらいなら我慢するかという浅はかな考えだったのです.

しかしその後仕事で渡米することとなり,事態は複雑になってしまいます.パスポートが SODA なので,自動的にビザも同様となり,そこから SSN (Social Security Number) や,運転免許までそのスペルになってしまいました.一方,仕事では SOUDA だったので,職員のIDカードや銀行口座などは SOUDA です.SSN は米国での生活の基礎になるものなので,他とあわせて SOUDA にして欲しいと依頼したのですが,日本政府の文書(SODAと綴っているが発音は SOUDA と同じになるという一筆)がないとダメだといわれ,領事館に行ったものの「当方ではそのような書類を作成する権限はありません」ときました.おまえらの意味不明な古い法律のおかげでこっちが大変なことになっているのに,何を言っているんだ!と怒りまくりましたが,まあ末端職員にかじりついたところでどうにかなる話ではないのであきらめざるを得ませんでした.

結局政府関連は SODA になり,それ以外は SOUDA になるという状態で過ごすことになります.サインはパスポートも含め SOUDA でしていますから,いろいろな場面で不整合が出てきてしまうのです.このようにガマンを強いられ,不都合はありながらもなんとか帰国まで生き延びたのでよしとするしかありませんし,過去の話にしたかったのですが....

時は経ち先日の FCC 免許です.パスポートが SOUDA なので,一応 FCC への登録もそれでせざるを得ません.しかし,ARRL会員としては日本のコールになっており,そのスペルは SOUDA なので,これを米国コールにするときや,ARRL/VEC の登録との不整合がでてきてしまいました.またげんなりする現実がやってきたのです.どこまでも祟られる現実に辟易としてしまいますね.

で,話は変わりますが,パスポートが切れたので,申請しに行こうと思って調べたところ,今は「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」というのを出せば SOUDA にできるようなのです.(長音に関しては実際に SOUDA の入ったクレジットカードでもいいらしい)遅すぎだよ!ここまでこんがらがったので,今更 SOUDA にすると,また面倒くさいことになってしまうのです.現在はビザは切れているので,ここで様々な書類を変更するとかえって不利が生じることになるのも大きな理由です.

ちなみに韓国では例えば李(リ)さんは,Lee とか Rhee, Ree, Yi など自由にスペルを選ぶことが出来ます.昔に改名を強いられた経験から,名前の大事さというのは彼らの方が知っているのではないかと思いました.日本はそれに比べ,なんとダメダメなんだろうと思っていたのですが,ようやく追いついたのですね.昔しかし,もう十年くらいは早くやってほしかったです.ヘボン式なんてのは,どう綴るべきか分からない人の為のガイドであって,本来はある程度の範囲内で自分でつけるべきなんですよね.

とりあえず,遺憾ではありますが今回は SODA でとって,そのうちビザありで渡航する時に,SOUDA に書き換えて,向こうの書類を全部書き換えてこようと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-22 23:00 | 徒然話 | Comments(0)