アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

ガス検合格

先日ガス検で落ちた赤ボニーですが,その日にジェットをノーマルに戻してもらって準備万端,再検に行ったら時間切れだったというお話を書きましたね.結局再検に行ってきまして結果は合格.やっとすっきりしました.

では今回の車検の次第を書いてみましょう.

【事前整備】
まずできる範囲で整備をします.各部の動作に異常がなければ問題ありませんが,私の場合は特に以下の点を点検,調整しました.

(1)ブレーキパッド リアが2mmを割っていたので,発注しました.フロントは3mmくらいありましたが,ついでなので一緒に注文.ただし車検には間に合いません.
(2)チェーン たるみがおおきくなったので,チェーン引きして調整.
(3)タイヤ 溝の深さをノギスで確認.3.5/3.0mm でした.

光軸は最初から通らないだろうと推測していますが,テスター屋ですぐ対策できるのでよしとします.また排ガスは通らなければ数値を見て,ジェットやエアフィルタの交換を検討することにしました.

【その他の手続き】
(1)軽自動車税 納付を郵便局で行いました.4000円
(2)自賠責保険 近所の代理店で申し込みました.13400円
(3)車検予約  予約システムで前日までに予約をしておきます.

検査に合格するための調整に時間がかかるかも知れないので,できるだけ早いラウンドに予約を入れた方がよいのですが,私は第二ラウンドにしました.時間は次のようになっています.
1R 9:00-10:15
2R 10:30-12:00
3R 13:00-14:15
4R 14:30-16:00

【検査当日】
まず持参する書類ですが

(1)車検証
(2)自賠責保険証(検査当日有効なものと,払い込んだばかりの新しいものの両方)
(3)点検整備記録簿
(4)自動車税納税証明書

です.あと必要な書類は現地で入手します.これらに加えて,ボールペン,鉛筆,消しゴム,認印を持って行きましょう.一応筆記用具は置いてありますが,手近になかったりすると困りますので.陸運局についたら,まず必要書類を購入します.継続検査申請書,自動車検査票(審査依頼書),重量税納付書の3枚セットで25円です.ついで同じ建物で,印紙を購入します.合計6700円で,購入すると用紙の所定の位置に貼ってくれます.

(1)重量税 5000円
(2)審査手数料 1300円
(3)検査証交付手数料 400円

なお,自賠責も同じところではいることができますので,事前に手続きしなくても大丈夫ですが,私の場合は代理店が近いことと,当日時間をとられるのが嫌だったので,予め入りました.受付はそれぞれのラウンドの時間より15分早く始まり,終わります.書類を書くのにも時間はかかるので,できるだけ早く行った方がよいですが,私は見込みが甘くて,ついつい遅くなり受け付け終了5分前に現地入り.当然書いている間に
締め切られてしまい,午後のラウンドまで昼休みを挟むことになってしまいました.思えばこれが失敗の元だったのです.

食堂の「グリル」でそばを食べながら時間をつぶし,午後の開始時刻とともに受け付けしてもらいました.ラインに移動して受検.係官や指示表示器に従えばOKです.私の場合は光軸と排ガスでNGになりました.この辺の対策についてはこっちに書きましたが,結論としては調整に時間がかかり,再受検は時間に間に合いませんでした.でも準備は万端,再受検の日を迎えたのです.

【再検査当日】
再検査は予約はいりませんが,検査日が変わると限定車検証の交付を受ける必要があります.これの手数料が1400円かかります.印紙売り捌き所で購入して受付に向かいます.そこで書類をもらって,検査レーンに並びます.前回駄目だった箇所だけ検査します.排ガスセンサーはボニーだとそのままつっこんでも駄目らしく,近くに置いてある掃除機のパイプのようなものをマフラーにつけ,パイプの中にプローブをつっこみます.しばらくすると
HC ○
CO ○
の表示が!たいしたことはないのですが,なんだかうれしかったです.笑 濃度の表示も詳しく見たかったのですが,パイプを手に持っているので見えませんでした.ちょっと見たところではかなりクリーンっぽい感じです.点検表に合格印を機械押印して,最後のブースで確認してもらいます.で,最初の受付で新しい車検証とステッカーをもらって終了.いやぁ,このボニーはなかなか手間がかかりましたが,なんとか合格して良かったです〜.

では最後に今回かかった費用についてまとめます.まずどんな状況でも必ず車検の時にかかる費用から...
(1)自賠責保険 13400円
(2)重量税 5000円
(3)審査手数料 1300円
(4)検査証交付手数料 400円
(5)用紙代 25円
で,合計20125円ですね.自動車税(4000円)は毎春かかるので,車検とは直接関係ありませんから除外しておきます.ついで今回は光軸のトラブル(調整だけではなくて補修が必要だった(*))で,2940円.キャブ関係(ジェット交換と調整)で8400円かかっています.通常であればこれらはかからないか,かかっても光軸調整(1000-1500円くらい)だけで済むことが多いです.もちろん程度にもよるわけですが....

車検自体をバイク屋さんにすべて任せるのも一つの方法ですが,自分でできる範囲のことをしておけば,たとえ一部を依頼するにしても,安く済みます.元来,車検は安全を保証するものではありませんから,バイク屋に丸投げするよりも,ある程度は自分でやった方が整備頻度があがり,知識もつくし,かえって安全意識が高まるのではないでしょうか.また依頼するにしても依頼内容が具体的で,整備内容を納得して頼むわけですから,お互い末永いいい関係を築けると思います.
(*)バルブのクリップをつけるツメが折れていた.設計不良じゃないかなぁ.
[PR]
by jq1ocr | 2008-05-21 22:06 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)