アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

東北弁

東北弁とひとくくりに言っても,実はかなり多彩ですね.あれだけひろい領域なのですから,同じにまとめられるはずもないというのが正確なところでしょう.

現在下北に住んでいる従妹の話によると,以前住んでいた弘前ではかなり訛りが強かったそうなのですが,下北に引っ越ししたらほとんど訛りがないので驚いたというのです.下北で地元の人とのふれあいを持たないと分からないわけですが,大間に行ったときにお店の人と会話をする機会があり,そこで従妹の言っている「下北には訛りがない」という意味が分かりました.下北弁はイントネーションが北海道弁にかなり近いのですよ.彼女は道産子なので,北海道弁=訛りはない,と感じるようです.笑 もちろん使用する単語には違いがあるようです.

ちなみに青森方面で使われる「あずましい」という言葉.北海道でも通用はしますが,基本的に北海道では「あずましくない」という否定形で使われることがほとんどのように思います.こういう細かい違いはありますが,イントネーション的には津軽弁はかなり下北弁と違うように感じました.津軽では「え?」と聞き返すことがよくあったのですが,下北では普通に理解できたのがおもしろかったです.

ところで,遠野では地元の農家が民宿をやっているところに宿泊したので,話し相手はそこのご主人と奥さんなのですが,ご主人の言っていることは9割方理解できませんでした.なんとなくこう言っているのかな?という想像は付くこともあるのですが.笑 奥さんの方は多少なまってはいますが,ほとんど理解できるのに比べると,この差はいったいどこからくるのか?と興味深く思いました.(奥さんも多分地元の人だと思います)一応同じ日本語のはずなのに,何言っているか理解できないほど違いがある言語を操る人がいるというのはとてもおもしろいですね.
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 16:11 | 徒然話 | Comments(0)