アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

熱帯仕様について考える

TS-850 の使用環境を考えて,電解コンデンサに耐久性のあるもの,そしてこれは他の無線機にも実施している改造として,軽量化も兼ねてチタンビスへの換装を行うわけですが,他にどんなことをすれば充実した「熱帯仕様」になるかを考えてみました.

実際の製品の「熱帯仕様」にはどんなものがあるのか検索してみたところ,昔のドイツ軍の戦車にあるようです.アフリカ戦線で使用されたものらしいですが,冷却機能が向上しているのでしょう.詳しいことは分かりません.他にガンダムに出てくるドムにも熱帯仕様があるらしい.笑 まあこういうのはおいといて,参考になりそうなものに,リレーなどの部品における「熱帯処理」というものがありました.これは防錆,防蝕,防カビの為のものらしいです.船舶で輸出するときに,部品単体もしくは組み込まれた製品が赤道を通過するようなとき問題が起きるらしく,部品レベルでこのような処理品を使用するとのことです.ということは,無線機に使用されているリレーもこのようなものに交換すると耐久性が向上しそうですね.笑

というわけで,現在のところは以下のようなものを交換することで,「熱帯・南洋仕様化」する予定です.
1. 電解コンデンサを125℃仕様,もしくはアルミ固体へ
2. ネジ類をチタンなど耐塩性,防蝕性に優れたものに
3. リレー等を熱帯処理されたものに交換
他にもよいアイディアがあったらお寄せください.
[PR]
by jq1ocr | 2008-11-20 23:24 | 徒然話 | Comments(0)