アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

CP8040建設記(1) 二つのミス

アンテナの一部くみ上げを室内でしたのですが,一番の難問はそれを設置する場所を作ることです.こんなのを使ってあげようと思っているのですが,これは壁に取り付けるんですね.
d0106518_22411315.jpg

壁はコンクリートなので,検索したところオールアンカーというのがいいらしいというので,買ってありました.
d0106518_23473129.jpg
オールアンカー

もちろんコンクリート壁に穴を開けないといけないので,指定サイズのコンクリートドリルも用意しています.
d0106518_23482756.jpg
しかし,どうもこのドリルであけた穴にオールアンカーを入れると緩いんですね.....おまけにアンカーを打ち込んでもなんとなく動く気がします.

これでは危険すぎて建設は無理だろう...ということで,作業中断.更に調べてみると,二つの過ちを犯していたことが分かりました.一つはうちのコンクリート壁はコンクリートとは言っても ALC という軽量気泡コンクリートでできています.これは非常に柔らかいので,一般的なコンクリート用のドリル(たたき壊すような動き)で穿孔すると,周囲の組織が破壊され,ドリル穴より大きな穴が空いてしまうのです.径の小さいドリルであけておいて,少しずつ広げる方法でサイズは合わせられますが,建設業者がこのような方法をとるはずがありません.ALC用のドリルがあるのかもしれないと思って,DIYショップの店員に聞いたところ,持ちが悪くてもいいなら木工用でも良く,できれば金属用がいいのではないかとのことでした.最初から聞いておけば良かった.

あともう一つはオールアンカーはALCに適してないようだということです.打ち込んで開く部分の開く幅がそれほど大きくないのです.硬いコンクリートや石材に適しているようです.で,ALCにはALC用のアンカーがあるんですね.とりあえず,こんなのを買ってきました.
d0106518_23584967.gif

早速打ち込んだオールアンカーを引き抜き(抜ける時点で間違ってますね)ました.買ってきたアンカーの径はこれより大きな穴なので,木工ドリルで拡張します.非常に簡単に穿孔できました.そして買ってきたアンカーを試してみると,驚くほど簡単に固定....今までの苦労はいったい何だったんだろうか....

やっぱり餅は餅屋ですねぇ.これで建設が一歩前進しました.
CP8040の関連記事目次
[PR]
by jq1ocr | 2009-03-01 00:03 | 徒然話 | Comments(0)