アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

CP8040 について考える

昼間に 7MHz を聞いてみたところ,4やら5がそこそこ聞こえてきた(S9+)ので,かなり活用が楽しみになってきました.ただし,時間の関係で交信には至っていません.これからいくつか交信できた段階で,実際に使ってみた上でのインプレをすることとしたいと思います.

そこで,ここでは数字で CP8040 の評価をしたいと思います.CP8040 は見て分かるように垂直系のアンテナで,簡単に言えばグラウンドプレーンです.グラウンド側が完全だとすれば,垂直エレメント(放射器)は 1/4 λあれば標準的な GP と言えます.

CP8040 との競合は CP-6 になると思いますが,これとの比較を考えてみましょう.放射器部分の長さは CP8040 が 6.53m(ホルダ込みの長さになるので,実際はこれより少し短いが簡単のためカタログ通りのこの数字にします)に対し,CP-6 は 4.6m です.これをフルサイズと比べてみると,CP8040 は 30% (@3.5MHz) と 60% (@7MHz) , CP-6 は 21% (@3.5MHz) と 42% (@7MHz) です.もちろんラジアルの方の長さは CP8040 も CP-6 も同じ長さで,かなりの短縮がかかっていますから,かなり損失はありますが,それでも 3.5MHz/7MHz に限って言えば,CP-6 よりも CP8040 のほうが 1-2dB 程度よくなると推測できます(*).それもローディングコイルの下側が CP8040 のほうが率的に長いので,効率は長さなりよりも若干ながら高くなると思います.

ところでクリエイトの CV48 は全長が12.1mと,CP8040 の倍あります.接地がちゃんとしていれば,3.5MHz (w/optional parts)でも40%程度しか短縮していないし,7MHz にいたってはフルサイズ相当の大きさとなりますので,もし接地他(この「他」がでかいのですが)に問題がなければ,こっちを使いたかったところです.

ちなみに CP8040 の短縮具合は,感覚的には 144MHz のハンディ機に 15cm(3.5MHz) または 30cm(7MHz) くらいのホイップをつけたようなものと想像すればいいかも知れません.遠距離飛ばそうとすると難しいように感じますが,近場と競合のない交信をする限りは使えそうな感じがしますよね.笑

あと,帯域ですが前に書いたようにそれほど広くは取れていません.マニュアル値で,20kHz@3.5MHz, 30kHz@7MHz が VSWR≤1.5の帯域です.うちの環境ではこれより少し狭くなっています.もうちょっと広く取れるといいのですが,短くすると使いこなすには,やはり難しいところがありますね.

(*)若干の簡易計算(それも電卓)をした結果ですが,個人的な推測の域を出ているわけではなく,メーカーも私も保証するわけではありません.

CP8040の関連記事目次
[PR]
by jq1ocr | 2009-03-03 23:11 | 徒然話 | Comments(0)