アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

バンド拡張と技適

最近の HF 機は改造しなくても 7.2 MHz までの拡張に対応していたりしますね.例えば,うちの FT-817ND は 7.3 MHz まで無改造で送信可能なようです.しかし,マニュアルを見ると定格には 7.00000-7.10000 MHz と書いてあります.

官報では 7050 kHz が指定(すなわち 7000-7100kHz が免許)されている局は,3/30以降 7100 kHz(7000-7200kHz)の指定を受けたものと見なすと明記されていますが,例えばこの機種の定格通りに 7000-7100 kHz として技適を受けているのであれば,実際は 7200 kHz まで送信できたとしても,3/30 以降保証認定で変更申請をして免許を受けないと 7100 kHz を超える運用はできないのではないかと思うのですが,法解釈は如何なものでしょうか.それとも技適の範囲は as is になっていて,改造しないでも送信可能な技適機種は運用が可能なのでしょうか.古い無線機や自作などで最初から 7100-7200 kHz の送信禁止措置が組み込まれていない送信機については,そのまま運用できるとは思うのですが.

もし技適の条件が定格を元にしていて,申請しないと運用ができないのであれば,新たな技適機種のデビューを期待したいですね.(すぐは買えませんが)
[PR]
Commented by JG2GSY at 2009-03-20 12:12 x
私は IC-706MKIIG を使用しています。ICOM の HP に IC-706 の周波数拡大のための改造方法が掲載されていたので、IC-706MKIIG も同様だと思っていました。ところが、昨日 ICOM に電話で問い合わせたところ、「IC-706MKIIG は無改造で 7100 kHz 以上で送信できる。(実際にやってみたが本当だった!)そのように技適が通っているので、30日以降は、無改造、かつ、無届けで 7100 kHz 以上で運用できる。」との説明を受けました。つまり、IC-706MKIIG は as is です。FT-817ND はどうなのでしょうか。気になるので問い合わせてみます。同じような気がしますが。(=個人的な希望。)
Commented by jq1ocr at 2009-03-22 18:09
icom がそうなら VS も同じですね.情報ありがとうございます.
by jq1ocr | 2009-03-18 08:50 | 徒然話 | Comments(2)