アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

定額小為替

AADX で優勝したと言うことで,マルチオペ種目の賞状の複数発行制度を利用して,自分のも記念にとっておこうと思いました.で,調べてみると結果発表後2ヶ月以内に申し込めとなっているではありませんか.これはうっかりしてるとあっという間に過ぎてしまいます.で,早速郵便局で定額小為替を買ってきました.手数料が安いので便利だし...と思って.....

私 「定額小為替500円分ください」
窓口「手数料100円で合計600円になります」

ん?100円?そんなわけないよね.窓口の人の声が小さかったので,幻聴だと言うことにして1000円札をだしました.すると,なんとおつりが400円.やっぱり私の耳は正しかったのです.調べてみると,手数料は券種(金額)によらず「一枚100円」となっているではありませんか.券種は50円から1000円まで12種類ありますが,すべて均一料金です.まあ均一なのはいいですけど,50円の小為替に100円の手数料というのは如何なものでしょうか.びっくりしてしまいました.どうも民営化以降100円になったようです.確かに手間を考えれば仕方ないかも知れませんが,ちょっとこの手数料は痛いです.そういえば,JARLカードもなくなるという話だったし,JARLにおいては,決済方法についてはもうちょっと検討をして欲しいですね.
d0106518_165660.jpg


ところで,チームリーダのエヌ氏に「自分の手配するよ〜」と知らせたところ,あと2枚欲しいとのメールが買った後に届きました.もう一度買ってくればいいのですが,小為替の手数料にびっくりしたので,もうちょっと早かったらよかったのに(まとめて買えば安いと思った)と返しましたが,よく考えると,1500円の定額小為替は存在しないので,1000円と500円の二枚を買わなければなりません.すると,いずれにしても手数料は合計200円かかるわけですね.じゃあ,追加で買っても良いかと思いましたけど,それはそれでいただけない話ですよねぇ.


参考までに JARL のページより「マルチオペ種目の賞状の複数発行」について転記しておきます.制度が修正されることもありますので,お申し込みの際は最新の情報を入手してください.
『JARL主催コンテストにマルチオペ種目で参加し賞状が送られてきたが、オペレータ名が記載されていない。オペレータ全員のコールサインを印字して欲しい』あるいは『その賞状をマルチオペで運用した各オペレータが受け取りたい』という要望が寄せられていました。
 JARLでは、これらのご要望に応え、平成14年度から、マルチオペ種目の賞状については、原則として全オペレータのコールサイン(あるいは氏名)を印字して発行してきましたが、さらに、ご希望により有償で同一内容の賞状を各オペレータの方々にも発行することといたしました。
 この複数発行を希望される入賞局は、次の要領でお申し込みください。なお、対象コンテストは、ALL JA、6m AND DOWN、フィールドデー、全市全郡、All Asian DXです。

■申込期間 結果発表後、2カ月以内
■申込先   〒170-8073 JARL事務局会員部運用課コンテスト賞状係
■手数料   500円(送料込み。賞状1枚につき) 定額小為替またはJARLカードによる。
■申込方法 入賞したコンテスト名、部門・種目、コールサインと順位、申込み枚数ならびに個別に送付希望の場合はそれぞれのオペレータの宛先(〒・住所・氏名)を明示して、枚数分の手数料を添えて、上記申込先にお送りください。
■発送    通常の賞状発行と同時に送付するか、(希望により)各オペレータ宛に個別に送付します。

[PR]
by jq1ocr | 2009-04-13 23:32 | 徒然話 | Comments(0)