アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

減衰量校正

ステップアッテネータ代わりに使おうと思っている PIN ダイオードによる可変減衰器(以下,PIN-ATT)ですが,回路の組み方にもよるのかも知れませんが,数 GHz 以上に入るとかなり周波数特性を持ってしまいます.対して製品となっているステップアッテネータでは例えば Agilent 8495D の場合 DC-26.5GHz まで保証されています.実際どの程度でこぼこするのかと思って測って見てみたのですが,やはり市販品は見事にフラットですね.減衰量のステップもきっちりです.ただし挿入損失(この製品だと0.2dBくらいある?)は別に計算に入れないとダメなようですが.
d0106518_15591231.jpg
ステップアッテネータ代わりに使うと言っても,現実問題として PIN-ATT はスポットでしか使えないわけで,広い範囲をスイープさせるというような使い方には適していません.それも今の設計ではちゃんと合わせられるのは 10-30dB 程度ですから,固定のTやπで良いかと後ろ向きなこと考えちゃったりして.苦笑 後ろ向きかどうかは別として,電源が必要であるという不安要素を取り除く意味でも,簡易リファレンスとして使える減衰器は作っておこうと思っています.
[PR]
by jq1ocr | 2009-05-25 22:22 | 徒然話 | Comments(0)