アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

甘言より諌言を

今ごろは健康診断のシーズンなんですね.かくいう私もそうなんですが....そのため病院はとても混雑していました.待合室の液晶パネルにはいろんな情報が表示されていまして,暇なのでずーっと見ていたのですが,こんな話が.....

糖尿病予備軍が本格的な糖尿病にならないためには,食事もですが運動は効果的と言われています.もちろん多くの人は適度な運動をすることで,太り過ぎも防げて,高血圧や糖尿病にかかりにくいだろうということは常識だと思っていますよね.分かっていても運動を続けてやるのはなかなか難しいことです.で,今回見てた話では「例え週に数日,数分でも全力で運動すれば効果がある」とのこと.ゼロよりはいいということだと思いますが,この例では,一回三十秒全速力で自転車をこぎ,そのあと4分休憩というのを何回か繰り返しています.それによりインシュリンの働きが向上すると言うことでした.毎日三十分欠かさず走りなさいといわれたら出来ない人は多いですけど,週に数日だけ一回数分全力で運動するというのは,それより簡単にできそうな気がします.

しかし,根本的な解決をみたいなら,やはりもっと運動すべきなはずです.病院もきつく言ってもできない患者が多いので,楽をし始めたんじゃないでしょうか.医者は甘言より諌言で患者に嫌われても,言うべきは言った方がいいんじゃないかと思った出来事でした.
[PR]
Commented by JG2GSY at 2009-06-03 03:37 x
むむむ、、、。一理あるご意見だと思います。

私は「お医者様」という言葉は、早く死語になるべきだと考えています。医療の主役は医者ではなく患者であり、医者は患者に治療方法の選択肢を提示し、患者の希望に沿った治療を提供するべきです。そのためには、患者も医者も、納得するまで「言うべきことは言う」ことが重要なのではないでしょうか。
Commented by jq1ocr at 2009-06-03 10:45
医は仁術であるという基本原則を考えれば,自ずと答えは出るはずですよね.この例から見ると,医は算術です.
Commented by JE1HLQ at 2009-06-03 21:30 x
病気を食事療法で治そうなんてどだい無理。だいたい病気になるような食生活を送ってきた人に、いきなり仙人のような生活をしなさい、って言ってもねえ。もうあきらめて一生薬を飲む方が、本人にとってどれだけ良いか、身を持って実践しています(笑)
運動をするという習慣を持っていない人、頭じゃわかっているけどやっぱり体は動かないんじゃないかな。
たまに変わった人もいるな…
うちのオヤジ、肺がんで死んだら本望だ、なんて豪語してたけど、心臓病患って数日で…ハイライト一日2箱のヘビースモーカーが一気に嫌煙家になったよ。心臓の細動で苦しさと死への恐怖が我慢できなかったらしい…
人間、やっぱりグータラが一番!どうせ長くないんだし(笑)
Commented by JG2GSY at 2009-06-04 04:47 x
HJQ さん

初めまして。HJQ さんのご意見には、医療従事者として一部容認できない部分もありますが、私にそれを否定する権限などないと思っています。HLQ さんのように、ご自身の健康や病気に対する考えを、ストレートに主張される患者さんが増えるべきです。
Commented by jq1ocr at 2009-06-04 11:01
>GSYさん

HLQさんは昔からの友達なので,こういうぶっきらぼうに見えるコメントも,「ああ,こんな感じで言ってるんだろうなぁ」と想像できるので,何ら変に思うことはないですが,お会いになったことがない方が,文面だけ読むと容認できないぞと思うこともあるかも知れません.私もよく誤解されますので....具体的にはどの点ですかね?グータラが一番のところですか?私は彼のコメントは「食事療法も運動療法もちゃんとできればよいことは分かっているけど,自力でちゃんとできる人は少なくて,結局なるようにしかならないんだよね〜」という風に解釈しております.でも実際に会うと分かるのですが,実は彼は結構体育会系なんですよ.あ,秘密だった?笑
Commented by JG2GSY at 2009-06-05 04:50 x
OCR さん、HLQ さん

お騒がせして誠に申し訳ありませんでした。私の書き方に大きな問題がありました。詳しく書くと長くなるので、短く書こうとしたことが、かえっていけなかったようです。私は悪い意味のコメントをしたつもりは全くありません。むしろ、医療従事者として、HLQ さんのコメントには肯定的な考えを持っています。

少々書き込みが長くなりますが、その点はご容赦下さい。私が「医療従事者として一部容認できない」と言ったのは、「病気を食事療法で治そうなんてどだい無理」という点だけです。それは、実際の医療現場では、仙人のような食事をしなくても、軽い食事療法だけで完治する病気が多くあるからです。食事療法は辛いという先入観は、必ずしも正しくありません。(確かに辛い食事療法も多々ありますが。)

1回で書き込める字数をオーバーしましたので、何回かに分けて書き込みます。
Commented by JG2GSY at 2009-06-05 04:51 x
しかし、その後の HLQ さんのコメントは、ご自身のお考えを非常にストレートに表現されており、個人的には好感が持てます。医者に対して何も言わず、何も聞かず、どんな薬を処方されているのかも知らずに治療を続けるのは時代遅れです。HLQ さんのように、医者に対して「食事療法なんて無理」とはっきり主張すれば、医者の方も「食事療法は難しくありませんよ」とアドバイスができます。その言葉に対して、「そんなことは自分にはできない」とはっきりと言い返せば、医者も「では内服薬で治療しましょうか」と次のアドバイスができます。医者が「食事療法で治るのだから、私の指示に従え」などと強要するのは言語道断です。先のコメントでも述べましたが、これからの医療は患者が主役で、医者は患者の希望にできる限り沿った治療を提供する脇役であるべきだと思います。
Commented by JG2GSY at 2009-06-05 04:52 x
「私にそれを否定する権限などない」と書いたのは、先に述べたように「病気を食事療法で治そうなんてどだい無理」という考え方には賛成しかねますが、「患者さんの考えや希望は最大限に尊重されなければならない」という意味です。(ただし、明らかに医学的に間違った考えや希望の場合は別ですが。)医者に対して遠慮する必要はありません。患者として、自分の希望をストレートにぶつけて下さい。それを嫌がる医者にはかからない方が良いでしょう。

追伸:HLQ さん、コールサインを書き間違えてしまい、大変失礼致しました。
Commented by jq1ocr at 2009-06-05 13:01
GSYさん
大丈夫ですよ.GSYさんはまじめに真摯に対応されるのだと思っていまして,決して悪い意味などは感じておりません.私がコメントしたのはGSYさんが彼のコメントを100%文字通りにおとりになり,気分を害されたら申し訳ないなと思ったからです.彼の言う食事療法は無理というのは,かなり制限のあるメニューを強要される意味で言っているのであって,いかなる食事療法もすべて無意味という意味ではないと思います.真理をちりばめた冗談を言っているのだとお考えいただければと思います.
Commented by JG2GSY at 2009-06-05 13:38 x
OCR さん

了解です。私はこの件で全く気分を害していません。反対に OCR さんと HLQ さんが気分を害されたのではないかと心配しております。HLQ さんの食事療法に関するコメントについても、OCR さんと同じように解釈しており、HLQ さんが冗談交じりでコメントされたことも理解しております。私は「HLQ さん、少し極端な言い方だけど、そのくらいはっきりと言った方が、何も言わない患者よりもはるかにマシだよ」と言いたかったのです。「容認」だとか、「否定する権限」だとか、格好をつけて難しい言葉を使ったのが良くなかったと反省しています。普段から小難しい文章ばかり書く商売をしている者の悪い癖だと思って頂ければ幸いです。
Commented by JE1HLQ at 2009-06-05 23:15 x
JG2GSY さま、はじめまして。
JQ1OCRとは20年以上まえからローカル局としてお付き合いさせていただいております。
元来がさつな性格ゆえ、口が悪いとか粗暴との評判も聞こえています(笑)一応、プールでは泣く子も黙る鬼コーチでとおってます(爆)

確かに、投稿した文章を読み返してみると、いろいろ突っ込みたくなること盛りだくさんですね。気分を害したりはしておりませんのでご安心ください。しかし、炎上(笑)じゃなかった物議をかもし出してしまいましたね。

Commented by JE1HLQ at 2009-06-05 23:17 x
制限は何文字だ?同じくいろいろつぶやいていたら投稿拒否されましたので細切れです。


実は酒をやらないのにフォアグラ状態で、ついでに足首に激痛を走らせた大馬鹿モノです(医療従事者ならわかると思いますが…今ザイロリックス錠のお世話になっています)。
この発作を経験し、捻挫と勘違いして整形外科病院へ行った際、院長より、「食事療法でがんばるには…あれ食っちゃダメこれも食っちゃダメ…でがんばれる?」「…オイラ」「がんばってもねえ、体質っていうのもあるからねえ、それで一生続けろって言ってストレス溜まっちゃあこれまた堂々巡りになるしなあ」「薬のむ?状況が改善するまで、って言ってもほぼ一生だけど、どうする?」
なんてやりとりをしているうちに、体質改善する前に寿命が来るだろうし…「先生、薬飲みます!」と相成りました。
ただし、どんな薬か?悪影響(副作用)は?どうなったら飲むのやめられるか?いくらするのか?いろいろ質問し、自身で納得した上で処方してもらいました。
Commented by JE1HLQ at 2009-06-05 23:18 x
まだ多いってか…もっとつぶやかせろよ(笑)

週に2度、これはほぼ欠かさず行っている水泳指導と世代を超えた指導員自主練習で30分で1キロ以上泳ぐことはOCRと知り合う前から続けていましたが、自身の肉体では処理しきれないほどの大食いであり…結婚してからは夕飯を食べる(というか晩酌をする)習慣がついてしまい…自分に負けています(反省!)

なんで「くすりをおくれ~」なのです。

こんなオイラの人生の目標は、コロっと逝くことです(たぶん無理です・笑)
Commented by JG2GSY at 2009-06-06 03:05 x
HLQ さん

この度は大変失礼致しました。私も自分の書き込みを読み返してみて、「確かに怒っているようにも見えるな」と反省しております。文字にすると難しいですね。

HLQ さんが主治医と話し合った結果、両者が納得した上でザイロリックス内服を選択されたとお聞きして、「これこそ、理想の医療だ」と思いました。HLQ さんのおっしゃる通り、「あれ食べちゃダメ、これもダメ、、、」ではストレスがたまるばかりで、何をしているのかわかりません。重い副作用はほとんどない薬ですから、墓場まで持って行っても構わないでしょう。

ここだけの話ですが、実は、私もザイロリックスを内服したことがあります。5年ほど前に胃を悪くし、強い胃薬を1年ほど飲み続けました。この胃薬には高XX血症になる副作用があり、血中XX値が10を超えました。教科書的には食事療法をするべきですが、「肉を食わずして、何を食えと言うのだ」と開き直り、内緒でザイロリックスを飲み始めました。胃薬を中止するとすぐに血中XX値は正常に下がりましたが、自分自身で「医療従事者の風上にも置けない奴だ」と思いました(笑)。

送信したら、「あと92文字減らせ」と言われました(笑)。
Commented by JG2GSY at 2009-06-06 03:07 x
今回の一件では、私のせいで軽い騒動(?)を引き起こしてしまいましたが、HLQ さんとは非常に意義のあるお話しができたと考えています。こんな私ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
Commented by JE1HLQ at 2009-06-06 11:30 x
最後に一言…
初めのコメントの「病気」を「生活習慣病」へと読み替えてください。
これでだいぶ印象が変わると思います(笑)
by jq1ocr | 2009-06-01 23:56 | 徒然話 | Comments(16)