アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

本日のプチアンラッキー

健康診断での採血での話です.当社では二人の看護師さんが採血を担当してまして,受診者はその順番によりどっちかの看護師さんに採血してもらうことになります.で,例年,一人が経験豊富そうな感じの方,もう一人は若い方というパターンです.我々の間ではお姉さんよりおばちゃんのところに行った方が痛くなくてよいと言われています.

今回,運良くおばちゃんに当たったので,ラッキー!と思ったら,なんと最初のトライで痛かった挙げ句左腕失敗,なんだかんだで右腕でなんとか採血を済ませました.私の腕も出にくいので看護師さんには鬼門と思われているかも知れませんが,当たりだと思ったら痛い目にあったので,ショックを受けた私はお星様になってしまいました.(©すぬお引越センター
[PR]
Commented by JE1HLQ at 2009-06-15 05:47 x
災難でしたね(笑)
採血…針の太さで完全ビビリ…
そして、毎年町の健康診断では腕に青タンが出来いたいのなんの。
そして月日は流れ、年に2~3回病院で採血されるようになって、こっちはどんなに若いのが担当しても青タンすら出来ない。
町の採血担当者は看護師の資格を持っているとはいえ、公務員ゆえバイト禁止で場数を踏めないのかと。
看護学生が友人の腕で注射の練習をしているのを目撃したことがあります。
今ではあの太い針を見てもなんとも思わなくなってしまいました。
Commented by jq1ocr at 2009-06-15 09:48
私は注射が嫌いなので,刺されているところは見ていません.だから針の太さも知らないのです.笑 やっぱ,太いんだ?怖いな〜.
by jq1ocr | 2009-06-11 23:49 | 徒然話 | Comments(2)