アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:二輪車・四輪車( 208 )

バーエンド

Bonneville のハンドルバーエンドの片方がなくなってしまいました.転倒時に手やハンドル自体を保護する役目もあるので,早めに取り付けたいと思い発注をかけたのが着荷.
d0106518_032698.jpg

ふむふむ,内径 14-19mm ね.ん?ボニーって1インチだったよなぁ.で,測ってみました.
d0106518_04943.jpg

20.4mm か,ちょっとゆるいな.何か巻かないとかな?奥行きはどうだっけ.
d0106518_04538.jpg

あらら,こんな手前に壁が...ということはこのタイプはそのままじゃつきそうにありません.だからゴムのストッパーは外して使いましょう.ネジだけで保持します.
d0106518_064846.jpg

しかしこのバーエンドについていたネジは 6mm のキャップボルトなのですが,ハンドル自体のネジ穴が 5mm なのです.
d0106518_074639.jpg
試しに手持ちの M5 トラスネジをいれてみたら,ハンドルにはつきました.が,バーエンドから出っ張っちゃうので,擦れた場合に溝が削れて,舐めてしまう可能性があります.やはり M5 のキャップボルトを入手しないといけませんね.
[PR]
by jq1ocr | 2016-06-30 22:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
だいぶ前に買ったものの,リアの方はパッドの残量があったので交換せずに気づけば10万キロです.
d0106518_23182234.jpg

車の寿命を二十万キロとするとパッドの残量があろうがなかろうが,すでに折り返しですから,交換してしまいましょう.

作業手順は以下のとおり.カッコ内は使用工具です.
①タイヤナットをわずかに緩めておきます.(21mm)
②サイドブレーキをかけずにリフトアップします.(ジャッキ)
③タイヤを外します.

残量を見ると,まだあるけど替えどきではありますね.
d0106518_23235686.jpg


ロードスターのリアは単にピストンを押せば戻るという仕組みではないところが,ちょっと面倒なところですね.でもそれほど難しい作業ではありません.

④調整ネジ用のメクラ蓋になっているボルトを外します.(14mm)この裏側です.
d0106518_23265889.jpg

ちょっとわかりにくいので,ソケットをかけてみましょう.ここです.
d0106518_23272533.jpg

これが固く締まっている場合は,最初にキャリパーを緩めてしまうと作業しにくいので,最初に外したほうがいいと思われます.

⑤キャリパーの下のほうにプラスチック製のキャップが付いているので,それは外し,その中のボルトを外す.(10mm)
d0106518_23291679.jpg

これは普通のボルトではなくスライドピンになっています.なので,ある程度回したら,プライヤーなどで掴んで抜きます.

⑥キャリパーをぐいっと上に持ち上げます.
d0106518_23313957.jpg


⑦メクラ蓋(④で外した)のあったところの内側にピストン調整キャップボルトがあるので,反時計回しにいっぱいに回す.(4mm hex)

⑧ピストンを戻します.(ピストン戻し,ディスクブレーキセパレータ等)

⑨古いパッドについているM型のクリップを外します.

⑩パッドを交換します.このとき奥と手前の片方ずつ入れ替えると,金具を外さなくて済みます.シムも前のから移植してつけます.

⑪スライドピンを戻して組み付け,プラスチックのキャップを戻します.M型クリップも新しいのをつけておきます.
d0106518_23413866.jpg


⑫ピストン調整ネジを時計回しに止まるところまで締込み,ローターが回らないか確認します.ついでそこから120°戻し,ローターがずりながらでも動くか確認します.

⑬メクラ蓋のボルトを戻します.

⑭タイヤを取り付けます.(21mm / トルクレンチ 100Nm)
d0106518_23453421.jpg

⑮ポンピングブレーキで固くなるまで何回も踏みます.またサイドブレーキを引いて効くか確認します.

というわけで,作業終了.そういえばピストンを戻すとブレーキフルードがリザーバに逆流して溢れることがあるのですが,この作業では大して変わりませんでした.
d0106518_2348286.jpg

あ,変な色ですけど,これはフルードの色じゃなくて,リザーバ自体が変色しています.でもまあやや色がついているのは確かなので,交換しようとは思っています.

ちなみに今回外したパッドと新品の比較.
d0106518_23502281.jpg

もちろん右が古いのですよ.笑

厚みは 2.8mm でした.新品が 8mm です.消耗限界を 2mm とすればあと 15000km くらいいけた,ようですが,パッドの消耗は厚みだけの問題じゃないので,替えどきだったとは思います.
[PR]
by jq1ocr | 2016-06-25 23:30 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
先日のタイヤ交換の時,センターキャップの爪が劣化していて割れてしまったのです.
d0106518_23383471.jpg

購入した部品がこちら.
d0106518_23385042.jpg

純正でナンバーはNC1037190です.1965円なり.
並べてみるとさすがに17年経ってますのでやや色の違いがあります.
d0106518_2340552.jpg

でもまあはめてみるとそんなに気になりませんね.
d0106518_23402841.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2016-06-05 23:40 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

【Roadster】タイヤ交換

今夏車検時期を迎える Roadster (NB8C).タイヤの目はまだあるのですが,ネジが刺さって補修したためか,長期間放置すると空気が抜けるようになってしまいました.直したと思ったけどプラグだと限界があるみたいで.安心して乗れないのは苦痛です.最初についていたのは Michelin Pilot Sport で,これは 45000km くらいだったかな.次が Dunlop Direzza DZ101,これは消耗が早くて 30000km 位.今のは TOYO DRB で 26000km くらいしか走っておらず,補修問題がなければあと 15000km くらいいけたのではないかと思っています.残念.とはいえ,プラグ補修が問題だったわけですから,内側からちゃんと補修すれば全然いけそうだけど,誰か欲しいですか?笑

ちなみにタイヤは 195/50R15 というサイズですが,それほど選択肢があるわけでもなく,天下のブリジストンでも二つしか出てきません.Potenza RE-71R と Sneaker です.Roadster で Sneaker はないな,と思っても,値段にだまされて(割と安い) RE-71 なんかにしたらパワーは食われる,タイヤも食われるで,あっという間に来年辺り買い換えることになりそうなので,ここは初心に返って Michelin にしようと思います.
d0106518_17411899.png

Pilot Sport 3 です.ちなみに Michelin でこのサイズだとあとは Energy Saver + ってのしか出てきません.コンパクト,ミニバンなどに適してるみたい.まあこれはないですね.

最初に履いていた Michelin Pilot Sport は思い返せばそんなに気になった点は無かったですね.競技に出るわけじゃないので,バランスの良いものがいい,と考えるといい選択なのかも知れません.
[PR]
by jq1ocr | 2016-05-23 22:10 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)

【Roadster】またパンク

一月程前にもそんなこんなでパンクしましたが,今朝セルフでガソリンを入れたときに,ついでに空気も入れていたら,タイヤにまたネジが刺さっているのを発見しました.

空気圧は正常だったので,ネジが短いのかも?と思って,家に帰って恐る恐るネジを抜いていったら,わずかに空気が抜けるような音がしたので,そっと戻しました.笑 で,ディーラーの開店を待って駆け込み入庫.プラグでまた直してもらいましたが,いい加減自分でキットを買えってことかな?苦笑 でも買ったらパンクしなくなると思います.(マーフィーの法則 笑)
[PR]
by jq1ocr | 2015-11-08 11:11 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)

水冷になった Bonneville

今年のモデルで空冷を止めると宣言していたトライアンフ,どうなるかと心配していたところが新モデルが発表になりましたね.

Bonneville はこんな感じです.
d0106518_23471145.jpg

ん?なんかあまり変わってませんね.これで水冷エンジン??前のは SE ですが...
d0106518_055887.jpg

ただ斜めから見ると....
d0106518_23474819.jpg

なんかもっさり感というか,ぎっちり感がありますね.1200cc になったからというより,やはりラジエターの印象は大きいですが,それに加えてやはりエンジンの特に下の方が大きくなっているようです.

これは別のモデルですが...
d0106518_2350099.jpg

前に出っ張った黒い部分がずいぶん大きいですよね?従来であればこの部分はなかったはずです.銀色の部分は従来と同じシルエットで,それより大きくなった部分を黒くして目立たないようにしているように感じますね.

しかしこれだけドラスティックに変わったのにもかかわらず,遠目には今までとあまり変わらない印象を与えるように工夫されているのは,ある意味すごいことですよね.

ちなみにインジェクションは....
d0106518_23532480.jpg

こんな感じです.今まではケイヒンのキャブからの移行だったので,わざわざシルエットをそれに似せたインジェクションを付けていましたが,この部分は少し変わりました.ちょっとアマルっぽいような.

キャブからインジェクションへ.そして空冷から水冷へと変わっていくときには,それぞれで最適化された機能美みたいなものを私だったら求めますが,トライアンフはトライアンフでイギリスのアイコンとして背負っているものがあり,すぐにがらっとは変えられないのでしょう.その端境期には何だろう?というようなものもあるわけですが,何年も掛けて引きずる部分を減らしていくのかな.
[PR]
by jq1ocr | 2015-11-02 23:45 | 二輪車・四輪車 | Comments(4)

【Roadster】100Mm

なんて書くとなんだか分かりませんね.言い換えると 1/30光秒...ってますます分かりにくい.要するに
d0106518_13254833.jpg

です.hi この瞬間は三ノ輪にておとずれました.彼の地に祝福のあらんことを.具体的には大関横町交差点の混雑がなくなることを期待.笑

実はあまり距離を乗らないので,16年ちょっとかかっています.でもこの夏タイミングベルトも換えたし,目指せもう一桁....って,このペースだとあと150年くらいかかるな〜.笑
[PR]
by jq1ocr | 2015-10-17 21:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

AT のふり

今や車と言えばほとんど AT になっていて,MT は選ぶことすらできない車種が多いですね.ふた昔くらい前でももちろん AT は結構多かったですが今程ではなく,多くの車種で MT が標準で,AT はオプションという感じだったと思います.なので,AT を選ぶと十万円くらい高くなったりしたものです.うちは両親共に MT だった影響か,もともと MT しか選択するつもりはなかったので気にしていませんでしたが,当時のローカル(学生〜新社会人くらいの年代)の中には AT が欲しかったのに金額で MT にしたってのもいました.

一緒に走っていたら,その彼 AT の真似をするんですよ.どういうことかというと,信号で止まるときや発進するとき,一瞬後退灯を点けるのです.ほら, AT って上から P-R-N-D でしょう? D から P に入れるときや,その逆の操作の時に R を通るから,後退灯が一瞬点くわけですよ.それを真似してるのです.笑ってしまいました.今でこそ信号待ちくらいなら D のままがいいと言われていますが,昔は P に入れている人が多かったですからね.

実家の車が数年前に AT になってから,私もたまに乗るものですから,そんな昔話を思い出しました.
[PR]
by jq1ocr | 2015-10-06 23:15 | 二輪車・四輪車 | Comments(5)

バッテリの準備

そんなわけで Bonneville 用のバッテリーを用意したのですが,ぽん付け出来るわけではありませんでした.硫酸が別に入っているのです.
d0106518_163794.jpg

使う前にこれを入れてしばらく充電しないといけないようです.

まずは注入口のカバーをはぎ取ります.
d0106518_172373.jpg

で,硫酸容器のプラスチックカバーを外します.このプラスチックカバーはバッテリーの蓋の部品になるので丁寧に扱いましょう.
d0106518_18541.jpg

アルミでシールされていますが,これは外しません.
d0106518_198100.jpg

バッテリー側にこれに穴を開けるような突起が付いているからです.そのまま逆さにしてぶすっと.
d0106518_192294.jpg

少しずつバッテリー本体に入っていきます.結構遅いです.
d0106518_195115.jpg

ガスが発生するので,硫酸を全部入れたら1時間程放置して,それからカバーをプラスチックハンマーで打ち込みます.
d0106518_1104284.jpg

とんとんとんとんトラの二トン
d0106518_1105772.jpg

で,充電器にかけます.明日には終わっているでしょう.
d0106518_1124923.jpg

週末に用事で乗るので,その前には載せないといけません.
[PR]
by jq1ocr | 2015-10-02 00:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(4)

【Roadster】パンク修理

先週右後輪がパンクしているのに気づき,とりあえずガソリンスタンドまでそろそろ走って行って入れました.そのあともリークしているようで,二日に一回くらいの割合で入れないといけなくなり,毎度空気入れで入れるのも疲れるしどうしようかと思っていました.二日に一回くらいということは,バルブかなぁとか思っていて,タイヤ自体はまだ1万キロくらいは走れると思うので,交換するのもモッタイナイし,だからといってバルブだけ交換するのも工賃が掛かるわけですから,どうしたものかと....

で,何気なくタイヤを観察してみたら,なんとネジが刺さっていました.
d0106518_1829552.jpg

抜けるのに二日かかると言うことは,届くかどうかぎりぎりのところかも?と思って抜いてみたら,盛大に空気が漏れ出しました.ガーン.とてもではありませんが,これで走ることは出来ません.仕方なくテンパーに交換したら,これもかなり空気が甘い.....思えば今までずっと(15年超)空気圧確認してなかったな〜.60PSI と書いてあるので,ヒーヒー言いながらとりあえず50PSIくらいまで入れて,日曜でもやってるという理由で一番近いディーラーに駆け込みました.(平日だったらもっと近所の修理工場にいける)

ここでは内側からパッチを当てることは出来ないらしく,プラグで直せる範囲かどうかが問題だそうで,とりあえず見てもらうことに.プラグなら自分でも出来ますが,それを買いに行くのも,その後空気を入れるのも気が重いので頼むことにします.パンク修理が2.5k,入れ替え工賃が500円で,合計3kとのことでした.が,ハイマウントストップランプのバルブが切れているということで,これも面倒なのでやってもらうことにし,両方あわせて 3.2k になりました.自分でやれば半分くらいだと思いますが,作業を任せて,自分はコーヒーを飲んだり,ロードスター本を読んだりしながら,のんびり出来ることを考えれば妥当な金額かなと思いました.

結局何だかんだで40分くらいかかったかな?ともあれ無事終了!
d0106518_1847449.jpg

これで空気入れを載せておかなくて済みます.
[PR]
by jq1ocr | 2015-09-27 19:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)