アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:二輪車・四輪車( 216 )

PND を付ける

買ったナビをどうやって付けようかと考えていまして,いろいろ売っているであろうライコランドにでも行こうかと思ったのですが,暑いのでドイト(近い)に行ってみました.同梱の取り付けキットをうまく活用して安上がりになる方法はないかと考えています.
d0106518_1556322.jpg

同梱取り付けキット

この取り付け具のアーム部分と,両面テープのついたベースはM5のトラスネジでとまっています.このネジはちょっと短いので,M5の40mmのトラスネジを買ってきました.これをバイクのリザーバキャップに付けてみましたら,こんな感じになりました.
d0106518_1603021.jpg

取り付けた様子

アーム部分の取り付けはこのようになっています.
d0106518_161272.jpg

アーム取り付け部分

リザーバの強度が心配ですが,とりあえずこれで走ってみます.一応ハンドルバーに付ける為の金具をドイトあたりで買ってきて,もう一度しっかり付ける方法を検討する予定です.
[PR]
by jq1ocr | 2007-08-13 16:02 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)

GPS+αの受信機を考える

実はここ十年くらい使ってませんでしたが,知らない間に進化して,世の中にはいろんな機種があります.どれがいいのか全く分かりません.が,今のはレーダ波を受信したかどうか知らせるだけでなく,GPS情報からいろんな情報をとり出せるようになっているのですね.もう浦島太郎です.この秋はいろいろ出かけるつもりなので,その前に付けておきたいと思いまして検討中です.で,ディスコンですが安価なので候補にしているのが,ユピテルの機種.
d0106518_0511532.jpg

EG-S450

近所のお店で安く売っているようなので,勇んで行ったら「休業中」.....がっかり.友人たちはもっといいのを持っています.私はこのくらいでいいかなと思っているのですが,買えなかったのも何かの縁かも知れない.もうちょっと検討してみます.
【8/15追記】結局このモデルを買いました.こういうの初めて使うので,なんか面白いです.しかし,カーロケって見えるくらい近くないと反応しないのでしょうか?それともかなり間の空いた間歇送信なんでしょうか.3台くらい前にパトカーが見えたときに反応したので,「意味ないじゃん」って思ったのでした.苦笑 しかしさすがに都心部だと反応しっぱなしに近いくらい鳴りますね.マヒしちゃいそう.
[PR]
by jq1ocr | 2007-08-13 00:55 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

PND を選ぶ

PND というのは,Personal Navigation Device のことで,ポータブルナビと言われたりもします.要するにカーナビの小さいもの,取り外しが容易であることが基本で,持ち歩きさえ出来たりするものもあります.日本ではカーナビはクルマにきちっと取り付けして,データ量も豊富,性能もいいものが普及していますが,海外ではもっと簡易な PND の方が売れていたりします.

さて何で私が PND を検討しているかといいますと,一つにはバイクに取り付けたい,ということ.もう一つはクルマに付いている DVD ナビが時々ハングしてしまって使えないことがあるので,二重化しておきたい,というのが理由です.DVD ナビも直せばいいのかも知れませんが,もう既に7年くらい経っているし,今更新しいのに交換しても車齢を考えると微妙なところです.ですので,バイクとの併用を考えて,PND にすることにしました.

PND をいろいろ調べていると.結構激戦区ですね.この世界では結構韓国が頑張っているらしく,手ごろな値段なモノもいろいろあります.しかし私の求める条件で考えていくと,三つに絞られてきました.

第一候補:SANYO ミニゴリラ NV-SB250DT
d0106518_13451773.jpg

第二候補:PONTUS EN-4500
d0106518_13465357.jpg

第三候補:CARPOINT XROAD RM-V4120
d0106518_13474389.jpg


実際にいじってみないと最終判断はつかないので,これから秋葉って見てきます.でもEN-4500の在庫は払底しているところが多いようで,実機が見られるかは分かりません.もしかしたら普通に買えるミニゴリラをおんぶして帰ってきちゃうかも.笑

【8/11夜追記】
結局行ったお店に在庫があった三洋にしてしまいました.あとの二つはなかったけど,あまりの暑さに別の店を探す元気もなく.....苦笑 でもまあそんなに悪くないかな?と思ってます.ただ,感度はそんなに良くないかも.韓国のが高感度なデバイスを使ってるらしいので,日本のも頑張って欲しいなぁ.
[PR]
by jq1ocr | 2007-08-11 13:55 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

パーツ盗難

友人からもらった自転車を妻が普段使っているのですが,駅に停めておいたところ,ホイールが盗まれてしまいました.
d0106518_19343091.jpg

bike with no wheels

もらいものだし,自転車趣味は超初心者なので価値がよく分かりませんが,もとの持ち主の友人に聞いたところ,「最近細いクロモリフレームが人気なので,全体が盗まれるなら理解できるが,ホイールは普通のものだし....」とのことでした.直そうと思うのですが,調べてみると.....
d0106518_19581243.jpg

Shimano wheels

ホイールって安い物がないんですね.まあ部品って吟味して買うような人じゃないと,部品単位では買わないから,部品市場にはある程度以上のものしかないのでしょう.おまけにカセットやタイヤ,チューブを買っていくと,数万円はしそうな気がします.ちなみにもともと7速が入っていたのですが,調べてみると7速の完成ホイールセットってないみたいなんです.もしかして7速を盗むため?....ってことはないですよねぇ.苦笑 F/R共に無くなってるし.

妻はママチャリが欲しいって言ってるから,そうしようかなぁ.苦笑

ただ,あきらめるのも自転車にかわいそうなので,とりあえずもう一台のもらい物(*)のリアを移植しようとしたのですが,やはりサイズが....使えそうなのは,フロントのハブだけ.苦笑

(*)昔のGTのクロスだと思います.フロントがバーストしたので,タイヤを交換しようと思ったのですが,タイヤサイズが700Dというもので,どこにも在庫がなく,似たサイズも微妙に入らないため保留(要するに放置)になっていたものです.
[PR]
by jq1ocr | 2007-07-18 20:06 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
先日チェーンの遊びがかなり大きいのに気づきましたが,アクスルボルトが大きくて回せなかったので工具(レンチ)を買った,という話は書き込んだと思いますが,作業については書いてなかったので,ここで書いておきます.検索していらっしゃった人にも参考になると思いますし.チェーンの遊びは機種にもよりますが,マニュアルによると,うちのボニーは 25-35mm 程度が適切なようです.
調整方法は以下の通りです.
d0106518_23501378.jpg

右側

d0106518_23503796.jpg

左側

それぞれ,1のアクスルナット,ボルトを右は24mm,左は19mmのボックスレンチで緩めます.私の手持ちのソケットは deep なので,マフラーと干渉して入らないのですが,みなさんの手持ちがちゃんと入るのであればソケットレンチでも構いません.次いで2のアジャストナットを回します.数回転させるだけでだいぶ緩んだりきつくなったりするので注意してください.うっかりきつくしすぎると延びてしまいますので,少し回したら確認するようにしましょう.アジャストナットは左右で合わせ位置を合わせる必要がありますが,目盛り自体もかなりいい加減なので,ノギスなどで測ったほうが良いというアドバイスをもらいました.私は見ただけで合わせましたが....左右のアジャストナットを回して,チェーンの遊びを既定値に収めたら,アクスルボルト,ナットを締めつけます.規定トルクは決まっていると思いますが,緩めるときと同様,手持ちのソケットが物理的に入らなかったので,適当にレンチで締めました.走ってみて違和感を感じたらチェックしましょう.この作業は特にセンタースタンドやメンテスタンドは不要なので,月例点検程度でも調整できると思います.
[PR]
by jq1ocr | 2007-06-20 23:57 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

絶滅危惧種

週末時間があって,且つ晴れていたので,久々に British Beat に行ってきました.春に改装して,新車部門はトライアンフ東京みなと店になったのですが,まだ見に行ってなかったのと,二輪好きな先輩教員にカタログを進呈するために,それをもらいにいきました.

そこで聞いた話ですが.....ハーレーは今年度モデルから全車種がインジェクションになったということからも分かるように,排ガスのコントロールはキャブのままだとこれ以上は困難であり,インジェクション化は免れない模様です.もちろん技術的にはインジェクションは優れており,環境に対する影響を考えても,キャブは太刀打ちできそうにありません.

しかし,インジェクションは電子制御されています.すなわち何十年後にそれが動態保存される保証があるかというと,微妙な感じがします.(*)キャブは機械なので,ある程度どうにかなる可能性はありますが.

私はバイクは少なくとも数十年は買い替えるつもりはなく,よって一生ものだと思って買いました.仕事の道具として,あるいは消耗品として使うのであれば最新式(ここでいうとインジェクション)を選ぶでしょうけども,趣味ですからローテクを楽しみたいわけです.それもただのローテクではありません.突き詰めていけば,インジェクションより高度なテクニックが必要です.例えて言えば,アナログとディジタルの対比でしょうか.そういう枯れた技術というのが好きなので,バイクはキャブのままでいてほしいと思っております.

さて,私の好きなトライアンフも,いよいよ来年辺りからインジェクション導入は免れえない状況になっているようです.もう一台欲しいなと思っていたのですが,旧車にするか,新車なら今年度モデルをゲットする必要がありそうです.

(*)電子回路も機械も寿命がありますが,機械は定期的にメンテすることを考えているのに対して,電子回路は手入れする要素が少なく壊れたら交換することになります.機械はその交換パーツが比較的汎用性があったり,単純な形状であれば自作できたりする可能性が高いですが,一般にバイク修理屋さんは,機械屋さんであり,電気回路が専門ではないので回路上のパーツ単位での交換に対応できず,ASSY交換になったりします.また例え電気の知識があっても電子回路の場合は使われている部品が汎用部品でなければ代替部品を見つけることが困難で,同じ動作をする別の回路を新たに起こさなければならないことになります.というわけで,バイク屋さんには従来のスキルに加えて,電気回路をいじれる知識がないと,今後のバイクが旧車になったとき,それを今の旧車のようには扱えなくなってしまうわけです.
[PR]
by jq1ocr | 2007-06-18 23:23 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

世界最速のインディアン

The World's Fastest Indian
見たかった映画ですが,見はぐっていたのがいよいよDVDになるようです.7/26発送ということですから,夏休みのお楽しみですね.ちなみに日本語版の予告編にはマルチっぽい音がかぶっていたのですが,そんな無粋なことはしないでいただきたいですね.(使われたインディアンはVツイン)
d0106518_033425.jpg

----
【解説】
伝説のバイク<インディアン>で世界最速—時速300キロ—の記録に挑んだ男の真実の物語

【STORY】
ニュージーランド南端の小さな町。
小さな家に一人暮らしのバートは今日も暗いうちから起きてバイクを轟かせる。少し近所迷惑なこのバイクは、1920年型インディアン・スカウト。彼の夢はこのインディアン号でライダーの聖地、アメリカ・ユタ州のボンヌヴィル塩平原で行われる大会で世界記録に挑戦すること。60歳を過ぎ、年金暮らしの彼には夢のような話だが、このまま夢で終わらせたくない、と決心を固めたバートはインディアン号とともにユタ州へ向かう—。
----

なんで見たいかというと,こういう話が好きだというのが一番ですが,実は私の乗っているバイク,Triumph Bonneville もこの映画で言うところの”ボンヌヴィル塩平原”(Bonneville Salt Flats,日本語だと「ボンネビル」って言われることが多い)で 1956年に Bonneville Speed Week という最高速を競うイベントにおいてトライアンフのバイクが 344km/h という世界最高速度をたたき出したことを記念して名付けられたマシンだからです.この時の車体のベースとなるエンジンは Thunderbird の650ccでした.当然究極のチューニングが施されていたわけですが.ギネス記録に認定され,トライアンフの名を高めた元になったのです.

ちなみにこの映画の主人公,バート・マンロー(Burt Munro)は実在の人物で,実際に1967年に 295.44 km/h ,片道での最高記録は 305.88 km/h を記録しています.
[PR]
by jq1ocr | 2007-06-10 00:32 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

カフェ@六本木ヒルズ

一年以上ぶりに六本木ヒルズのカフェに行きました.バイク仲間が集まってコーヒーを飲みながらお話する会です.新しいメンバーもいましたが,懐かしのメンバーにも会えました.あまり変わってないようですが,実は進化してるみたいです.私は退化してますが.苦笑 今日行った一つの目的は同じ種類のバイクに乗るFさんにメンテを教わることでした.ちゃんと教えてもらったので,現在抱えているトラブルは多分解消するでしょう.しかしFさんはSSに乗ってきていて,新しい境地を開拓中らしいし,Nさんは派手なアクションが自在になってるという噂を実際に見たし,Jさんは相変わらず面倒見がよく,みんなに気を遣っていました.ただ今日初めて会った人がネックレスを落としてしまい,探すのを手伝ったのですが残念ながら見つかりませんでした.大事にしてたものらしく気落ちされてましたが,明日朝一に探しに来るというので,見つかると良いなと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2007-06-09 02:29 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

エンジンかからず

出先にバイクで出かけた妻から仕事中に電話がありました.なんでもエンジンがかからなくて困ってるとのこと.彼女は比較的機械音痴なので,まずキーシリンダの説明をします.前照灯がついているというので,パーキングモードに入ってないか確認.どうも大丈夫らしい.オンにはしてあるようです.ついでニュートラルになっているか確認.Nランプがついてないようです.ただNには入りにくいこともあるので,またがってスタンドを外させます.クラッチを握りながらセルスイッチを押させますが,セルが回らないらしい.まさかとは思うけどキルスイッチ切ってない?と聞いたら何それ?というので,ハンドルの赤いスイッチだよと教えたら「あーー」だって.
私もそうですが普段からキルスイッチでエンジン停止しないので,何かの拍子で切ったりするとつい忘れてしまうのですね.ちなみに今回はキルスイッチが切れていたために,セルが回らず原因が推測できましたが,一部のバイクにはキルスイッチが切れていてもセルが回るのがあるらしいです.今回はこのくらいで済みましたが,トラブルシューティングってリモートでは難しいですねぇ.苦笑 あと,まさかこんなことはしてないだろう?という思い込みもありますからね.ましてや赤の他人だったら「バイク屋に持っていきなさい」って言ってるかも.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-05-08 22:34 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

キャブの調整

キャブを自分で調整しようとすると,やはりバランスを知る方法があればと思います.すなわちバキュームメータが必要になります.で,友人から勧められたのが,これ.
d0106518_0231748.jpg

キャブチューン2です.イギリスのメーカのアイディア商品です.水銀柱のように見える部分は実はステンレスの棒が上下に動くことで圧力を表示します.構造も簡単ですし,壊れる心配もほとんどないかと.これは4気筒まで対応するモデルですが,他に2気筒用もあります.しかし価格差があまりないし,今はバーチカルツインだけだけど,いつか3気筒とか4気筒に乗ることがあるかも知れないので,4気筒まで対応するこのモデルを購入しました.
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-19 00:26 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)