アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:二輪車・四輪車( 208 )

エンジンかからず

出先にバイクで出かけた妻から仕事中に電話がありました.なんでもエンジンがかからなくて困ってるとのこと.彼女は比較的機械音痴なので,まずキーシリンダの説明をします.前照灯がついているというので,パーキングモードに入ってないか確認.どうも大丈夫らしい.オンにはしてあるようです.ついでニュートラルになっているか確認.Nランプがついてないようです.ただNには入りにくいこともあるので,またがってスタンドを外させます.クラッチを握りながらセルスイッチを押させますが,セルが回らないらしい.まさかとは思うけどキルスイッチ切ってない?と聞いたら何それ?というので,ハンドルの赤いスイッチだよと教えたら「あーー」だって.
私もそうですが普段からキルスイッチでエンジン停止しないので,何かの拍子で切ったりするとつい忘れてしまうのですね.ちなみに今回はキルスイッチが切れていたために,セルが回らず原因が推測できましたが,一部のバイクにはキルスイッチが切れていてもセルが回るのがあるらしいです.今回はこのくらいで済みましたが,トラブルシューティングってリモートでは難しいですねぇ.苦笑 あと,まさかこんなことはしてないだろう?という思い込みもありますからね.ましてや赤の他人だったら「バイク屋に持っていきなさい」って言ってるかも.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-05-08 22:34 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

キャブの調整

キャブを自分で調整しようとすると,やはりバランスを知る方法があればと思います.すなわちバキュームメータが必要になります.で,友人から勧められたのが,これ.
d0106518_0231748.jpg

キャブチューン2です.イギリスのメーカのアイディア商品です.水銀柱のように見える部分は実はステンレスの棒が上下に動くことで圧力を表示します.構造も簡単ですし,壊れる心配もほとんどないかと.これは4気筒まで対応するモデルですが,他に2気筒用もあります.しかし価格差があまりないし,今はバーチカルツインだけだけど,いつか3気筒とか4気筒に乗ることがあるかも知れないので,4気筒まで対応するこのモデルを購入しました.
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-19 00:26 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
いや,見た目だけの問題なんですけど,以前交換したブレーキリザーバのネジを六角タイプに交換してみました.これなら一目見て「あれ?なんか違う」と分かりますね.
d0106518_020063.jpg

交換前のチタンネジ


d0106518_0203354.jpg

交換後のチタンキャップスクリュー

[PR]
by jq1ocr | 2007-04-19 00:21 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

Colnago Windy

d0106518_1619418.jpg

まあこれでコルナゴユーザーだぜ〜と胸を張って言えるかは微妙ですが,これでも明らかにその辺で売ってる安物のママチャリに比べれば断然楽で速い私の自転車は Colnago Windy です.ハイブリッドモデルといってロードレーサーとMTBの中間のようなタイプで,アルミフレームなのに,クロモリのように細いフレームが魅力です.ペダルは今のところ,三ヶ島のAR-2 EZYのみ.確か重量は9.2kgでした.シフトは私のは 27-speed なんですが,現行機種(2007年モデル)は 24-speed なんですね.どうして変えたのかな.より軽量化を目指して,前のクランクを3速版から,男気の1速にかえてみたいと思ったりして.笑 後ろも松竹梅の3速くらいでもいいかなと思わなくもないです.27速あっても使いこなせてないし.でもあえてカンパニョーロにしてみたいというナンパな考えを持っております.笑 ちなみに自動二輪でもやってるボルトチューンはぼちぼち施しています.でもこれによる軽量化は数十gにしかなってないので,きっと自分が痩せたほうが早いですね.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-16 22:29 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

250cc は本当に得か?

あるところで話題になっていた「車検があるから250cc以下で我慢している」というのは損かも知れない?という話を検証してみます.確かに,二年に一回の車検は気が重くてめんどうだからとバイク屋さんに丸投げして出すと結構お金もとられるらしいです.で,これを嫌って 250cc 以下に乗っている人はとても多く,それゆえ 250cc のバイクも人気があって中古だと 400cc とかよりかえって高いことも多々あります.でも本当に車体が高くても 250cc のほうが結局得なのでしょうか?というお話です.

まず250ccを越える自動二輪(小型二輪)の車検の時にかかるお金は以下の通りです.
重量税 5000円
自賠責保険 20240円
検査手数料 1400円
これらは二年に一回かかります.他に毎年かかるものが
軽自動車税 4000円
となり,年間で17320円の必要経費がかかります.もちろん壊れれば部品代や消耗品代はかかりますが,それは250cc以下でも同様なので割愛します.

一方,125ccを超え,250cc以下の軽二輪の場合は,
重量税 6300円(ただし購入時のみ)
自賠責保険 14460円
軽自動車税 2400円
となるので,購入時に一回だけ払うことになっている重量税を除いて年間9630円となります.

以上のことから結論として.250ccを越えることで年間にして 7690円余計にかかるわけです.しかしこれを大きいと見るか,大したことが無いと見るかは,その人の価値観によるかと思います.

私はこれは意外と大した差ではないと感じました.この差以上に大排気量である利得は享受していると思っています.そもそも仕事で二輪に乗ることはないので,好きなバイクに乗れればこの程度の金額は納得できますし,またツーリングなどで小さいバイクに乗っていると,流れに乗れなかったりします.それで無理に回して乗るより,大きなバイクをゆっくり走らせたほうが燃費も良かったりしますから,私個人の状況では 250cc 以下は選択肢にありません.

ちなみにコストの算出前提としての車検は,正常に動いている状態のバイクであれば,自分で簡単な点検をすることでユーザー車検を通すことができるのでユーザー車検としています.(先日のブログに報告済み)

みなさんは 250cc 問題,どうお考えになりますか?それぞれ 250cc を選ぶ理由というものがあるかとは思いますが,単純にお金の問題なのであれば,上記を参考に考え直してみると選択の幅が広がるかと思います.もちろん泥濘路を走って遊ぶとかなら,125ccとか軽いバイクじゃないと大変だったりします.ここでは別になんでも大きいのがいいといってるわけではないのです.もし本当は大きいのが欲しいけど,車検にお金がかかりそうだし...というだけの理由で250ccを選んでいる人がいたら,実際はこうなるよという例を示したに過ぎません.あと余談ですが 400cc でも 750cc でも上記に示す必要経費は変わりません.燃費もそれほど変わらないのではないでしょうか.車重は機種によってだいぶ違いますから,軽い大排気量を選ぶということも出来るかと思います.

とはいえ,50cc > 125cc > 250cc > 400cc とステップアップしてきた人って上手な人が多いんですよねぇ.私も復習したほうがいいかなぁ.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-12 01:52 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

ボルトチューン

バイク乗りってなぜか買ったまま何もいじらずに乗ってる人って少ないような気がします.かく言う私も,知り合いのFさん(同じく Triumph Bonneville 乗り)ほどではありませんが,マフラーを替えたりしてます.まあもともと形が気に入っているバイクなのであまり大きく手を入れる(chopperみたいな)ことはしないと思います.でもちょっと違うぞってところを,分かる人にだけ分かって欲しい,それが江戸っ子の粋だぜ!(注:私は江戸っ子ではありません)という tune up としてお手軽なのがボルトチューンです.

トライアンフには元々ステンレスボルトも使われていますが,それ以外の多くの箇所に使われてるのが鉄ボルトに3価クロメートっぽいメッキがかかってるものです.これをより光らせたいなら,同じサイズのステンレスボルトに交換します.一つ数十円以内で買えます.ただし,ステンレスはあまり高温になるところに使うと錆びやすくなるのでやめましょう.あと軽量化には寄与しません.あくまで見た目の問題です.下の写真はもともとの鉄ボルトです.
d0106518_0321063.jpg

で,これをステンレスのキャップスクリューに交換します.
d0106518_0325879.jpg

ちょっとキレイに見えますね.まあボルトが新しいから当然ですが.取り付け時には二硫化モリブデングリスを軽く塗っておきます.固着防止ですね.

で,軽量化に努力を見せるなら,純チタンでしょう.チタンは軽いですが,純チタンだと同じ大きさの鉄ボルトと比べると破断荷重で約70%とそれほど強いわけではないので,致命的なところには使わないようにします.(というか,そういうところに使える太いのはあまり売ってない)重さは鉄の半分くらいになると思います.チタン合金はいくつか種類がありますが,64チタン合金というのが非常に強いチタンです.チタンが軽くて強いというのはこのような合金のことですね.こんなのでいろんな部品を作ったらいいですがコストもすごそう.私は今のところ純チタンで安価に入手できるものだけ使っています.例えば,ブレーキのリザーバはオリジナルでは以下のような鉄ネジです.
d0106518_0342553.jpg

これをチタンのネジに交換してみます.
d0106518_0345534.jpg

....あまり代わり映えがしませんね.苦笑 でも多少の軽量化にはなってるかと.いろいろなところを交換しているので,百グラムくらいは軽量化になってるかも知れません.でも軽量化を主な目的にするならコストは合わないですよね.あくまでボルトチューンはステッカーチューンみたいな狙いですから.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-09 08:45 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
今日の2R(10:30-12:00)で昨晩ウェブ予約した鮫洲に行ってきました.結果から言いますと,案の定光軸でひっかかりました.検査官は右上にずれていると教えてくれましたが,どのくらいかは分からないので,お向かいのテスタ屋に持っていって調整してもらいました.とても微妙らしく,測るときに体重をかけるか否かで合否が分かれるらしいので,体重をかけた状態で通るように設定してもらいました.痩せたらずれちゃうやんけ,と要らぬ心配してみたりして.笑 料金は1680円.あれ?練馬で四輪の光軸やってもらったときより高いぞ.まあ仕方ないか.戻ると 12:02.がーん,午前の部(2Rは12時まで)が終わってしまいました.もうちょっと早く来れば良かった....検査官がぞろぞろと出て行きます.

しかたないのでグリル(構内にある食堂の名前)で350円のそば(一応かき揚げと卵が入ってた)を食べました.その後ラインの前で桜を見ながらお茶を飲んだり,隣の免許センターで原付の講習をやってる若者(高校生くらい?)を眺めたりして3R(13時〜)をぼけーっと待ちました.ちなみに講習の彼,スクータ乗るのにガニ股で足を投げ出してます.おいおい,お前無免で乗ってただろ.笑

で,13時に3R開始.一番に並んでいたので,早速,光軸を受検,合格をもらいました.進んでいくと排ガスがあります.あれ?これ受けるのかな?車の時と同じかな?と,プローブをつっこんで結果を待っていると検査官がやってきて「これガスないよね?」ですって.そうか無いのか.これって新しい車種にはあるんですかね.別のバイクはプローブつっこんでましたから.

そんなわけで1時間も無駄にしましたが,無事に終了です.A棟に戻って,新しい車検証とステッカーを貰って帰宅しました.

ところで私の次に並んでいたハーレーは,光軸でNGだったらしく,向かいのテスタ屋に移動してましたが,結構音量のあるマフラーでした.でもこれで通るみたいなんですよ.もしかして,私のもマフラー戻さなくても良かったのかな.明らかに私のより音が大きかったですからね.

持参するもの
1.現在の車検証
2.現在の自賠責証明書
3.軽自動車税納税証明書
4.検査記録簿(後点検といって車検後受けることもできるが,予め点検して記載しておくほうがよい.自分で出来ないところは空白でもOK.)
5.予約したラウンド(検査時間帯)と予約番号のメモ
6.印鑑(認め印でOK)
7.上記の書類をまとめておくフォルダなどがあると便利【任意】

現地でやること(前日までにウェブ等で検査の予約を行う)
【南側のC棟にて】
1.書類(検査申請書,検査票,重量税納付書の3枚)を購入する(25円)
2.継続の自賠責に入る(24ヶ月20240円)
3.重量税(5000円)と検査料(1400円)の印紙を買う
【中央のA棟にて】
4.上記1.で購入した書類に記入する(記入例は机にあります)
5.ユーザー車検の窓口(7番)に出す
【検査コース2番にて】
6.車体番号等確認,検査ハンマー,スピードメータ(40km/h),ブレーキ,光軸の検査(検査官に言えば細かく指示してくれるので「初めて受けるんですが」と言いましょう.)
7.合格の場合は出口ブースで合格印をもらう.このとき現在の自賠責等も確認される
8.光軸不合格の場合は向かいのテスタ屋等で調整してもらい,すぐ戻って再度6.の検査(光軸のみ)
【中央のA棟にて】
9.窓口6番に出すと,数分で新しい車検証とステッカがもらえる

必要な金額は特に不具合が無ければ,上記のように26,665円ですが,テスタ屋で光軸を調整してもらうと,追加で1680円(お向かいの早川自動車整備さんで,一灯の場合)かかります.車検自体をバイク屋さんに頼むと楽ですが,時間もかかるし,料金は倍くらいはかかるようなので,特に不具合がない場合は自分でユーザー車検を受けるのも一つの方法かと思います.特に問題なければ1時間もかかりません.何も無ければ30分,光軸を合わせて貰いにいっても1時間もあれば終わるでしょう.ただしラウンドの間には休み時間があるので,それをまたぐと時間がかかります.例えば 2R は 12 時に終わり,3R は 13 時に始まるので,間が悪いと1時間待つことになります.四輪でもそうなのですが,変にいじらず普通に乗ってて,点検も自分でやってる人がひっかかるのは光軸くらいだと思うので,そんなに大変ではありません.

ちなみに自動車の場合も上記と受け方は全く同じです.もちろん税金などは違いますが.車屋さんに頼むより最低でも数万は安くなると思います.(普通に頼んだことが無いので実際のところは分かりませんが)

あ,でも例えば自分でブレーキパッドがどのくらい残ってるか確認することが出来ない人などは,車屋さんにお願いしたほうがいいです.安全を買うと思えば,それほど高いわけではないですからね.
[PR]
by jq1ocr | 2007-04-06 20:14 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

トライアンフの整備

私の鉄馬は2001年英国生まれの Triumph Bonneville です.そろそろ車検だと思って書類をチェックしたら,4/19に切れるではありませんか.いろいろ手を入れているので,バイク屋に車検をたのもうと思ったのですが,日程的に持っていけるのが明日しかない.おまけにだいぶ経ってからでないと,引き上げられないので,急きょ明日,自分で車検を通すことにしました.で,さっきまで車検を通せる状態までに改修してました.
もともとの純正から替えた部分といえば,まずマフラー.British Beat オリジナルのマフラーは英国の TOGA 製でいい音がするのですが,純正ではないのでとりあえず純正に戻します.純正は大きくて重いですが,BBのはちょっと小さくて軽いです.あとはマフラ交換後,アフターファイヤがひどかったので2次エアをカットしていたのを戻しました.キャブのジェットも替わってますが,とりあえずこれはこのままでいいでしょう.で,全体的にぞうきんがけ.あとはノギスでタイヤの溝の深さを確認.パッドはよこからみて大丈夫そうなので省略.そんな感じで整備記録簿を作成して,納税証明書,車検証,自賠責証明書をまとめてファイルに入れました.今は車検場の予約がウェブでも出来て夜中でも対応できるので,明日の午前を予約しました.鮫洲は空いてるのか,キャパがでかいのか,いつでも予約可能になってました.
明日,自賠責に入って,鮫洲で書類を作って受けてみます.あ,光軸見てないや.でももう眠いので,また明日にします.
d0106518_156534.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2007-04-06 02:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)