アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:マイコン・電子工作( 280 )

テスラコイルで遊ぶ

おもちゃのテスラコイルが売られていたので買ってみました.
d0106518_17364491.jpg

電源をつなぐとコイルの先から放電します.アークはちっちゃいけど,電気恐怖症(笑)の私には恐いですねぇ.

ネオンランプは近づけるだけで光ります.
d0106518_1737445.jpg

蛍光灯も光りそうですね.やってみました.
d0106518_17381724.jpg

しばらく動かしていたらオゾンぽい臭いがしてきたので試運転終了.

これでなにか面白いこと出来ないかな?
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-25 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)
例の壊れた Pana LED 電球ですが,もし故障原因が電線の接触不良だけなら,直接接続で点灯するはずです.というわけで,やってみました.
d0106518_1542442.jpg
結果は一瞬だけ点灯しましたが,そのあとはつかなくなってしまいました.このとき測定器もつないでいた所為か,漏電センサーが反応してしまい,実験継続できなくなってしまいました.独立電源が欲しいな〜.でもその前にとれたのはこんなデータです.
d0106518_15442356.jpg

LED 部分に印加されている電圧波形です.点灯していないときですが,ピークで 80 V ほど出ています.GND が真ん中になっているのは AC 結合になっていたからで,実際は下の方に GND があるはずです.

LED の素子は相当数が直列になっているようですね.やはりちゃんと制御しないといけないみたい.
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-24 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)
先日壊れた Panasonic の LED 電球 (LDA6L-E17/BH) ですが,症状としてはチカチカしたり消えたりといった感じでした.LED の素子自体は死んでいないかも知れないので何かに使えるかも?という期待もあるし,故障原因が分かるかも知れないので分解してみることにしました.

しかし製品をじっくり観察しても分解の足がかりがなかなかありません.一番簡単にアプローチできそうなのが電極部だったので,ここを切り開いていくことにしました.
d0106518_14534691.jpg

当然電線は中心電極と口金(周囲の電極)で二本あります.中心はちゃんとついているようですが,なんと口金側がつながっていません.拡大してみましょう.
d0106518_14545369.jpg

分かりますかね?溝に置かれた電線が口金内部に軽く触っているだけの導通なのです.使用時にはある程度の温度になるはずですから,金属表面の酸化し黒ずんできますし,最終的には導通したりしなかったりということになるのではないでしょうか.これは製品自体の欠陥ではないのかなぁ?

ただこれが偶発的なものなのであれば,品質管理上の問題はあるものの,たまたま外れだったということで済ませられるかも知れませんが,もしこれが最初からの設計であるとすれば,今後も同じトラブルは起きる可能性が高いですよね.とりあえず他に壊れて外したのがどこかに仕舞ってあるはずなので,それも分解してから判断しましょう.

というわけで,故障原因らしきが推定できたところで,分解を続けてます.

どうやっても下からは難しそうに見えたので,ガラスを割ってみました.
d0106518_15589.jpg

ネジ留めされていますね.ここを外すと欲しかった素子が外れます.
d0106518_1554571.jpg

セラミック基板ですかね.電子工作で使うようなLED素子としては見たことがない形です.
d0106518_1562916.jpg

半導体アナライザにかけてみましょう.
d0106518_1564864.jpg

ピピッと終了.
d0106518_157861.jpg

VF が 2.3V@5mA ですか.なんか思ったより低いですね.それに気になるのが,赤がアノード,青がカソードとでていることです.基板には++のマークがあり,そっちに青をつないだのですが....なんとなく逆電圧保護のダイオードでもついていて,それを見てる気がしますね.まああとで調べましょう.

分解を続けます.ガラスの破片が危ないので,そこをこじっていくとフランジ部分がボロボロととれていき,最終的にはここまでいきました.
d0106518_15115754.jpg

前から見るとこんな感じです.アルミダイキャストですかね?
d0106518_15121740.jpg

放熱のために,こんな構造になっているのでしょう.フライス跡が見えますが,型についてるのかな?

下の部分がどうにも外れないので,万力で下の部分を挟んでいったらぽろっととれました.
d0106518_15131388.jpg

あらら,基板が欲しいだけなら,こっちが近道だったようです.苦笑.

基板が引き出せます.半田面を見るとこんな感じ.
d0106518_1514389.jpg

部品面はこうです.
d0106518_15141763.jpg

ぱっと見た感じではあんまりきれいではないように見えますが,一番足の速そうな電解コンデンサ(105℃品)の ESR を測っても劣化は見えないし,さすが天下の Panasonic ですから設計はちゃんとしてるように感じます.ただあの電線だけが納得できませんが....苦笑

[PR]
by jq1ocr | 2017-10-23 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

試作基板着荷

試作第一弾なので,とりあえず最小ロットの5枚発注しました.すると....
d0106518_21275310.jpg
十何枚も入ってました.笑 品質が安定せずに使い物になるのが5枚くらいというオチはいくらなんでもないとは思いますが,多少は注意深く検品したいと思います.しかし,そうなると基板を黒にしたのは失敗です.auto route で細くなったというのもありますが,パターンが全然見えません.赤か青あたりにしておけばよかったかなぁ.
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-17 21:31 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

MCP23017 を使う?

ドットマトリクス LED って I/O バカ食いじゃないですか.でもどうせ大したことしないから AVR は tiny を使いたいわけです.そんなときドットマトリクス LED を使いたいなら,I/O Expander を入れれば楽が出来るかな?と思ったわけです.そこで今回使ってみようと思っているのが MCP23017 という 16-bit の I2C 制御できるエキスパンダです.
d0106518_173301.jpg

これを使えば 8×8 ドットのマトリクスが使えそうですよね.こんなやつ.
d0106518_1733851.jpg

TWI制御だから,状態を変えるにはある程度時間がかかりますので,桁数がどのくらいいけるかは分かりませんが(遅いとちらつく),とりあえず速度は置いておくとすればエキスパンダのアドレスが3ビットなので8個,都合15桁いけるんじゃないかという壮大な(?)計画です.笑

で,まずは2個独立で実験してみようとエキスパンダと LED を二個づつ仕入れてきました.さて第二話に続けるかどうか乞うご期待.今一番可能性が高いのは配線が面倒であきらめちゃうことでしょうか.苦笑

そうそう,一応データシートを見てみたのですが,分からない点があります.それはこちら.
d0106518_1743197.jpg

MCP23017 から RESET 信号が出ているのです.普通はここは入力じゃないかと思うのですが.....いったい何をリセットするのでしょうね.
【追記】
Block Diagram を見たらこうなってました.
d0106518_1744140.jpg

だよねぇ. preliminary ってわけでもないと思いますが,誰もこんなの気にしないってことかな?
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-13 21:30 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

ESP-WROOM-32 落手

例のトラ技のイベントで I さんから ESP-WROOM32 を推されていたところが,ちょうど U くんが秋月に買い出しに行くということだったので,ついでに買って来てもらいました.
d0106518_2104264.jpg

買ったのはもちろん Arduino IDE が使えるというのが理由です.林檎國住民にとっては,開発環境があるかどうかで俎上に載るかどうかが決まるので,なかったらいくら推されても買いようがないわけですが,今回は彼女も林檎國民か,少なくともビザ持ち(笑)なので安心して買いました.

さて,とりあえず何が出来るか,まずはいじりながら考えることにしましょう.何かいいアイディアが浮かぶといいのですが....
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-04 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

来夏の予習

とりあえず試作用基板を発注.
d0106518_9283272.jpg

来年の話をすると鬼が笑うというけど,先過ぎて笑うどころかあきれてると思います.まあ東京以外でも需要はあるかもしれないですからね.
[PR]
by jq1ocr | 2017-09-29 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

micro:bit 用電池ボックス

micro:bit の説明書によると単四の二本をお勧めされていますが,うちでは単三の方が数があるので,それで電池ボックスを作ることにしました.

まずは秋月のお勧め通りのコネクタ付コード2Pを用意.
d0106518_1553419.jpg

電池ボックスは単三を二本使うものでスイッチ付きのこちら
d0106518_15542214.jpg

これを ah とやってくっつけます.

はい,できあがり.
d0106518_15561783.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2017-09-28 21:30 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

micro:bit

今月秋月で取り扱いが始まった micro:bit ですが,気にはなっていたものの,すぐに売り切れてしまいました.それが再入荷したので早速買ってみました.
d0106518_10323258.jpg

何かの教材にでもなるかなぁと思ったわけですね.

早速ブロックエディタを使ってみましたが,結構難しいですねぇ.笑 子供はサクサク使いこなしちゃうんだろうなぁ.コンパスや加速度センサーが内蔵されているので,ちょっとしたガジェットとかも作れるかな?と思ってます.唯一ブザーがついてないのが残念.

以前サイズ的にはこれと同じくらいの小さい基板で1ビット全加算器を作ったことがあります(詳しくはこちら).これは n 台つなぐと, n ビットの加算器になるので,百人で一個づつ作ってつなげば100ビット加算器だ!もっとたくさん作ってギネスを目指そう!なんて言ってたのですが,micro:bit は通信機能があるので,クラスみんなで分散処理!なんてこともできるかな,なんて思ったりしました.笑
[PR]
by jq1ocr | 2017-09-27 21:30 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

来夏に向けての習作

コードはまだまだですが,こんな感じを考えています.
d0106518_951448.jpg
和文はもちろん,練習モードや学習モードも搭載します.どうでしょう?
[PR]
by jq1ocr | 2017-09-26 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)