アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:工具・道具( 268 )

amazon からこんなのどう?とお勧めされるリストにこんなのが...
d0106518_874582.jpg

ネジザウルスの陸自仕様だそうです.笑

グリップの色だけだろう?と思ったら,二種類ほどの線径のストリップができるよう溝がついていました.が,差分はまあそれだけですね.

この工具はあくまでも特殊工具という分類で,本来出番があってはならないものです.要するになめたネジを回すのは,基本的にはドライバかその使い方が悪いということであって,直すならそっちなんですよね.ねじザウルスは対症療法ですから.かくいう私も一応は持ってますけど,出番はありません.

ちなみに価格は普通のネジザウルスが 2k くらいなのに,陸自仕様は 3.6k もします.えぇぇぇ?なんでそんなに差があるの?まあたとえ値段が一緒でも買う気はないので関係ないとはいうものの,どうなのよ?と思ったのでありました.
[PR]
by jq1ocr | 2017-10-03 07:00 | 工具・道具 | Comments(0)

鉛入りを推奨

市販されている製品の製造時には鉛フリーのはんだが使われる時代になっています.なのではんだのラインナップも多くなり,一般人向けの小売店でも鉛フリーのはんだが並ぶようになっています.たとえば秋月の新商品でこういうのがありました.
d0106518_11163642.jpg

「高性能はんだ」と書かれているので,つい買ってしまう人がいるかもしれませんが,ちょっと待った!

もちろん仕事などで必要があるなら鉛フリーを使うしかありませんから,このような製品を選ぶのはわかります.でもアマチュアの電子工作で鉛入りを使ってはいけないという法はありません.鉛自体はとても優れた物性を持っていまして,はんだも鉛入りの方が融点が低く,ぬれ性も高いし使いやすいのです.ですから,アマチュアの工作には鉛入りをおすすめします.

「作ってみたけどおかしいから見てくれ」と言われたもので,鉛フリーが使われていたら,今までの経験では,ほぼ確実に半田付け不良が動作不良の原因です.たぶん作った人も初心者というほどではなく,鉛フリーになれていなかっただけなのですが,それくらい扱いは違うので気をつけなければならないのです.

簡単な違いはまず融点の差です.だいたい30度くらいは違いますから,鉛入りと同じように作業するとまず加熱不足になります.ただでさえ鉛の入っていない半田は濡れ性が低いのに,加熱不足でさらに濡れなくなって接触不良が起きます.だからといって温度設定をむやみにあげると,今度はフラックスの活性が失われます.

あくまでも個人的な見解ではありますが,アマチュアの工作で鉛フリーを使う利点は全くないと思います.

ではどれがおすすめかというと,これですね.
d0106518_1138779.jpg

鉄板ともいえる KR-19RMA です.作業性がよくて値段もお手頃.太さはワークと小手先によって変わりますが,1608程度のSMDから,小型のリード部品くらいだと太めのB型を使うので 0.8mm がいいかなと思います.SMD をやらないなら 1mm の方がよさそうです.普段スルーホールな私は 0.65mm は繰り出しが増えるので普段使いませんが,1005 以下の SMD に I 型とかだといいかもしれませんね.
[PR]
by jq1ocr | 2017-09-16 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)

モーラナイフ vs スイカ

やっぱりモーラナイフはゴリゴリ用なんですね.スイカを切ってみますと....
d0106518_12431483.jpg

切れなくはないですが,すぱっというわけにはいきません.このような用途には果物ナイフの方が適しています.キッチンでも牛刀の代わりに出刃は使いませんものねぇ.アウトドアでもやっぱり適材適所なんですねぇ.笑
[PR]
by jq1ocr | 2017-08-25 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)

FG抽選会

ファクトリギアでディスコン・デッドストックの Stahlwille ボックスレンチセットが1点限りで出ていまして,もちろん抽選には申し込んでいたのですが競争率が50倍だったそうで,当然のように外れました.これです.
d0106518_23351898.jpg

日本仕様らしいのですが,実際自分に使いやすいかは分かりません.

ガレージでは基本的に snap-on を使っていまして, Stahlwille はシャック用なので,サイズ的にそうそう使うモノじゃないから,当選しなくて正解だったんだい!と,酸っぱいブドウみたいなことを言ってみるのでした.笑
[PR]
by jq1ocr | 2017-07-14 23:40 | 工具・道具 | Comments(0)

モーラナイフを考える

北海道巡検に持って行く道具をリストしていますが,ナイフが足りませんでした.ゴリゴリ使うことになるはずなのであまり高いのを買うつもりはなく,コストパフォーマンスのよいものを希望しています.そこで選んだのがスウェーデン製の Morakniv です.

色は山に入ることから目立つオレンジにしようと思ったのですが,悩んだのがモデルですね.ただの Companion にするか Companion Heavy Duty にするかというところ.どう違うのか比べてみるとこんな差がありました.

Companion Heavy Duty
ブレード素材:カーボンスチール
刃長:約104mm 全長:約224mm 刃厚:約3.2mm 重量:約101g(ナイフのみの重量)

Companion
ブレード素材:ステンレススチール
刃長:約103mm 全長:約218mm 刃厚:約2.5mm 重量:約84g(ナイフのみの重量)

具体的な鋼材名が書いてありませんが,ゴリゴリ用なので刃厚のあるほうがよさそうです.キャンプ料理とかで使うなら薄い方でしょうけども.炭素鋼はさびやすいですが,一般的に研ぎやすいので,研げるならそのほうがいいかも知れません.気に入らなければグラインドを変えることも出来ますしね.というわけで,Companion Heavy Duty Orange を選択することにしました.
d0106518_19564065.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2017-07-13 22:00 | 工具・道具 | Comments(0)
去年買ったこちらのスタビーのエアラチェですが,この間,あってよかった〜と思いましたのでそのお話です.
d0106518_23134669.jpg

これのいいところは手のひらに収まるくらいのコンパクトさなのですが,これがエンジンルーム内での作業に最適だったのです.

もちろんスタビーのラチェットはもちろんもっています.
d0106518_2316087.jpg

ただ見て分かるようにトルクがかかりません.エンジンルームの中ではしばしば硬く締まっているとか,姿勢の厳しい狭いところでだいぶ回数回さないといけないとかいう状況があるわけですね.そんなときにエアラチェはかなり便利だったのでした.

【追記】
欠点もあります.軟質のブラスチックでカバーされているのですが,これが油で汚れた手で握ると汚くなるのです.そして拭いても落ちにくいです.アルミのままの方が私は好みかなぁ.
[PR]
by jq1ocr | 2017-06-17 23:26 | 工具・道具 | Comments(0)

大人買い

おっと夢の大人買い.
d0106518_0455862.jpg

あ,もちろん私物じゃないですけどね.笑
[PR]
by jq1ocr | 2017-04-30 00:10 | 工具・道具 | Comments(0)

モンキーレンチ

我々はモンキーレンチっていうと,こういうの思い出しますよね.
d0106518_1282023.jpg

英語だと adjustable wrench なのですが, crescent wrench とも呼ばれています.開けたところが三日月っぽいってイメージでしょうか.

しかしこれを monkey wrench と呼んでいる人を米国で見たことがなかったので,てっきり和製英語かと思っていました.ところが実は monkey wrench と呼ばれるものがありました.それはこういうイメージらしいです.
d0106518_12122737.jpg

これって我々はパイプレンチって呼びますね.

まあ私も前のレンチのどこが猿なんだろう?とは思ってました.後の方をみると確かにパイプにかませたところなんか猿の手みたいで納得です.
[PR]
by jq1ocr | 2017-04-23 21:10 | 工具・道具 | Comments(0)

ガスコンロの交換

新しいガスコンロが着荷しました.
d0106518_13341168.jpg

段取りしてから取り付けです.まずはご開帳.おぉ,新品の匂い.笑
d0106518_13343212.jpg

こちらは古いコンロです.いろいろ部品を交換して延命措置をとってまいりましたが,本格的に壊れてきまして,代替をお願いしたというわけでした.
d0106518_1336342.jpg
まずはガス管を外します.バルブを閉鎖してから外しますが,ここは1インチみたいです.
d0106518_13365281.jpg

コンロ本体は固定ネジを外して持ち上げればあっさり撤去できます.
d0106518_13372964.jpg

新しいコンロをはめ込みます.
d0106518_13383233.jpg

ガス管を接続します.
d0106518_1339217.jpg

ここで問題発生.以前のコンロはリンナイで,今回のはハーマンですが,微妙にガス管の接続位置が違うようで,長さがいっぱいいっぱいになってしまいました.追加工事で伸ばすか,コンロ自体を若干後ろに下げて設置するか....結果,下げることに.苦笑

で,設置完了です.
d0106518_13411022.jpg

ちなみに使用工具類は以下の通り.
d0106518_13421283.jpg

モンキレンチ(1インチのレンチがあればなおよい)
ドライバ Ph#2
シール材
ガス漏れ検知スプレー

[PR]
by jq1ocr | 2017-03-24 22:00 | 工具・道具 | Comments(0)

ガスコンロを考える

うちのガスコンロは一年ちょっと前くらいにバーナーキャップを交換しましたが,寄る年波には勝てないらしく,他のところに不具合が出てきたようです.そこで新しいのに買い換えようと思い,新しい機種を検索しておりました.だいたい2,3万で買えるならいいかと思って,妻に何でもいいから選ぶように言ったところ,7万近いモデルを選んできました.
d0106518_165939.jpg
なんでそんなに高いの?と思って,それぞれのスペックをよく見ていると,3万以内で買える機種との違いが見えてきました.それは左右ともに高出力であること,そしてグリルが両面であることです.

それだけの違いで倍以上の値段になっちゃうの?と思いますが,特に両面グリルは実家で新しいのを使って気に入ったらしく是非欲しい機能らしい.うーん,どうしたものでしょうねぇ.

決定次第発注ですが,とりあえず交換するとなるとシールとガス漏れ検査が必要になりますので,部材は実家でもらってこようかな?でも交通費の方が高いので発注しちゃったほうがいいかも?苦笑

【参考】入れ替えにあたり必要になるシールはこんな感じのです.
d0106518_1162388.jpg

で,ガス漏れ検査はこんなスプレー式が便利かなと.
d0106518_1164928.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2017-03-18 06:00 | 工具・道具 | Comments(2)