アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2007年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

蛇足ですが念のため書いておきます.今回の改造は,SMD(Surface Mount Device,表面実装部品)のハンダ付けをする技術が必要になりますので,その技術(経験や道具を含む)がない人はこの作業をするのは無謀です.当然ながら技術の有無を問わずこれをご覧になって改造する方が,如何なる結果を得ようと小生は責任は負いかねますのでご注意ください.

以前書いたように FTM-10S で Bluetooth headset を使うときは,強制的にPTTするにはフロントパネルを使うしかないことに仕様ではなっています.フロントパネルにオプションのマイクコネクタとサードパーティ製のケーブルを改造したものをつけて PTT だけ使うことに成功された方もいらっしゃるようですが,某関係者曰く「そういう仕様にはしてないはずなんだけど...」とのこと.笑 実際にうまく動かない人もいるようです.もしかしたらロットによって違ったりするかも知れませんが,結構値段も高いオプションを買った揚げ句,正式にサポートされてない方法だから出来なくても知らないよーんと言われたら大変です.そこで確実に動作するフロントパネルのPTTボタンを引き出す改造をしました.この改造は安上がりなのですが,冒頭に述べたように細かい作業が必要になりますので,道具と経験のない人にはお勧めしません.(実際はそれほど難しいわけではありませんが hi)

まずPTTスイッチに何を使うか決めなければなりません.F無線で見ていると,コメットのPS8Rというものが便利そうなので,これを買いました.スイッチ部はマジックテープで付くようになっています.このスイッチには 2.5mm のモノラルプラグがついてますので,ついでにそのためのジャックをS石で買いました.足は三本ですが一本は要らないので切りとります.(必要なリードを切らないように.笑)
d0106518_037756.jpg

2.5mm monaural jack body without one unused lead

これに合うように,オプションのマイクジャックが付く穴の蓋に穴を開けます.
d0106518_0175887.jpg

drill two holes into the cover for two contacts of the jack

そして,穴にジャックの足を入れてセットしてみます.
d0106518_0203462.jpg

the jack body set on the cover

こんな感じにうまく付けば大丈夫でしょう.位置を決めて接着剤で留めておきます.ジャックが外部に出ているので,リード用の穴を内側から接着剤でふさげば防水効果は高いと思います.

ついでフロントパネルからのPTTライン引き出しです.
d0106518_0223220.jpg

inside of the controller

テスタで当たると(当たらなくても分かるけど)上の図の1番と2番につなげばいいのですが,2番は左側に広くなっているところがありますので,ここからとりました.で,さっき付けたジャックとつなぎます.
d0106518_0245391.jpg

the controller with modified PTT output

早速バイクに取り付けてみます.フロントパネルはハンドル中央部のちょっと左,PTTボタンは左のグリップの内側につけてみました.PTTはマジックテープで付いているので,場所が気に入らなければ移動できます.写真では左手の親指でPTTを押している様子が確認できるかと思います.一応動作確認も出来ました.
d0106518_0272981.jpg

all set!

しばらく使ってみてベストな位置を見つけ出したいと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-31 00:33 | 無線設備・レストア | Comments(3)
赤ボニーは無線機一台(VX-7)をハンドル周りに装備しますので,バッテリーからの配線を以下のように行いました.
d0106518_024569.jpg

power line for red bonnie

使用しないときには目立たないように powerpole™ を使っています.対して緑ボニーはちょっと面倒くさいことになってます.
d0106518_051732.jpg

power line for green bonnie

ハンディ機は使わないとき外しますが,FTM-10Sは常時接続しています.しかしこれの暗電流が約10mAあるようです.となると,毎日のようには乗っているわけではないので,動かさない期間が長くなると心配になります(*).そこでリレーを使うことにしました.無線機の本体はシート下のバッテリーそばに置きますが,フロントパネルと,ナビ用の電源ラインはタンクの下を通してハンドルそばまで持って行きます.ナビはいつも使っているわけではないので,DC/DC手前に powerpole を付けることとして,それを目立たないところに配線しておきます.ナビを使うときだけ,DC/DCをナビとの間につけるわけです.そんなわけで無事に電源部の配線が終了しました.


(*)Bonnevilleについているバッテリーは10Ahです.満充電でも計算上は40日位で空っぽになります.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-31 00:07 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

基台を付ける

赤ボニー(Triumph Bonneville 2001 in color Red)導入に伴い,両車両に無線機を取り付けることにしています.既存の緑ボニー(same model in Green)の無線システムは
TRX: Vertex Standard VX-7
ANT: Maldol EX-104F
Base: Diamond KB2
Cable: SMAP-MJ
Headset: Adonis HP-1000K
となっていました.新規に FTM-10SJMK を導入したので,私の緑ボニーにそれを付けることにします.そうすると無線機側のコネクタがMになるので,今まで緑ボニーに使っていたケーブルを赤ボニーに移植することとなり,両車両共にタンクを外しての作業となりました.結構これが面倒くさいわけですな.結局交換せずに済んだのは基台だけです.しかし,この基台も FTM-10SJMK にセットで付いてきた AMK-1 はちょっと遺憾な点があります.
d0106518_0581966.jpg

Antenna base AMK-1 by Vertex Standard

これに対し,緑ボニーで使っていたのは,第一電波工業のKB2です.
d0106518_0592558.jpg

Antenna Base KB2 by Diamond

両者を比べて分かると思うのですが,アンテナの角度調整が AMK1 では出来ないのです.ナンバープレートが地面に垂直になっているならばそれでも構わないのですが,そういうバイクってそんなに多くない気がします.大体のバイクではプレートが上に傾いでついてますから,AMK1でアンテナを付けると,エレメントが前のめりになってしまうのです.あまり格好良くないですねぇ.とりあえず赤ボニーの方は常時アンテナを付けておくわけではないので,我慢することにします.赤ボニーオーナーの妻が不平を言ったら KB2 を買ってあげることにしましょう.
さて,両ボニーの無線システムですが,以下のようにする予定で作業しています.

緑ボニー
TRX: Vertex Standard FTM-10S
ANT: Vertex Standard YHA-M10(AM放送対応)
Base: Diamond KB2
Cable: COX-2MM
Headset: Logitec LBT-HS200C2 Bluetooth headset

赤ボニー
TRX: Vertex Standard VX-7
ANT: Maldol EX-104F
Base: Vertex Standard AMK-1
Cable: SMAP-MJ
Headset: Adonis HP-1000K

赤ボニーの方の作業は概ね終わりましたが,緑ボニーはナビ(ミニゴリラ)の電源(5V)系の配線もあるので,まだ終わってません.風邪もだいぶ良くなってきたので,一気に仕上げてしまいたいものです.

さて,この blog には FTM-10SJMK で引っかけてご覧になってる方もいらっしゃると思います.あくまで個人的ではありますが,ここまでの感想で言いますと,JMK(セット)にする必要はないように思います.アンテナはもちろんAM放送対応ですし,セットにするとお買い得なのは間違いないのですが,付いているアンテナ(YHA-M10)のデザイン(設計*)がいまいち気に入らなかったり,そもそも多分AMラジオを聴くことは殆どないだろうし,アンテナ基台もちょっといただけない構造だったりします.結局気に入らないからと他社製品で買い直すと,これらがゴミになってしまいますから,よくセット内容を吟味して,このセットがいいんだ!という判断をしてから買うべきです.少なくとも私は(例え他社製品でばらばらで買って高くなっても)JMKにしないほうがよかったかなと思っています.バイクは趣味性の強い乗り物なのですから,付属システムも洗練されたデザインのものをJMKに入れて欲しかったです.


バイク用のアンテナは接触しても曲がるようにバネがはいっていたりしますが,このアンテナは先は刺さらないように玉がついている(これがあまり格好良くない)ものの,根元にバネが入っておらず曲がるようにはなってないので,いずれ疲労して折れるような気がします.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-29 01:14 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

納車

懸案事項であった Bike X がついに納車されました.
d0106518_1101776.jpg

Triumph Bonneville siblings

見た感じでは私(左)のと色違いなだけで塗り分け方が一緒だし,どうも年式は同じように見えるのですが,初度登録から推測すると右は2002年モデルっぽいのです.これはいったい?そういえばどこかにVINとの対応表があったような...で,あるとすればジョンブル魂さんだなと思い,探すとありました.フレームナンバー対応表です.寅吉さんありがとう!で,これを見ると VIN から判断される年式は2001年でした.ということは,半年以上登録されないまま在庫されていたものだったのでしょうかね.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-26 22:25 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

FTM-10S 導入

FTM-10SJMK 買いました.FTM-10S のバイク用マウントキットと本体のセットです.人気があるからか「あまり値引けなくてごめんねぇ〜」とF無線の店長さん.まあそれでもそこそこの値段ですから我慢です.BU-1 (Bluetooth unit)をフロントパネルを開けて付けたのですが,ついでに見てみるとうまいことPTTを引き出せそうな予感(*).あと,BH-1(純正の Bluetooth headset)は在庫無しなので,とりあえずI丸に行って,ロジテックの携帯電話用を買ってみました.バイクへの取り付けの様子はまた後ほどレポートします.
d0106518_10123416.gif
Logitec Bluetooth headset

[PR]
by jq1ocr | 2007-10-21 14:56 | 無線設備・レストア | Comments(5)

Bluetooth headset for FTM-10S

FTM-10S の純正オプションである Bluetooth headset BH-1 は販売店によると入荷は今月末ではないかということなのですが,確定事項ではなさそうです.それに BH-1 はマイク部分のアームがちょっと短いので,うまくヘルメットに仕込めるか分かりません.私のヘルメットはフルフェースではないので,ちゃんと送信できるか微妙なのです.で,候補に挙げているものは,こんな感じのもの.
d0106518_1345118.jpg

オートバイ用 Bluetooth hands-free headset "SCALA RIDER"

これは FTM-10S と組み合わせても動作するらしいのと,マイク部分のアームがしっかりしているので,フルフェースでなくても大丈夫そうです.ただし,フルフェースじゃないと,高速でキツイみたい.まあ私はそんなに飛ばさないので大丈夫だとは思いますが.

基本的には Bluetooth は VOX で運用するようになっているらしいのですが,バイクだと結構制御が難しそうです.フロントパネルのPTTボタンで送受が切り替えられるそうなのですが,パネルからなんとか線を出せれば,PTTボックスを自作できるかも知れません.パネルにマイクジャックを付けて,そこに付けられれば一番楽なのですが,それだと音声入力がマイクジャック側になってしまうようなので,それは使えません.なので,前者の方法がもっとも現実味があるわけです.まあこの程度のことはソフトでどうにでもなる話なのですから,バーテックススタンダードさんには,是非これを改善してもらえればと思っています.(パネルに付けたジャックからBluetoothマイクの為のPTTを取り出せるようにするということ)
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-20 01:44 | 無線設備・レストア | Comments(2)

またまた Scrambler

JRA の CM に Scrambler が出ていますね〜.
d0106518_1904652.jpg

Triumph Scrambler on an ads film of JRA

見たところ,2007年モデルの後期型みたい.おじさんが乗っても絵になるバイクですね〜.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-18 23:02 | 徒然話 | Comments(0)

New rig for Bonneville

今度もう一台バイクを買うので,それに搭載する無線機を検討していますが,本当はこうしようと思っていました.
d0106518_0527100.jpg

New radio system for next coming motorcycle

無線機本体は FTM-10S .これは表示部分に加え,本体も防水になっているすぐれもの.ただしうちには VX-7 という防水ハンディ機があるので,決定打はなりません.それがどうしてこれにしようと思い立ったかというと,なんといってもヘッドセットに特長があります.なんと Bluetooth 接続されたヘッドセットが使用できるのです.従来バイクでは途中で外れるようになっているとは言っても,ケーブルでバイクとライダーがつながっていました.これは意外と乗り降りに気を使いますし,めんどうくさい.Bluetooth接続になれば一気に解決します.この機種を選ぶ理由はこれに限るといっても良いでしょう.

買おうと思って調べてみると,本体や他のオプションは意外と入手できるのですが,このヘッドセットが全く入手できません.これがないと,この機種を選択する理由がなくなりかねません.もう一台バイクが来たら,来月早々にはツーリングに行くことになっているので,それまでに入手できなければ,従来からあるマイクセットを買うことも検討しなければなりません.それも10kくらいはしますから,一度これを買ってしまうと,もうしばらく(壊れるまで)は Bluetooth タイプを買うことはないでしょう.

販売店によると,いつ入荷するか,メーカ側さえもスケジュールが分からないそうです.こんなことでは商機を逸しますよね.残念ではありますが,ダメそうだったら今のと同じように,VX-7 + アドニス,という組み合わせになることでしょう.
d0106518_0334258.jpg

current radio system for my Bonneville


あ,そうそう,携帯電話用の Bluetooth ヘッドセットも使えるかも知れないのですが,PTTスイッチが受話ボタンにアサインされるようで,ヘルメットをかぶってしまうとスイッチ出来ません.でもこれは純正マイクでも同じようなので迷っています.フロントパネル内に手を加えてPTTが取り出せるといいのですが....大丈夫かな?ちょっとここも重要な点なので,詳しい人に聞いているところです.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-18 00:14 | 無線設備・レストア | Comments(0)

Tuck Everlasting

d0106518_2345418.jpg
Tuck Everlasting (2002, Walt Disney, USA)

トライアンフファンであればみんな知っているウェブサイト「ジョンブル魂」の一コーナーでトライアンフが出てくる映画が紹介されています.この中で Tuck Everlasting に Bonneville が出てくると書いてありました.それも私のと同じカラーで,良く見ると 2001 年式で,まったく私のと同じです. ^^
冒頭からいきなり出てきますが,ミラー部分のメッキでカメラなどが映る所為か,つや消しに何か塗られていました.ボニーの魅力半減?物語の殆どは昔話なので,ボニーは出てきません.出てくるのは最初と最後の現代のシーンのみ.ちょっと残念.冷静に考えると,不老不死の主人公がどうやって免許を取ったり,バイクを買ったりできるのかとか細かいところも気になりますが,ストーリーには関係ないのでよいことにしましょう.話としては華々しいシーンもないし,インド映画みたいだなぁとか突っ込みがはいるところもありますが,最後は結局ちょっと良い話だなぁと思いました.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-17 23:14 | 映画 | Comments(0)

DVORAK キーボード

パソコンのキーボードって売っているのをみますと,キートップにアルファベットとかなが書かれているJIS配列が圧倒的に多いですね.しかし,これを使う人のうちの多くは,かな入力もしないようなのになぜJISキーボードにする必要があるのか,いまいち理解に苦しみます.そういう私はASCII配列といういわゆる英語キーボードを使用しています.まあこれも理由がいくつかあります.最初のきっかけは単なる流れでこうなったというのが正解なんですが.....ちなみにJIS配列でもASCII配列でも市販されているほとんどのキーボードは,アルファベットは左上がQWERTYの順番になっているので,俗にQWERTY(クウェルティ)配列と呼ばれています.

この配列はご存知の方も多いとは思いますが,機械式タイプライタの構造として,連続しやすいい文字が近隣にあるとタイプのアームが絡みやすくなるためと言われています.すなわちあまり入力速度が速くならないようにしているとも言えるわけです.しかし,現在のPCにおいてはこのような機構的制限はないので,この配列は決して効率が良いとは言えません.そこで考えられた配列が DVORAK(ドボラックあるいはドボルザーク)配列と言われています.キータイプ世界最速の人はやはりこの配列を使っているらしいです.

ところで私の使っているマックでは,昔この配列のキーボードがあったようなのですが,今では入手は困難なようです.そこで職場のマックに新しいキーボードを買ったので,不要になったキーボードをDVORAK配列にしてみることにしました.
d0106518_17543087.gif

新しく買ったキーボードはqwerty


作り方はとても簡単です.キートップを傷つけないように外します.そして,DVORAK配列になるように入れ替えて戻すだけ.キートップの形状(角度)が列によって異なるタイプのキーボードではこれをすると格好悪くなってしまいますが,最近のキーボードは安く作っているためか,角度が全部同じなんですね.なので入れ替えても全く問題ありません.(自分も真似をしてみようという人は必ずキートップの形状を観察して入れ替えても問題ないことを確認してくださいね.私は一切の責任は持ちません)

キートップをパカパカ外して,入れ替えたらこんな感じになります.
d0106518_17145558.jpg

Apple Keyboard in Dvorak layout

ん?よく見えませんか?ではキーボード部分を拡大してみましょう.マクロで撮ってソフトでマージしたので,ちょっと変なところもありますが,ご容赦下さい.
d0106518_1716417.jpg

close view of Dvorak layout


もちろんこのままつないでもマック本体側は dvorak だと認識はしませんから,設定を替えます.言語環境の入力メニューの dvorak にチェックを入れればOKです.キーボードを qwerty と dvorak の二つつないでおいて,入力メニューで dvorak にした時には dvorak キーボードを使うという作戦も可能ですね.

早速使ってみましたが,慣れないので全然ダメです.もうちょっと練習して,うまく使えるようになったら,私の使う全部のマックのキーボードを dvorak にしちゃおうと思っています.(キートップを入れ替えるだけ)しかし本気で移行するなら,qwertyに触らない環境じゃないといけないかも知れません.

調べてみますと,dvorakにすることによって,タイピング速度が10%ほど向上したり,ホームポジション付近がよく使われるので,運指距離が非常に短くなって腱鞘炎の予防にも成るらしいです.私の場合は qwerty でもホームポジションが上下に浮いて移動するという独特な入力を行っているので,指を内側に折り曲げず,腱鞘炎にはならないのですが,更に疲労が少なくなるようなので,昔から興味があったのです.

余っているキーボードがあったら挑戦してみては如何でしょうか.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-17 22:35 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)