アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Bluetooth headset

FTM-10S 用のヘッドセットですが,以前買ったものが(物理的に)壊れてしまったので,もっと使いやすいものを探していたところ,このようなものを発見しました.
d0106518_23341921.jpg
Bluetooth headset "COOLROBO" BSH-01 by Daytona
これの特徴はなんといっても乾電池(単4が1本)で動く事です.動作時間は連続で約6時間とのことですが,他の製品が電池切れになった場合充電しなければならないのに対し,電池さえ交換すれば続けて使用できるところがツーリング向けではないかと思います.単三が入ればもっと電池のもちはよいと思いますので,着荷したら改造できるか確認してみます.

【3/1追記】着荷したので早速ヘルメットに取り付けてみました.現品を見ての感想ですが,まず防水性については全くありませんが,防水カバーがついているので,これを取り付ければそこそこいけるかも知れません.マニュアルを見ないでカバーを取り付けようとするとうまくいかないようなので注意しましょう.(ここから入れるのではと思われるフタからは取り付けない.笑)ペアリングは FTM-10 側の ID を 0000 に変更して行います.走行試験をまだ行っていないのですが,音量が足りるかちょっと不安を感じます.また使い勝手について報告したいと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-29 23:40 | 無線設備・レストア | Comments(5)

鋸山

昨日からさっきまで出張で木更津方面に行っていたのですが,帰りがけに鋸山に行きました(一応仕事登山?笑).山登りは大嫌いなのですが,ここは整備されており,階段でつながっています.しかし,それはそれで疲れました.
d0106518_1816973.jpg

大仏が下の方にあって,上の写真の地獄のぞきは山頂にあるので,両方行くとなるとこの間を往復することになります.山頂から少し下がったところで,外国人夫婦に出会ったので "almost there!" と言ったらゼイゼイしながらも smile してくれました.笑 私だったらそんな余裕ないかも.苦笑

普段の運動不足がよくわかりますが,このままだとまずい!少しは運動せねばっと思いつつ,きっと何もしないのです.三日坊主どころか零日坊主.Do Nothing(何もしないをする)な pooh さん状態な近年の私でした.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-29 22:29 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

Mac Pro

d0106518_1201958.jpg

注文していたのが届きました.現在アプリのインストール中です.本体が大きいですね.以前使っていた PowerMac に比べて二回りくらい大きく感じます.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-28 01:24 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

lamination

米国アマチュア無線局免許をようやく切り抜いてパウチ(laminate)しました.
d0106518_1842261.jpg

携帯用(for wallet)は小さいので,自宅用(for framing)もついでに一緒にパウチしました.それでも B4 のフィルムで足りました.あまり小さなフィルムがない場合は,これだけのためにフィルムを使うのはもったいないと思ったのです.携帯用は折り畳んでパウチしたので裏に書いてあった注意書きは見えなくなりましたが,自宅用と同じ内容なので大丈夫.

免許自体にも書いてある(*)のですが,レーザープリントなので場合によると接触面に文字がうつってしまうことがありますので,自宅用もついでがあったらパウチしておくほうが無難かと思います.

ちなみに免許の紙の表面には ★CHECK PROTECT★ と白く印刷されているんですね.パウチして初めて気付きました.笑

(*)原文は以下のようになっています.
The Commission has found, under certain circumstances, laser print is subject to displacement.

[PR]
by jq1ocr | 2008-02-26 23:51 | 資格・免許 | Comments(0)

人の為は自分の為

今日,通勤途中のことです.ある小さな交差点(横断歩道有)の信号が赤になっていました.ここは交通量も多くはないので,車が来ないことを確認して,いつもは信号など見ないで渡っているところです.しかし,今日に限って通学途中の小学生(低学年)が向こう側からこちらに渡ろうと待っています.おまけに私を見ています.

ここで葛藤が生じます.これが大人なら気にしないで渡ってしまいますが,子供の前で赤信号を渡ることで,この子がいつか真似をしないとも限りません.当然私は車の動きを見て,絶対大丈夫だと思って渡っているわけですが,子供にはそんなこと分かるはずもないのです.ここは大人が見本を見せるべきだ,と思って信号が青になるまで待っていました.待っているわずかな時間を惜しく思う気持ちと矜持とのせめぎ合いがありました.笑

青になり歩き出します.職場までそこから更にいくつかの交差点があるのですが,全て青で止まることはありませんでした.あぁ,なんだ,そういうことか.と気付いた通勤時の出来事でした.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-26 22:34 | 徒然話 | Comments(2)
高いほうの周波数で遊んでいるアマチュアにとって N 型コネクタというのはある意味標準的なものですが,マイクロ波を扱う場合は最低ラインの規格です.(M 型コネクタはこういった関係の職場では多分使われていません)SMA(互換)はアマチュアでも近年なじみが出てきたと思いますが,他にもたくさんの規格があります.

その話は後日においておくとしまして,N 型コネクタの N ってなんでしょう.無線機屋でバイトをしていた時は「ナンシー」と呼んでいました.これは単に phonetic なのですが,これは由来からは当たらずとも遠からずだったりするのです.

Agilent の方の話によると,最も多い噂は Navy らしいのですが,私の周りでこの説を唱えている人はいません.どうも米国ではそういう話になっているらしいです.しかし,実際は開発者の名前が由来なのです.

N 型コネクタは太平洋戦争中にレーダに使用する為に Bell 研の Paul Neill 氏の開発チームが作ったものなのですが,彼らはマイクロ波の専門家ではなかった為,GHzオーダでの性能が出ず,改良されて現在の形になったそうです.実際は N 型コネクタにも種類があり,Agilent の Julius Botka 氏によって改良されたスロットレスタイプの N 型コネクタはかなりの高性能と言われています.現に Agilent の測定器に使われている N 型コネクタはこのタイプです.

ちなみにアマチュアでは特性インピーダンスが 50 Ωのシステムを使うことが多いのですが,75 Ωの N 型コネクタというのもあります.この場合は中心導体が細くなるのですが,外見は似ている為,間違って75Ωのメスに50Ωのオスを接続すると破損してしまいます.まあ 50 Ω で統一していれば大丈夫ですが.....

なお SMA でも安いコネクタでは精度が出ていないものもあり,そういうコネクタを高価な測定器に勘合させようとすると破損することもあるのですが,破損になかなか気付かないこともあるので,コネクタはけちってはいけない,そして扱いに注意しなければならない部品の一つです.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-25 23:25 | 徒然話 | Comments(6)

Custom Plate

AVOさんのブログを見て思い出しました.米国の車のナンバープレートは別料金を出すとカスタムプレートを選ぶ事が出来るんです.以前書いたと思いますが,私は日本のコールのプレートを使っていましたが,米国のコールだと非常時の連絡のボランティアが可能なので,プレート代や年間の利用料が安いのです.で,自分もこんなプレートが欲しいなぁと思って,DMVのサイトでカスタムプレートのイメージ画像を作ってみました.
d0106518_23351833.jpg
My callsign on NYS Custom License Plate (imagined)
今度向こうで車を買う事があったら,こういうプレートにしようっと.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-23 23:36 | 徒然話 | Comments(0)
まず私の名前を「ソウダ」(仮名)ということにしてみましょう.これを最初に書いとかないと話が通じなくなるので,前置します.

長年公私共に英文で綴る時は SOUDA としていました.クレジットカードとかも多くはこのスペルです.しかし,学生時代に初めてパスポートを取る時に,これの綴りはなんでもヘボン式という太古のルールに拠らなければならず,そうなると SODA となるというのです.「それでは「ソダ」さんや「ソオダ」さんと同じになってしまうじゃないか,飛行機が落ちたりした時,乗客名簿から作られるリストは「ソダ」となるんだぞ,それは断じておかしい」と詰め寄ったのですが,所詮窓口に言ってもどうにもならず,SODA でパスポートがおりることになりました.まあ旅行するくらいなら我慢するかという浅はかな考えだったのです.

しかしその後仕事で渡米することとなり,事態は複雑になってしまいます.パスポートが SODA なので,自動的にビザも同様となり,そこから SSN (Social Security Number) や,運転免許までそのスペルになってしまいました.一方,仕事では SOUDA だったので,職員のIDカードや銀行口座などは SOUDA です.SSN は米国での生活の基礎になるものなので,他とあわせて SOUDA にして欲しいと依頼したのですが,日本政府の文書(SODAと綴っているが発音は SOUDA と同じになるという一筆)がないとダメだといわれ,領事館に行ったものの「当方ではそのような書類を作成する権限はありません」ときました.おまえらの意味不明な古い法律のおかげでこっちが大変なことになっているのに,何を言っているんだ!と怒りまくりましたが,まあ末端職員にかじりついたところでどうにかなる話ではないのであきらめざるを得ませんでした.

結局政府関連は SODA になり,それ以外は SOUDA になるという状態で過ごすことになります.サインはパスポートも含め SOUDA でしていますから,いろいろな場面で不整合が出てきてしまうのです.このようにガマンを強いられ,不都合はありながらもなんとか帰国まで生き延びたのでよしとするしかありませんし,過去の話にしたかったのですが....

時は経ち先日の FCC 免許です.パスポートが SOUDA なので,一応 FCC への登録もそれでせざるを得ません.しかし,ARRL会員としては日本のコールになっており,そのスペルは SOUDA なので,これを米国コールにするときや,ARRL/VEC の登録との不整合がでてきてしまいました.またげんなりする現実がやってきたのです.どこまでも祟られる現実に辟易としてしまいますね.

で,話は変わりますが,パスポートが切れたので,申請しに行こうと思って調べたところ,今は「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」というのを出せば SOUDA にできるようなのです.(長音に関しては実際に SOUDA の入ったクレジットカードでもいいらしい)遅すぎだよ!ここまでこんがらがったので,今更 SOUDA にすると,また面倒くさいことになってしまうのです.現在はビザは切れているので,ここで様々な書類を変更するとかえって不利が生じることになるのも大きな理由です.

ちなみに韓国では例えば李(リ)さんは,Lee とか Rhee, Ree, Yi など自由にスペルを選ぶことが出来ます.昔に改名を強いられた経験から,名前の大事さというのは彼らの方が知っているのではないかと思いました.日本はそれに比べ,なんとダメダメなんだろうと思っていたのですが,ようやく追いついたのですね.昔しかし,もう十年くらいは早くやってほしかったです.ヘボン式なんてのは,どう綴るべきか分からない人の為のガイドであって,本来はある程度の範囲内で自分でつけるべきなんですよね.

とりあえず,遺憾ではありますが今回は SODA でとって,そのうちビザありで渡航する時に,SOUDA に書き換えて,向こうの書類を全部書き換えてこようと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-22 23:00 | 徒然話 | Comments(0)

工具の本2008

d0106518_16304478.jpg

工具の本2008

購買に行ったら「工具の本2008」が出てました.早速1冊ゲット.あと1冊しかないので,同じ職場の後輩(多分工具フェチ)に内線で連絡.数分後に「買いました〜」と内線が.....これで彼女も工具フェチ容疑確定.笑

さて本号の内容ですが....

まずはアメリカのガレージの記事.前にもありましたけど,今回の方が deep な感じです.あとは色んなところを取材してます.結構面白い.私はファクトリーギアは好きだけど,Deen には興味がほとんどないので,ここで他と並べられても....と思うのですが,ファクギが一枚も二枚も噛んでいるので仕方ないところか.....でもあまりでしゃばり過ぎてもないから,面白い雑誌を作ってくれてるのに免じて許しましょう.笑

ところで,最近のモデルってグリップがエラストマとかで出来てるのが多くなっていますよね.個人的な工具趣味からすると,これはちょっと遺憾なことです.いや,実際に使う時には新しいうちはいいと思うんですよ.しかし寿命を考えると,人間から工具に歩み寄らざるを得なかった昔の方が,趣味心をくすぐるんですよね.私はプロじゃないから,工具のほとんどは消耗品というわけではないため,やはり経年変化のより少ないもののほうが安心して買えるんです.プロもみんながみんなこういう変化を望んでいるわけじゃないと思うのですが,どうでしょう?
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-22 08:47 | 工具・道具 | Comments(0)
データを持ち運ぶのに安物の USB メモリを使用しようとしたら,転送に結構時間がかかるんですね.かえって DVD-R の方が時間が読めたりします.で,あるデータを DVD-R に焼いたのですが,用が済んでも,内容が内容だけに,廃棄は慎重に行わなければなりません.

簡単なのはヤスリでがりっとやっちゃうことかと思ったのですが,後輩が「それだと修復できちゃいますよ.もっといいのはラベル面をドライバではがすんです.」というので,早速やってみましたが,うまく削れません.

どうも安物の DVD-R だとあっさりとラベル面がはがれて,データが破損するらしいのですが,今使っている DVD-R は国産一流メーカーだからか,このくらいでは全くデータ面に傷がつかないのです.

結局,ニッパーで内側からバリッと割って捨てました.高級な DVD-R はこういう用途には不向きですね.そもそももったいないお化けが出ます.一番いいのは,高くても転送速度の早いメモリを使うことですね.
[PR]
by jq1ocr | 2008-02-20 22:45 | 徒然話 | Comments(0)