アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2008年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今月のQSLカードから

さっき佐川で届きました.ぱらぱらっと見てみた中からご紹介します.まず目に付いたのは一番上に入っていたこれ.
d0106518_16524713.jpg
去年の全市全郡の参加証ですね.出たことさえも忘れていましたが,見ると
電信電話部門
シングルオペ 144MHzバンド
総得点 25,376点
関東地方 第7位
と書いてあります.あれ?2mなんかで出たっけ?と思って,ブログを見返してみると(日記ですね.笑),移動するのも面倒なので,家から出たと書いてありました.そういえば,そんなこともあったような.自宅は非常にロケが悪いので,なるべく低い周波数帯のほうが有利なのですが,そのときに使えるアンテナがGPだけだったので,その中の一番低い周波数である 144MHz に出たような記憶があります.笑

しかし,この7位っていいのかどうか分かりません.で,結果のページを見てみると....
1 JQ1KDM/1 465 204 94,860
2 JG6JRH/1 456 195 88,920
3 JO1SIM 408 195 79,560
4 JO1GPY 341 176 60,016
5 JH1TJP 255 138 35,190
6 JJ1CCE 225 139 31,275
7 JQ1OCR 208 122 25,376
37局エントリーしていたので,4分の1くらいのところということになりましょうか.3位までが入賞なようなので,局数ベースで倍やらないとだめと言うことになりますね.うちのこのロケでは仮に達人レベルでも無理だな〜.やっぱり移動しないと無理か〜.その前に根性ないから無理だろ,というのは言わないように.笑

QSLのほうはどれがいいかなぁ.迷いますが,ちょっと懐かしい雰囲気を感じたので,これにしよう.
d0106518_1721513.jpg
QSLfrom 7L2SXY/1
結構昔の話になるんですけど,20年くらい前に6mではアイドルカードが流行っていたんですよね.おにゃんこクラブ時代ですよ.笑 実は私も流行に乗って作ったのですが,あまり無線しないものですから,在庫が減らず,なくなったのがようやく先日という状態でした.苦笑 今回,7L2SXY局からいただいたカードも同じ乗りかと思ったら,そういうわけではなくて,大利根町移動であったことから,大利根町出身のアイドルユニットの紹介ということで,こういうカードにしたようです.

さて,自分もカード作らないといけないな〜.どんな図柄にしようか迷います.候補としては
1. 自分の町会の神輿や山車
2. バイク
3. 旅先の感動した風景
あたりかなと思っているのですが,固定局が二局(二カ所)あるので,共通にするなら2か3かなぁと思ったりしてます.
【追記】転送されたカードを見ますと,1月のオール埼玉のカードが最新でした.また,自分が昨年末に送ったカードが今回届いているところを見ると,現在の転送は概ね7,8ヶ月ほどかかっているようですね.前はもっと速かったと思うんですけど....局数も減っているはずだし,転送量が増大しているとも思えないんですけどね〜.
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 17:00 | 徒然話 | Comments(6)

マイブーム

7年くらい前に北海道で放送されていた「水曜どうでしょう」が今頃東京では放送されているのですが,先日までやっていた「ユーコン川下り」での「荒々しいかい?」がマイブームなんです.

これは俳優(ここでは大泉洋ちゃんとか)がワイルドに男らしい行動(例えば冷たい水を浴びるとか)をして,それをディレクターに,果たして男らしいか判断してもらうというシーンのセリフです.

もちろん意味は標準語と同じく「荒々しいですか?」と尋ねているととらえても間違いではないのですが,彼らがしゃべっているのは北海道弁なので,意味合い的には「荒々しいでしょ?」に近いようです.すなわち北海道弁の文末の「かい?」は同意を求める意味を含めた疑問ということなのです(道産子の従妹の解説による).またこの「かい?」のイントネーションが微妙に標準語とは違います.内地人の私としては,この「かい?」のイントネーションを是非とも使いこなしたいのですが,どうしても自分には発音できないところに日本語の奥深さを感じている今日この頃なのでした.笑
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 16:23 | 徒然話 | Comments(0)

東北弁

東北弁とひとくくりに言っても,実はかなり多彩ですね.あれだけひろい領域なのですから,同じにまとめられるはずもないというのが正確なところでしょう.

現在下北に住んでいる従妹の話によると,以前住んでいた弘前ではかなり訛りが強かったそうなのですが,下北に引っ越ししたらほとんど訛りがないので驚いたというのです.下北で地元の人とのふれあいを持たないと分からないわけですが,大間に行ったときにお店の人と会話をする機会があり,そこで従妹の言っている「下北には訛りがない」という意味が分かりました.下北弁はイントネーションが北海道弁にかなり近いのですよ.彼女は道産子なので,北海道弁=訛りはない,と感じるようです.笑 もちろん使用する単語には違いがあるようです.

ちなみに青森方面で使われる「あずましい」という言葉.北海道でも通用はしますが,基本的に北海道では「あずましくない」という否定形で使われることがほとんどのように思います.こういう細かい違いはありますが,イントネーション的には津軽弁はかなり下北弁と違うように感じました.津軽では「え?」と聞き返すことがよくあったのですが,下北では普通に理解できたのがおもしろかったです.

ところで,遠野では地元の農家が民宿をやっているところに宿泊したので,話し相手はそこのご主人と奥さんなのですが,ご主人の言っていることは9割方理解できませんでした.なんとなくこう言っているのかな?という想像は付くこともあるのですが.笑 奥さんの方は多少なまってはいますが,ほとんど理解できるのに比べると,この差はいったいどこからくるのか?と興味深く思いました.(奥さんも多分地元の人だと思います)一応同じ日本語のはずなのに,何言っているか理解できないほど違いがある言語を操る人がいるというのはとてもおもしろいですね.
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 16:11 | 徒然話 | Comments(0)
いよいよ今日は最終日.遠野から三陸海岸へ抜け,碁石海岸を見てから帰るルートです.

まず宿の朝食.
d0106518_14444220.jpg
シンプルだけどおいしかったです.ちなみに今回利用したのは,遠野の西の外れにある「農家民宿みずき」で,頼むと農業体験やわら細工なども体験させてもらえるそうです.一泊二食で6300円でした.今回は時間の関係もあってシンプルに宿泊のみの利用でした.ちなみに宿の窓から前を見るとこんな田園地帯になってます.
d0106518_14471957.jpg
そして昨晩は天候の関係で納屋での食事でしたが,晴天であれば宿の前で屋外ジンギスカンとなる予定でした.
d0106518_14475739.jpg
チェックアウトするときに,奥さんと少し話したのですが,どうも遠野は今ジンギスカンで売り出しているらしく,別に羊を飼っているわけではないけど,何につけジンギスカンがはやっているそうです.でもおかげでおいしいジンギスカンが食べられたので,私は満足しているのですが.今度ジンギスカンマラソンなるものがあって,速くゴールするとラムの串焼きがもらえるそうです.笑 確かに道の駅でもジンギスカンののぼりが立っていたし,町おこしに使っているのでしょうけど,こういうブームは一過性なので,地の物で勝負した方がいいと思うなぁ.

宿を出て車に乗ろうとしたら,こんなものが.....
d0106518_14505629.jpg
こうなっていると無性に食べたくなりますね〜.笑

それからまた昨日いった道の駅に行きました.すると,きゅうりがこんなパックで売っています.
d0106518_14515028.jpg
カッパでもここまで大量には食べないんじゃないかな〜.笑 ちなみにこれ一袋で 500 円でした.安っ.

ついで遠野といえばカッパ伝説ですから,ミーハーではありますがカッパ淵に向かいます.常堅寺というお寺の裏にある小川ということなので,まずは常堅寺にお参りします.
d0106518_14595695.jpg
それから左の方から裏手に回ると,こんな小川が....
d0106518_1503599.jpg
実はさっき道の駅できゅうりを買っておいたので,これを一つ岩の上に置いてカッパを待ちます.
d0106518_15323991.jpg
.............いくら待ってもカッパは出現しませんでした.笑 仕方ないので,小さなほこらのカッパ像にお供え(*)してから帰ることにしました.

もう一つ大きな木像があるという福泉寺にも寄ってみることにしました.ここは若干商業的な匂いがしました.苦笑 というのも,寺は山のような坂の上にあり,そこにいくには歩いていくか,車で行くかという選択ができるのですが,入場料がそれによって違うんです.下の駐車場(これは無料)にとめて,歩いて登る場合は300円(一人当たり)ですが,車で上まで行く場合は500円(一人当たり)なんです.ゲートでデイケアの車が止まっていましたが,上まで歩いて上がるにはきついし,だからといって一人500円は出せないし...という感じで,迷ったあげくそのまま帰って行ったのを目撃しました.苦笑 このお寺は比較的新しいみたいで,仏像も結構新しいです.一つくらい建物を紹介すると...
d0106518_15221074.jpg
多宝塔です.本堂の隣にあるのですが,本堂は工事中で足場が組んであって,見た目がよろしくなかったです.

さて遠野はこのくらいにして,三陸海岸へ向かいます.昼食時間が半端になってしまったので,道の駅でお茶を濁そうと思って頼んだのが,これ.マグロとホタテです.
d0106518_15241213.jpg
あまり期待してなかったのですが,ホタテが新鮮で,醤油をかけると動き出すほどです.ちょっとキモイけど,めちゃおいしかったです.笑 さらに南下して碁石海岸へ.この近くに乱曝谷というところがあって,ゴゴゴーーッという地鳴りのような音がする雷岩というのがあります.
d0106518_15275425.jpg
岩の下の海食洞穴に打ち当たる波が,その中の空気を圧縮して独特な音を響かせるとのことです.おもしろいですね.

ここまでで夕方になってしまったので,一路東北道をひたすら南下して帰宅しました.帰りも眠気との戦いでした.


(*)大人な事情をお話ししますと,こういうところには食べ物や生花をお供えしがちですけど,放置すると腐ってしまうため,ちゃんと管理している人たちが居るんですね.彼らは食べ物を下げたり,まわりをきれいにしたりしています.多少のお金もかかることですから,こういうところに行った場合は楽しませてもらったお礼という意味で多少なりともお賽銭を入れていくべきだと思っています.

【走行距離】660km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 15:33 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

北東北旅行 - day 5

今日は駒ヶ岳から小岩井農場に行き,盛岡経由で遠野へ向かいます.まずは小岩井農場といえば,このソフトクリーム.食べながら作戦会議です.
d0106518_1028257.jpg
遊具(シーソー)に乗ってみた二人.圧倒的なパワー(?)でY君(左)の勝利.
d0106518_10284120.jpg
近くで sheepdog show があったので,のぞいてみました.
d0106518_10295284.jpg
あまり言うことを聞かないので,お姉さんは大変そうでした.終わったらふれあいタイム.子供たちが群がっています.が,「怖いよ〜」とか叫んでいる女の子とか続出.笑 ちなみにこれがさっきの迷犬です.
d0106518_1032119.jpg
この一頭だけではないらしいので,他のはもっと見事かも知れません.というか,実は羊の方が賢そうな感じで,自分たちがどこに行けばよいか知っているようです.笑 で,その賢そうな羊です.お兄さんから餌をもらって,それを羊にあげることができます.餌はペレットと乾燥コーンの混合でした.
d0106518_10335735.jpg
羊は手から餌を食べるのが上手で,こちらの手も汚れないのですが,鼻息が荒いので,子供がびっくりしたのかも知れません.
昼食は場内のレストラン,カサ・デ・プラドで豪勢にいきました.私の頼んだものはヒレステーキです.本当はサーロインにしようと思ったのですが,売り切れてました.
d0106518_1037565.jpg
その後,岩手県立博物館を見学してから,盛岡にて合宿は解散しました.私たちは遠野まで南下して民宿にチェックイン.納屋でジンギスカンを食べました.
d0106518_10382367.jpg
今日は肉率高いな〜.
【走行距離】170km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 10:39 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

北東北旅行 - day 4

今日は十和田湖を出発し,八幡平によってから田沢湖に向かいます.まずは R341 から八幡平の入り口にあたる大沼に立ち寄りました.大沼はこんな感じです.
d0106518_940697.jpg
この沼の周りに遊歩道が整備されていまして,そこをみんなでぞろぞろ回ります.
d0106518_9404085.jpg
ビジターセンター脇の小道を入っていくと泥火山というのがありました.
d0106518_9411393.jpg
熱い泥が火山性ガスとともに吹き出ており,このような形になったようです.

それからアスピーテラインを上って八幡平へ.
d0106518_942367.jpg
遠くを見ると一部崩落している場所が見えました.地震の影響でしょうか.交通に支障はありませんが,いろんなところが被害を受けたものと思われます.

また戻って田沢湖方面へ南下しますが,途中に玉川ダムというのがあったので立ち寄りました.
d0106518_946663.jpg
ここではダムカードゲット.これから脱ダム時代に入るんじゃないかなと言うこのご時世というのもあるし,コンセプト的にはなんだかなぁと思わなくもないけど,もらえる物はもらってみました.で,なんかちょっとおもしろそうだな,集めてみようかな,と思った私は既に国土交通省の策略にはまっているのでした.笑
d0106518_955818.jpg


今日の目的地,田沢湖ではみんなボートに乗ることになったようで出航しました.後から私も行きたいと思ったのですが,一人ではどうにも追いつけそうにないのであきらめました.みんな速いなぁ.
d0106518_9571931.jpg
ここではいくつかの知見が得られたそうです.
・スワン号は男同士では燃えない
・それでもローボートよりスワン号の方が速い(二人で漕げるからかな)
・力持ちのY君は全然漕ぐのが下手
というわけで,期せずして私も入ってしまった残留組は田沢湖一周(CW)に出かけました.で,お約束の辰子像(*).
d0106518_1002758.jpg
さらに御座石神社では変化(へんげ)したあとの像も発見.
d0106518_1015259.jpg
それから乳頭温泉郷に行って宿泊となりました.
d0106518_1031719.jpg

(*)辰子姫の伝説について仙北市の説明を引用します.
田沢湖が田沢潟と呼ばれていた頃、院内にまれにみる美しい娘、辰子がいた。辰子はその美しさと若さを永久に保ちたいものと、密かに大蔵観音に百日百夜の願いをかけた。満願の夜に「北に湧く泉の水を飲めば願いがかなうであろう」とお告げがあった。
辰子は、わらびを摘むと言ってひとりで家を出て、院内岳を越え、深い森の道をたどって行くと、苔蒸す岩の間に清い泉があった。喜び、手にすくい飲むと何故かますます喉が渇き、ついに腹ばいになり泉が枯れるほど飲み続けた。
時が過ぎ、気がつくと辰子は大きな龍になっていた。龍になった辰子は、田沢潟の主となって湖底深くに沈んでいった。
一方、辰子の母は娘の帰りを案じ、田沢潟のほとりに着き、娘が龍になったのを知って悲しみ、松明にした木の尻(薪)を投げ捨てると、それが魚になって泳いでいった。後に国鱒と呼ばれ、田沢湖にしか生息しなかった木の尻鱒という(田澤鳩留尊佛苔薩縁起より)
さて、十和田湖を南祖坊に追われ、男鹿半島に八郎潟をつくり主となった八万太郎は、毎年秋の彼岸の頃、田沢湖に恋人の辰子を訪ねて冬を過ごすため、主のいない八郎潟は凍りつき、2人の龍神が住む田沢湖は冬の間も凍らない湖として知られている。(三湖物語より)

【走行距離】130km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-31 10:08 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

北東北旅行 - day 3

今日は職場の合宿旅行に合流です.八戸集合で,まずは八食センターで昼食.N君が馬刺しを食べたいとのことで,みんなで食べている様子です.
d0106518_12413995.jpg
私が頼んだのは「うに・いくら丼(\1980)」いや〜,結構うまかったですよ.
d0106518_1243015.jpg
その後,十和田方面に移動.有名な奥入瀬渓谷を軽く通過です.苦笑
d0106518_12432093.jpg
もしかしたらという一縷の望みにかけて,展望台へ向かいます.ごらんのように十和田湖が一望....できませんでした.
d0106518_12442426.jpg
ホテルに到着後,こんな夕ご飯を食べてさくっと寝ました.
d0106518_12445391.jpg

【走行距離】150km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-30 23:45 | 旅行・ツーリング | Comments(2)

北東北旅行 - day 2

今日は下北半島を一周しようと思いましたが,疲れからか寝坊してしまったので,二大スポットに絞りました.
・恐山
・大間岬
下北から恐山は三十分くらいで行けますので,お手軽デートコースにもなりそうです.笑 入場料は500円.中にはいろんな地獄のジオラマがあります.要するに東武ワールドスクエアーの来世版みたいな感じで,地獄がどんなところかを説明しているようです.例えば血の池地獄はこんな感じ.
d0106518_1219171.jpg
また他にも荒涼とした風景があります.
d0106518_12195212.jpg
温泉が湧いて硫黄分が出ているところって植物がなくて荒涼としていますよね?あの風景をうまく使って作っている感じがします.で,温泉も入場者は無料で入れます.(男女別)
d0106518_1221386.jpg
恐山を出た後,妻の希望で近くのかっぱの湯に立ち寄りました.私は温泉が嫌いなので,足湯をしながら,従妹が持たせてくれたとうきびを食べました.
d0106518_12264742.jpg
そのあと大間に向かいますが,ガソリンの残量が微妙なので,大畑町の方に抜けて給油を試みますが,スタンドが発見できず,どうにか下風呂で給油できました.ロードスターって警告灯がないので,ちょっと怖いんですよね.苦笑 大間に到着すると,宗谷岬に似ているのでびっくりしました.笑
d0106518_12292345.jpg
大間といえばまぐろですが,今日は従妹がおいしい寿司屋に連れて行ってくれるというので,ここでマグロを食べるのは我慢しました.ちなみに今日はマグロは四本あがったらしいです.

天気がもちそうだったので,仏ヶ浦にも立ち寄ってみることにしました.しかし,がけの上の駐車場から徒歩で降りていくコースはかなりきつそうなのと,時間もそれほど余裕がないので,観光船の出る港にいってみました.
d0106518_12331379.jpg
しかし夕方だったので,もう観光船の営業は終了していたようです.残念.それから一路下北へ戻りました.
【走行距離】180km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-30 23:34 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

北東北旅行 - day1

今回はまず下北に住む従妹を訪問したあと,職場の合宿に合流し,解散後は遠野とリアス式海岸を見てから帰るという旅行です.で,まずは青森方面へ Go.深夜割引を使うため,4時前までに川口JCTを通過し,ひたすら東北道を北上します.めちゃめちゃ眠くて,途中で二回ほど仮眠をはさみ,第一目的地である金木へ到着.
d0106518_11594390.jpg
斜陽館

ここには太宰治の生家があり,現在斜陽館として公開されています.立派な家でした.ついで「しじみ」を食べようと十三湖へ.
d0106518_1211632.jpg
十三湖

ここではしじみづくし料理を食べました.
d0106518_123359.jpg
その後眠くなりつつ下北へ.途中ものすごい雨で路面が見えなくなり,おまけに眠すぎて危ないので駐車スペースに入り仮眠してから下北へ到着.従妹が名物のせんべい汁を作ってくれまして,それを食べたり,途中からTVで九人の乙女(この従妹の大叔母でもあります)をちょっとだけ見たりしました.
【走行距離】900km
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-30 23:17 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

出発

これから出陣します.今日の予定ルートはこんな感じ.多分 800km を超えるのではないかと思いますが,大丈夫かなぁ.
d0106518_131235.jpg
では行ってきます!
[PR]
by jq1ocr | 2008-08-24 02:51 | 徒然話 | Comments(0)