アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2008年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

NYPD Police Car

NYPD (New York City Police Department)のパトカーが知らない間に変わっていました.ここ何年も行ってないから浦島太郎.
d0106518_1319356.jpg
使われているのは Dodge の Charger のようです.なんか強そう.笑 しかし,イメージが昔と違います....やっぱり私にとっての NYPD police car と言えばコレ.
d0106518_13224716.jpg
Ford の Crown Victoria というフルサイズセダンで,アメリカですから当然 V8.この無意味な図体のでかさと,エンジンは大きい(4.6L)のに遅いというところがアメリカっぽさ(誤解されると困るけど,ある意味のバカっぽさとも言える)が好きなんです.しかしどうも周りの車の高性能化についていけないと判断して,もっとパワーのあるのに代わったというのが真相らしいです.おまけにFord側でも2008年からカタログ落ちしたとのことで,既に過去の車種となってしまった様子.非常に残念です.ちなみに NY のタクシーも代表はこの車種です.行ったことがない方でも TV などで見たことがあるんじゃないでしょうか.
d0106518_1330948.jpg


実は在米時に NY で車を買おうとしたときに Ford のお店でこの黄色の Crown Victoria を見て思わず買っちゃいそうになりました.値段は200万円ちょっと相当だったかと思います.でもキャブ色(黄色)は買えないというので止めました.まあ確かに紛らわしいわな.笑 もちろんパトカー色も不可.でも普通の色だと全然おもしろくない車に見えるのでした.もう一つの候補は Mustang V6 Convertible でしたが,ちょっと高いのと,電測(仕事)に使うので屋根がないとだめだったためあきらめましたが,もしこれにしてたら持って帰ってきたでしょうね〜.でもその後の扱いに困りそう.笑

ところで日本でも NYPD のと同じ(払い下げだか作ったのかは知らないけど)のに乗っている人がいるらしいです.CHP とか LAPD (*)のもあるらしい.で,そういうコスプレをして集まるイベントがあるようなので,機会があれば一度見てみたいなぁと.笑
(*)
CHP: the California Highway Patrol
LAPD: the Los Angeles Police Department
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-29 23:50 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

Tiffany

うちでは flatware(ナイフ,フォーク,スプーンなどのことです)には Tiffany を使っているのですが,日本にあるティファニーでは扱っていないので,ちょっと困っています.まあ今は日本に住んでいるので,和食器を使うような料理を出す分にはいい箸を使っていればよいですが,何回もお客が来ればナイフとフォークを使うような料理を出す場合もありますよね.ここの Faneuil (*)というデザインの flatware を当家では制式採用(?)しているので,買い足したくても Tiffany 本店のサイトでの通販は日本には基本的に送ってくれないため,アメリカ等に行かないといけない状態なんですね.日本にもティファニーはあるから大丈夫だと思ったのが浅はかだったかも.まあ和光とかにもいいのがありますし,別のを使えばいいじゃないかと思うかも知れませんが,やはりこういうものって統一したいんですよ.欧米の家庭では結婚するときにセットで揃えたりするようですが,うちは一気に買えるほど金銭的余裕がないので,少しずつ揃えようと思っていたのです(今でも思ってます).

さてその話はおいときまして,今日は日本橋の三越にいきました.ティファニーは銀座にビルがありますけど,三越の中にもお店を持っているので,ついでに寄ってみたのです.もしかしたら flatware を扱うようになったかも,とほのかな期待をしつつ.で,見つけたのがこれ.
d0106518_0114674.jpg
これはうちのとデザインは違いまして,Elsa Peretti の padova というモデル.ずいぶん柄が長いし,これしか置いてない上に,隣の置いてあるのが赤ちゃん用の食器だったので,これは feeding spoon ではないかと.一瞬マドラーになるかと思いましたが,ちょっと短い.それにデザインも違うからダメですし,このデザインの靴べらを使ってるから食器に同じはちょっとなぁという気もします.これで Faneuil があればいいのですけど.でも以前より置いてあるものの数が増えているようなので,そのうち日本でも売るようになるかも知れないと淡い期待を持っています.日本でこそ絶対売れると思うんだけどなぁ.一応 NY 本店に要望メールを出しておきました.

ところで,うちの padova の靴べらはこんなのです.
d0106518_0172762.jpg
これと食器が同じデザインだと確かに気になるかも.苦笑 ちなみに今確認してみたところによると,もうこのデザインの靴べらは売ってないみたいです.なんでかな?もしかして売れなかった?結構使いやすいと思うんですけどねぇ.もう買えないとなると,余計に大事にしなくちゃ.苦笑
(*)Faneuil というデザインはこんな感じです.非常にシンプルなので手入れが実は大変だったりします.
d0106518_0284555.jpg

[PR]
by jq1ocr | 2008-09-29 00:29 | 工具・道具 | Comments(0)

最近クーラーをつける必要がないほど涼しくなり,網戸にして寝ることが多くなったせいか,逆に盛夏より蚊に刺されることが多くなりました.寝ているとあちこち刺されて,かゆくて起きてしまうのです.苦笑 たくさん刺されて寝ているうちに失血死なんてなったら大変だなぁと思い,計算してみることにしました.笑

まず一匹の蚊の吸血量ですが,2mg程度らしい(概ね 2uL)です.そして人間の血液量は体重の約1/13と言われていまして,大体男性の場合で 4 L 程度だそうです.またこの半分を失うと失血死するとのことです.なので,2 L で失血死とします.すると,百万匹に吸血されると危険だということですね.

寝ていると5カ所くらい刺されたりするのですが,例え血液が増えなかったとしても,20万日(=550年)位は死なないですね.笑

さて,遠野の昔話がたくさん載っている「老媼夜譚」(佐佐木喜善著)を先日の遠野旅行の折に購入しました.
d0106518_3232955.jpg
この本の三八番「鬼の子小綱」にこういう話があります.
【あらすじ】お爺さんとお婆さんに一人の美しい娘がいた.娘がある日山に柴刈りに出たまま帰ってこなくなり,長年探し回ったが見つからなかった.ある日奥山に入っていくと見覚えのある着物が干されている.そこの岩穴に声をかけるとなんと娘が出てきた.どうしてこんなところにいるのかと問うと,鬼にさらわれてきたという.岩穴には娘と鬼の息子の小綱がいた.娘は「来月になれば小綱が成人するので岩穴を逃げだそうと思っている」という.しかしすぐに帰りたい三人は小綱が成人する前に逃げ出すことにした.そして小綱は逃げたしたことがばれないように,あちこちに糞をたれて,糞に「父が小綱,小綱と呼んだら,はいと返事をしろ」と言い含めておいて岩穴から逃げ出した.その後,鬼が帰ってきたが誰もいない.「小綱,小綱」というと「はい」と返事がある.探してみると糞が返事をしているので,小綱と妻が逃げたことに気づいたが,もう少しのところで追いつけなかった.結局里で小綱は成人を迎えた.しかし,大きくなるに従ってどうしても人間を食いたくなってたまらない.そこで「おじいさん,どうしても人間が食いたくて仕方がない.いっそのこと自分を殺してくれ」と言った.祖父はとても嘆いたが「いくらおまえが鬼の子でも,自分の孫だから殺せない」と答えた.仕方ないので,小綱は山にいって,柴で小屋を作って中に入り,自ら火を放ち死んでしまった.そしてその焼灰が風に飛んで蚊になり,自由に人間の生き血を吸うようになった.終


というわけで,要するに日本の蚊は小綱なわけです.笑 で,日本の蚊が一晩に吸う血液量を考えてみましょう.ある夏の晩,1億人が1回さされるとします.すると吸血量は 2×10-6[L] × 1×108[人] = 200 [L] となります.ドラム缶ひとつというのは多いのか少ないのか分かりませんが,とにかく日本の蚊を一晩全部寄せ集めると,ざっと100人分の致死量となるわけです.いくら鬼の子でも一人で一晩で生き血100人分は吸い過ぎじゃないでしょうか.笑
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-27 03:28 | 徒然話 | Comments(0)

USD under UV

FPU のご要望にお応えして,紫外線灯の元にUSD を置いてみました.昔光っていたなぁと言う記憶があるのですが,どんな風だったか忘れてしまったので,早速実験です.ちなみにすぐ出てきた手持ちの関係で4種類だけです.
d0106518_2262460.jpg
USD Notes
まずは1ドル紙幣.
d0106518_226425.jpg
1USD
うーん,なにも起きませんね.ついで5ドル.
d0106518_227367.jpg
5USD
ちょっとわかりにくいかも知れませんが,青っぽく光っています.線は均一の濃さではありませんが,模様のように見えます.ついで10ドル.
d0106518_2275870.jpg
10USD
今度は光っている色が違います.オレンジですね.で,よくみると,この光る帯の中に USA TEN と書かれているようです.で,20ドル.
d0106518_230430.jpg
20USD
緑色の光る帯ですが,中に何が書いてあるかはよく分かりませんでした.TWENTY とか書いてあるのかと思ったのですが,単なる模様のように見えます.ドル札は他にも種類があり,新札,旧札などもうちのどこかにあるはずなので,見つけたら見てみますね.
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-25 02:33 | 徒然話 | Comments(0)
第1話
第2話

【第3話】つづいて配線です.BU-1 の裏はこんな感じになっています.
d0106518_1444929.jpg
ちゃんとシルク印刷で接続が分かりますね.
SPIN: 無線機の受信音出力を接続=3.5φの芯線
HT_PTT:無線機のマイク端子を接続=2.5φの芯線
VIN1:電源(+3V)=電池
GND: すべてのGNDを接続
となります.MB_PTTは多分モービル機とかを接続する場合のPTTだろうと思います.(私はつないでいないので確認はしていない)

で,接続してケースに入れてみると,こんな感じです.(ふたははずしてあります)
d0106518_149415.jpg

これを VX-7 に接続してみました.動作確認も完了です.これで VX-7 が VX-7.5 くらいになったかな?笑
d0106518_1504286.jpg
VX-7 + BT = VX-7.5?

もちろん無線機との接続を 2.5φ と 3.5φ にしたので,VX-7 に接続する場合は CT-91 は必要ですが,そのかわり C401 など,ほとんどのマランツ,ヤエス,アイコムのハンディにもそのままつきます.
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-25 01:51 | 無線設備・レストア | Comments(12)
前の話(第1話)

【第2話】ついで電源についてです.

ハンディ機に外付けと考えると,電源は電池がよさそうです.電圧は BU-1 に載っている codec や bluetooth モジュールから考えると,3.0〜3.6Vと推測できます.電圧を高めにしてレギュレータで落とすか,最初から3Vにしておいて様子を見るかという選択になるでしょう.単4型のニッカドを三本使う方法が容易だと思いますが,小型化を考えたいので私は3Vにすることにしました.

電流は多分 bluetooth モジュールが支配的かと思うので,調べてみましたが,BU-1に使用されているものと全く同じモジュールは見つけられませんでした.しかし類似の class 2 のチップの仕様を見ると平均46mAとあります.多分 BU-1 全体でも100mAということはなくて,50mA に近い値でしょうか.ただしこのくらいの電流が流れると言うことは,なるべく小さくしたいとはいえ,ボタン電池は無理です.CR2032でも220mAh程度のようですから.そこで容易に入手できるものとして更に容量が大きいもので円筒形の CR2(850mAh) や CR123A(1400mAh) 等があります.しかし,電池の仕様をみると連続標準負荷が CR2 と CR123A はどちらも 20mA となっているのです.うまく動く保証はありませんが,とりあえず今回の試作では CR2 を最初に使ってみることにしました.

そんなわけで,CR2 用の電池ケースを買いましたが,これと BU-1 を一緒に内蔵できるケースとなるとちょっと大きめになってしまいます.実用試作品なので,電源スイッチを省略するためにケース外に電池ケースを接着することを考えました.そうすると,本体のケースは BU-1(3cm角)が入る空間があればよくなります.で,現物あわせをしながらタカチの SW-53 (W36×H11×D53)を選びました.これに電池ケースからの配線を入れる穴と mic/af 用を穿孔します.
d0106518_1381374.jpg

穿孔加工したケース

さて,BU-1 をケースに組み込む前にしておかなければならないことがあります.それは PIN 設定です.BU-1 に使われている Bluetooth モジュールにはパラメータを記録しておくフラッシュが内蔵されています.そしてデフォルトでは PIN が 6111 に設定されています.もちろん純正オプションである BH-1(*)を使うなら問題はないのですが,これを変更しておかないと,市販品によくある PIN 0000 の製品がペアリングできません.というわけで BU-1 を買ってくれば無条件に汎用 Bluetooth 化できるわけではなく,実は FTM-10 や VX-8 がないと PIN が変更できないというところが解決できていません.そんなわけで,FTM-10S を持っているので,これに一度取り付けて PIN を 0000 に変更,ついでにペアリングもさせておいたあと,ユニットを取り外しました.しかし開けたり閉めたりは防水機能の維持に不安が残るのであまりやりたくないですね.というわけで,これで下準備が完了しました.

(*)
純正オプションのヘッドセット BH-1 ですが,なんとヘルメットをした状態で使えないため,私はヘッドセットはロジテックの携帯用や coolrobo といった社外品を使っています.ただしこれらは PIN が 6111 に固定されてるわけではなくて,変更も出来ないので,ペアリングの時には使用するヘッドセットの設定にあわせて BU-1 側の設定を変更する必要があります.

次の話(第3話)
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-24 23:55 | 無線設備・レストア | Comments(0)
【第1話】
FTM-10 や今度発売される VX-8 は Bluetooth を使ってスピーカーマイク部分を無線機本体と分離することが可能です.スキーをしているとき,バイクに乗っているときなど,この機能は結構便利だったりする(本体をバックに入れたまま使用できるので,防水性がいらなくなるというのが利点の一つになると思います)のですが,如何せん使用する無線機が制限されていました.

しかしバーテックススタンダードの Bluetooth ユニット BU-1 には汎用性があるようで,予め内蔵できるように設計されていない無線機にも外付けでつけることが可能です.もちろん市販品もありますが,ハンディに組み合わせるには大きいですし,結構高価だったりします.BU-1 を使用する上ではいくつか克服しなければならない点があります.というわけで,これらを解決していく様子をこれから紹介していこうと思います.これらの記事を参考にして作ろうとお考えの方は最後までお読みになってからにしてくださいね.

【ご注意】このアダプタの製作は個人的に行っているもので,バーテックススタンダード社が想定している利用法ではありません.よって,この内容についてバーテックススタンダード社に一切問い合わせをしたりしないでください.こういう当たり前のことが理解出来ない人はそもそもまねをしようとしないでください.みんなに迷惑がかかります.また私は意図的に誤った内容をここに掲載したりはしませんが,これをみて製作される方がうまく動作しなかったり,破損してしまったりしたことについて,私は(当然バーテックススタンダード社も)アドバイスも含め一切の担保をいたしません.これらのことをご了承いただいた上で,以降の記事をお楽しみください.

始めにどのように接続するか図示してみます.
d0106518_174323100.jpg

決定すべきことは以下の通り
1. mic/af 接続方法
2. 電源
3. ケーシング
まずは順番に mic/af に関して検討してみましょう.要するにこのアダプタを作成したときに使う無線機は何にするか考えなければなりません.スキーやバイクで使うでしょうから,自分の持っている無線機で考えると VX-7, VX-3, C401, C701 あたりで使うことになりそうです.本当は VX-7 か VX-3 あたりがメインになりそうなのですが,プラグが特殊なので部品での入手が困難です.おまけに,7 と 3 ではネジの有無もあります.そこで,今更ですが,3.5φと2.5φのプラグ付きケーブルを使って,CT91 や CT44 (*)を使って VX-7 と VX-3 に対応することにしました.こうすれば持っているすべてのハンディ機で使用することが出来ます.もちろんこの部分を変更すれば固定機に接続することも可能ですが,あまり利点もないので今回はつながないパターンで製作します.

次の話(第2話)


(*)参考
d0106518_1756248.jpg
CT-91 for VX-7

d0106518_17562614.jpg
CT-44 for VX-2,3 etc

[PR]
by jq1ocr | 2008-09-24 21:58 | 無線設備・レストア | Comments(0)

紫外線灯

宝石の鑑別にも使われるのですが,紫外線灯がうちにやってきました.ただ,ちょっと普通のとは違います.
d0106518_19252.jpg
鑑別用紫外線灯
宝石は紫外線の波長によって蛍光作用が異なるものがあるため,この紫外線灯は長波長紫外線と,短波長紫外線の両方をスイッチ切り替えで出すことができるのです.まあこの辺の話は宝石好きでないと「ふーん」で終わってしまいそうですが.笑 ちなみに実際に紫外線でどうなるか見てみましょうか.試料はマリアライトという少々紫っぽい透明な鉱物です.一般の蛍光灯の下では....
d0106518_1135083.jpg
このように透明ですね.で,これを紫外線灯の下にもっていくと...
d0106518_114982.jpg
オレンジ色に輝いています(もちろん色の修正はしていません).うぉ〜,おもしろいなぁ.このような蛍光作用を持つ鉱物は結構あるようです.ちなみにこの紫外線灯,230Vで動くものなので,ごらんのように変換アダプタをかましてます.多分一般家屋の単相三線で200Vが来ていれば,プラグだけ変えれば動くと思いますけどね.
d0106518_1164137.jpg
欲しい人はミネラルショーでよく見かける mincraft というスリランカの会社のブースに行くと買えるかも知れません.
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-24 01:31 | 宝石研磨・鉱物 | Comments(2)

Wild Hogs

d0106518_1831307.jpg
Wild Hogs
7月に買っていた Wild Hogs をようやく見ました.

ストーリーは....
アメリカの閑静な住宅街に暮らす、一見、ごく普通の男たち。彼らは実は人生にどっぷり煮詰まっていた。実業家のウディ(ジョン・トラボルタ)は、妻に逃げられ自己破産。ダグ(ティム・アレン)は、ストレスを溜め込んだ歯科医で、ワイルドだった昔の面影ゼロ。自称小説家のボビー(マーティン・ローレンス)は、家では粗大ゴミ扱いされ、パソコンおたくのダドリー(ウィリアム・H・メイシー)は、運命の恋を夢見ているものの、完全に恋愛運に見放されていた。そして行き詰まりの毎日に、遂に我慢のリミッターを振り切った彼らは、全てを捨てて愛車のハーレーにまたがり自由気ままなロード・トリップへ。だが、その行く手には、ワイルドすぎる現実と、思いがけない冒険が彼らを待ち受けていた。


最後のけんかのシーンは悪くはないけど,そういう終わらせ方かよ〜という感じ.まあアメリカらしいけど.基本的にはコメディ映画ですね.かなり笑えました.アップルの tattoo をいれちゃうダドリーがいい味出してます.
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-22 08:11 | 映画 | Comments(2)

Umrao Jaan

なぜか家にあったインド映画です....
d0106518_1524151.jpg
Umrao Jaan
色遣いとか,女優さんとかとてもきれいですが,ハッピーエンドにはならないところが悲しいですね.人生,どうにもならないことがあるのは分かるのですが.....調べてみると昔に作られた名作のリメイク版のようです.インド映画,なかなかやるなと思わせる逸品.こうなると,評判の高いオリジナルを見てみたくなりますね.余談ですが,Umrao役の主演女優さん,パッケージの写真ではわかりにくいですが,作中,どうしてもアンジー(Angelina Jolie)に似てるなぁと思っちゃうんですが,みなさんは如何ですか?
[PR]
by jq1ocr | 2008-09-22 08:06 | 映画 | Comments(0)