アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2009年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

アド街効果

昨日のアド街でうちの辺りが紹介されたらしくて,外に出たら人がたくさんいます.この近辺,いつも土日はそんなに人は多くないのですが….特に今日はファミリーバザールが開催されているため,相乗効果で大変なことになっていました.番組で紹介されたレストランは行列になってたし….週末に行列になっているのは初めて見たなぁ.笑

私はというと,ホテル用の電話機が500円だったので,ガレージ用にしようと思って買ってみました.中国製で作りの質感はいまいちだけど,デザインは'60とか'70くらいのレトロ感がでていていいなと.どんな音かな?と思って,家に帰ってからつないでみたら,トーンとパルスの切り替えスイッチが接触不良で押す度に切り替わってしまったり,出ないトーンがあったりしてガッカリです.壊れたクラリネット状態.苦笑 直そうかとも思ったのですが,さっき買ったばかりなので,さっさとお店に行って返品してきました.500円というのは理由があるわけですねぇ.ちなみにまともなホテル用電話機はシンプルでも一万やそこらするようです.

残念ながら番組は見てなかったのですが,ウェブページを見るとお隣さんがランク入りしていたので,うちも映っていたかも?知ってるご近所さんは何人かでていましたが,コレクションは分からなかったな〜.
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-30 00:05 | 徒然話 | Comments(0)

穴があったら入るよね

昨日は A1C 秋葉原忘年会でした.夕方までは各自お買い物タイム.普段は必要なモノだけさくっと買って,すぐに帰ってしまうのですが,今日は仲間の買い物に付き合ってみたら,いろいろ発見があって楽しかったです.寄り道は大事だな〜.その後,お茶して忘年会に突入.私も結構変調が深くかかりました.しかし,更に深い皆さんが.....
d0106518_9112683.jpg
穴があったらついつい入ってしまう人たち....笑

ともあれ,とても楽しい一日でした.みなさん,ありがとうございました.
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-29 09:24 | 徒然話 | Comments(9)
【訂正】重要な訂正事項を下に追記しています.
Sメータは 34dBu で S9 となるよう校正し,以下,6dB 刻みでふるのが標準と言われていますが,市販されている無線機の刻みはもっと細かいのが殆どのようです.これは使ってみて感じておられる方も多いと思いますし,実際に測ってみた方もいらっしゃるでしょう.以前アッテネータを作って校正してあったのを思い出して,試しに FT-817ND の S メータのふれを確認してみました.

久々に電源を入れた SG の調子があまりよろしくないようなので,こと絶対値に関しては信頼できない(だたし相対値はそれほどずれていない様子なので傾きはあっていると思う)のですが,大体以下のようになりました.(凡例:3.5, 7, 14, 21, 50MHz)
d0106518_075740.jpg
FT-817ND における入力信号強度とSメータの読みの関係
Signal strength meter readout correspondence to its input intensity on FT-817ND

ピンクの直線は標準と考えられる特性です.この図を見ると,FT-817 も概ね S9 は標準的な信号強度に設定されていますが,S9 と S8 に大きな隔たりがあり,それ以下は 0.8dB/S くらいになっています.振り始めは遅いですが,振れ始めると S8 まではあっさり触れて,S9 は標準的な強度というような特性を持っているようです.なぜこのような振れ方に設定されているのでしょうか?ノイズフロアの高さを隠すためだとかだったらがっかりだな〜.苦笑 JST-245 の方が静かなので,あとでこっちの振れ方も調べてみることにしましょう.ちなみに S1 を 30dB 程度下回っても,CWであれば弁別可能(ただしもちろんセットノイズのみの環境)なので,試験しているとS1でも結構強い印象があります.

このデータはどのように役立つかと言いますと,相手の出力が分かっているときに,自分の信号が相手にどのくらいの強さで届くかの目安となります.例えば,相手が使用している無線機が 50W 出力で,自分には S8 で入感したとしましょう.自分は 5W 出力とすれば 10dB 差となりますので,Sメータの振れ方が相手も同じ(上の図のような特性)だとすれば,自分の信号は相手に S1 に満たない強さでしか届いていないということになります.そのときのノイズフロアが S3 くらいだったら自分の信号はノイズ以下にしかならないわけですから,相手がパイルになっていたら,さっさとあきらめようという気にもなるわけです.しかし同じ環境でも,相手が S9 で入っていれば,自分の信号は S8 程度で相手に入ると推測できるので,がんばる価値はあるかもしれない,ということになるのです.特に相手より出力が小さいことの多い QRP 運用をする場合は,自分の無線機のSメータの振れ方を知っておくことは役立ちます.逆に出力の大きい人は自分が何ワットで運用しているか言った方が呼ぼうとしている人に親切です.よく「コールのあとに QRP をつける人がいるけど,本来は QRP の人はつける必要はなくて,QRO の人のほうがつけるべきなんじゃないの?」と飲み会とかで(半ば本気で.笑)言っているのですが,それはこのような理由があるのです.
【訂正事項】重要なことを見落としていました.それは測定器の電圧表記が EMF だったことです(縦軸の単位が dBu EMF だったということ).要するに開放端電圧での表記なので,負荷を接続したときの入力電圧レベルは 6dB 下がりますから,グラフの縦軸の数字を 6dB 引いて読んでください.図的には standard は 6dB 上にずらして読んでください(S9 = 34dBu = 40dBu EMF).もともと電圧の絶対量については測定器の校正が大分前だったため,あまり信じてはいませんし,調子もあまりよくなさそうです.また今回のストーリ的には絶対値は関係無いので,暇だったら図の修正をするかも知れませんが,とりあえず注記だけにとどめておきます.
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-28 00:30 | 無線設備・レストア | Comments(4)

八尾商店

秋葉の帰りに豆乳を買いに寄っていた八尾商店.久しぶりに前を通ったので,おばあちゃん元気かな?とか思いつつ,おやつでも買おうと寄ろうとしたら工事用のパネルが張られて営業していないではないですか.よく見ると近隣まるごと工事中になっています.どうやらこの周辺はまるごとごっそり再開発で,大きなビルが建つようです.淡路公園までなくなる様子.またビル風が強くなって歩きにくくなるなぁ.....

正直,こういう再開発の名を借りた街区破壊は,その街の従来持つ元気を根こそぎ持って行ってしまうように思うのですが,どうなるんでしょうね?西の方の某再開発も,街気(*)を消してしまったように私は感じています.憂いよりも期待が持てる再開発であることを期待するしかありませんが.

(*)街気:街の持つ気,雰囲気,特徴,その街に住む人たちの醸し出す気配,気質などを示す造語です.
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-27 08:03 | 徒然話 | Comments(2)

脳内CAD

例の試作物件,ブレッドボードがいっぱいなのと,ハード的にはまとまりそうなのでパターンを起こしてみました.もちろん ICSP できるようにしてあります.
d0106518_12215368.jpg
回路図も起こさずに頭の中でパターンを作っていくのですが,このくらいでも結構面倒くさいですね.Mac でも Eagle という CAD が使えるようなので,この程度(低周波系)のレイアウトはソフト任せの方が良いかもしれません.ただ,回路図書くのも面倒くさいというほどのめしこきな私が果たしてそんなソフトを使えるのかどうか.....苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-26 08:57 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

化石発掘

実家の石箱を片付けていたら,こんなもの発見.
d0106518_065334.jpg

2SC2540 が二個.学生時代の自分のことだから,6mのアンプでも作ろうとしていたのだろうか....検索すると 175MHz で 40W (@13.5V) だせるものらしい.合わせて 100W くらいのを作ろうとしていたんじゃないでしょうか.今考えると半端ですが,当時はそんな感じでしたよね〜.笑
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-25 00:09 | 徒然話 | Comments(0)

トランジスタ破壊技術

d0106518_18401765.jpg
ちょっと化石ネタですが,今月号のトランジスタ技術をパラパラっと見ていたら,壊れたトランジスタの写真が載っていました.この号の特集はトランジスタ回路の話(年に一回くらいはやりますね〜?)なのですが,その中のコラムに「トランジスタ破壊技術!」というのがあって,大電流を流して破壊した石の残骸の比較をしていました.こういうのは学校では勉強しません(壊れることは学びますが,どう壊れるかはあまりやらない)が,現実には起こりうることで,エンジニアとしては知っておくべき内容ではあります.自分自身もやるべきかなと思い始めました.笑

ところで雑誌はあまり買わない上に,広告もあまり見ないことが多いのですが,トラ技もなんか薄くなっちゃってるので本文だけだと楽しめる時間が少ないですよね.で,広告もデザインもキレイなので思わず見ていると,最近の書籍や雑誌には付録が充実しているのが実に多く目に付きました.誰でも簡単に実験できるディジタル回路の低廉化や開発手法の一般化が大きいのだと思いますし,ここも商売の種になるポイントなのでしょうが,付録にはコストを削ったり,トラブルの洗い出しをしたりとかかなりの準備をしていると思うんですよ.で,思いました.そう,これって学研の科学と学習なんじゃないかって.あの毎号の付録の開発の裏には,何をしでかすか分からない子供相手の大変な努力や苦労が隠れているわけですが,当時子供だった我々は純粋に楽しみつつ学んだ思い出が残っています.で,その世代が今マイコン付録の雑誌を買って楽しみながらスキルアップをしているわけです.やってること大して変わってないんですね〜.笑

そのうち学研の科学には「まいこんでぴかぴかしよう!」なんて,マイコン基板が付録になったりするんでしょうか?そうなったら,今の子供が大人になったとき,トラ技の付録はどんなすごいことになってるんでしょうね?
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-24 22:47 | 徒然話 | Comments(0)

CP8040関連記事目次

CP8040関係記事を検索でお越しになってご覧になっている方には記事が分散して読みにくいと思いますので,主要関連記事をまとめておきますね.
ポチッとな 1/28/2009
CP8040 の耐入力改善の検討 1/29/2009
CP8040 開梱の儀 hi 2/1/2009
CP8040設置準備中 2/15/2009
テナコートぬりぬり 2/28/2009
CP8040建設記(1) 二つのミス 3/1/2009
CP8040建設記(2) 九十九里をもって道半ば 3/2/2009
CP8040建設記(3) とりあえず設置完了 3/2/2009
CP8040 ファーストインプレッション 3/2/2009
CP8040 について考える 3/3/2009
CP8040 初交信 3/4/2009
CP8040 ついでに 7MHz も測定 3/4/2009
CP8040 総評 3/5/2009

[PR]
by jq1ocr | 2009-11-24 00:46 | 無線設備・レストア | Comments(0)
今日は別件が入る予定だったので参加できないと思っていたのですが,別件が中止になり,急遽参加することにしました.といっても,今から出かけるのもなんだしな〜ということで,自宅からコタツモードでの参加です.2400MHz とか出てみたいけど,自宅には今アンテナをつけていないので,1200MHz ということに.430MHz にしちゃうとそこそこ忙しそうですからね.苦笑 FM ではほとんど聞こえてこない劣悪環境ながら,15分で9局13ポイント7マルチで合計91点.青梅移動局を何回呼んでも取ってもらえず疲れて終了です.まだコンテスト終わってませんが,さっさとログを出してしまいました.
1200MHzバンド
9sta 13p×7 = 91
お,ack が返ってきたぞ.笑
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-23 14:40 | コンテスト・移動運用 | Comments(2)

7MHz Activity Award

d0106518_14571586.jpg

来ました〜.その封筒には切手が140円分貼ってありました.送ったのは 150 円分だけど,アワードの背には厚紙とか入ってるし,手間だけ赤ですよね.CQ出版,がんばってるなぁ.まあ,日本のアマチュア無線界を代表する雑誌なわけで,記念行事且つボランティア的なんでしょうけど,応援するにはなるべくCQ誌は毎月買うように心がけますか.hi

ところで特記事項はこんな風にステッカーが貼られていました.
d0106518_14511239.jpg
貼るのも大変そうだなぁ.シールはそのまま送ってもらって,自分で貼るのでも良かったのに.

最後に気になる点があります.紙が薄くてつるつるしているところに,レーザープリンタでの印字ですから,トナーがぱりぱりと落ちてしまうんですね.まあ最近のアワードなんてみんなそうなのかも知れませんが,保存にビニル系のフォルダなどを使ったりしている人等は気をつけないといけなそうです.私ももらったばかりなのにもうナンバーがはげかかっています.苦笑 これが初めてのアワードという人もいるはずなので,字が無くなってショック!とかならないようにしましょう.
【追記】veranda antenna という特記に,使用したアンテナは CP8040 です.というか,そもそも自宅にはこれしかないのですが.....
d0106518_17582474.jpg
ベランダの壁面にアンカーを打ち込みポールを立て,これにアンテナを取り付けています.「アンテナは長さなり」なので,もちろん過大な期待はできないですが,個人的にはそこそこ気に入っています.似たような環境の方にはお勧めします.ゼロと比べたら無限倍ですよ.hi
[PR]
by jq1ocr | 2009-11-21 18:09 | 徒然話 | Comments(4)