アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2010年 05月 ( 56 )   > この月の画像一覧

発送しますよ〜

夏プロジェクト試作メンバー各位.発送準備完了です.
d0106518_10211972.jpg

中身は大したことないのに,保護材をボール紙で作ったら重くなっちゃった.まあ今回は2通分だからいいですが,大量発送する場合って梱包にも配慮が必要ですね.ちなみに片方は2セット入ってますので,オヤビンに組み立てて差し上げてください.笑 よろしくです.
【追記】発送しました.
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-31 07:18 | 徒然話 | Comments(2)
最初に書いておきますが,結果はまだ出ていないので「その1」としました.

さて小さいとはいえ,エッチング槽を使っているので 2L 程度のエッチング液を使用します.もちろん寿命がくるまでは使い回しですが,ヒータを入れて金魚ブクブクを使うと,液がかなり黒くなっても,かなりきれいにエッチングできます.ただパターンが細いところは寿命近くなると食われたり,食い残しができたりすることが予想されます.作成するパターンによっても液に対する管理の仕方は変わってきますので,できれば液の性能を知りたいところです.

で,世の中ではどうしているのかな?と思ったら,自動化されている機械では比重を測っているようですが,手動でやってる場合に用いられると想像していた比重計が見つかりません.もし比重で管理できるのであれば,浮秤(下の写真)を使うと便利なはずですが.....
d0106518_1432014.jpg

だいぶくたびれてきたであろうエッチング液と新液の比重を測定して,差があるようだったら,その値に適合した浮標を用意すればよいということになります.今度調べてみますね.
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-30 14:33 | マイコン・電子工作 | Comments(4)

エッチング終了

d0106518_10571213.jpg
こんな感じで完成.感光レジストはとってないので,色が変ですが....旧タイプと比べてはがしにくい(アルコールで拭いても,軽くだとベトっと残る)のと,そのままでもつけられちゃうのでそのままです.笑

さてうちは CR 系部品はチップを使っているのですが,夏プロジェクトのみなさんに試作してもらう場合はアキシャルでも対応しなければ,というわけで,1608 サイズのSMDもつくように,アキシャル用のランドの間隔を 1/10" 間隔に統一してあります.ただ,穿孔するときのガイドを少し大きめにしてしまったので,1608を実際につけるとガイドに外接してしまい,パッドとしては微妙なやりにくさが.....苦笑 半田も多くなってしまい,見た目もよろしくありません.まあ自分のなので気にしませんが.でも今度作るときはガイドは小さくしようっと.

ちなみに基板上の文字.Optima regular, American Typewriter の 3pt だと陰陽ともに微妙.(白文だと溶けきらないし,朱文だと食われてしまう)
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-30 11:13 | マイコン・電子工作 | Comments(3)

エッチング中

脳内 CAD のデータは脳内でデバッグできないので,脳内には「虫無し」ということにしてエッチングしています.笑 でも半田付けしている間にミスに気づいたりするんだよな〜.苦笑

動いたらプロジェクト内の試作メンバーにお送りして,EMC試験や回路デザイン上の意見をもらったりする予定です.大丈夫そうだったら基板屋にオーダできたらいいなと.夏までに形になると良いな〜.
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-29 22:45 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

カードの返送を考える

N2QP で運用したカードは,日本国内向けであれば JARL ビューロに送れば OK なのですが,国外向けの場合は別途転送手数料として年間3600円払い込む必要があります.相当枚数あるならそれでもいいのですが,私の場合基本的には AH0BT での運用がほとんどで,設備の調整やコンテストに入る前,終わったあとなどのみ N2QP を運用します.なのでそれほど多くの局と交信することはないと想定されます.

では他に送る方法は?と考えると,前エントリで書いた ARRL の Outgoing Service を使う方法もあるわけです.これですと,ARRL 会員であれば(もちろん私は会員ですが)1/2 LB あたり $5 で転送してもらえます.枚数的にはだいたい 75 枚で 1/2 LB くらいになるということなので,500枚以上になるとさすがに JARL に軍配は上がりますが,それ以下(もちろん郵送料もかかるから,実際はもう少しすくないと思うけど)だと ARRL を使う方法もある,ということです.

料金表を見ると,
1-10枚 $1.50
11-20枚 $2.50
21-30枚 $3.75
それ以上は重量制(1/2LBあたり$5)
となっているので,取り急ぎ W2 Bureau から来た分はこれで返信してしまおうかと思います.

カードに同封するもの
1. proof of ARRL membership (QST誌の宛名ラベルコピー可)
2. check(コールを書く.payable to "The ARRL Outgoing QSL service".M/Oでも可)
そして宛先は以下の通り.
ARRL Outgoing QSL Service
225 Main Street
Newington CT 06111-1494

[PR]
by jq1ocr | 2010-05-29 21:00 | 徒然話 | Comments(0)
N2QP/KH0 での運用におけるカード交換は,基本的に日本国内局は JARL ビューロ経由,海外局は Direct で対応をしています.しかし,きっと国内外問わず N2QP あてに送っちゃう人は多いだろうなぁと思っていました.

で,だいぶ前の話ですが W2 のビューロに加入してみたのです.米国のビューロは日本のように一つになっておらず,エリアごとに14のビューロが設置されています.またそのビューロは incoming のみで,送る場合は各エリアに分けてビューロに送るか,(Wからみて)海外向けの場合は ARRL 本体の Outgoing QSL Service(有料.会員のみ)を使います.

ビューロのメンバーシップを得るにはエリアによって仕組みは違いますが,W2 の場合は North Jersey DX Association というところに入会します(注意点としては,住所のあるところに入るのではなく,コールエリアによって入るところが決まります.米国では最初に自動で発給されるコールエリアは住所のあるところですが,vanity などで指定を変えると,住所とコールエリアが異なることがあり得ます).ここでカードを送ってもらう credit を購入するのです.10 credit = 6USD ですが,1 credit で約 1 oz 分(カード5-7枚程度)の転送が受けられます.私のように海外の住所に送ってもらうことも可能ですが,もちろん credit を大量に消費します.どんな感じか試してみるために,とりあえず 30 credit ($18) 払ってみました.

するとまったく忘れていたところに昨日カードが届きました.
d0106518_20101033.jpg
あけてみると,DX から30枚,日本からも20枚くらい入っています.日本からのカードの中には,ちゃんと via JQ1OCR と書いてあるもののそれが転送枠ではないところに書いてあって,肝心な転送枠内に N2QP ってかいてある残念なものもありました.

ちなみに今回何クレジット消費したかと言いますと,なんと 17 credit でした.ざっと千円もかかってしまったことになります.とはいえ,発送元も切手だけで $5.43 もかかっていますから,別にぼられているということはありません.そのくらいかかっても仕方ないと考えられます.

というわけで,W に送られると無駄なコストがかかってしまうので,日本国内の方は,転送枠に via JQ1OCR,To Radio 欄に N2QP/KH0 とお書きになり,JARL 経由でお願いします.m(__)m
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-29 20:25 | 徒然話 | Comments(0)

脳内CAD

以前よくないという結果になった脳内CADですが,やっぱり回路図引くのが面倒なので,やってしまいました.
d0106518_1811927.jpg
まあこのくらいのだったら大丈夫かな.ただ回路図も起こしてないずさんさなので,このまま差し上げるのはいかがなものかなと.というか,そのまえに間違ってないかが関門.苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-29 18:03 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

目が悪くなった?

近年 SMD(表面実装部品)に印字されている文字が見えにくくなってきました.
d0106518_094128.jpg
めがねを外せば,かえってよく見えるんですが(めがねが悪い?)合焦深度も気の所為か次第に浅くなっているような気がします.苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-28 00:10 | 徒然話 | Comments(4)

ホタルイカ

ホタルイカって生食は危ないんですよね?
d0106518_23581558.jpg
でも食べちゃいました〜.これはかなりうまかったです.茹でより全然好みだな〜.生食用とあったので多分冷凍処理されているのだと思いますが,そうとは見えないくらいしゃきっとしてました.普通に生だったらどうしよう.苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-28 00:01 | 徒然話 | Comments(0)
某クラブの夏プロジェクトは動き始めているところではありますが,メインのKさんのがかなりすごいことになっているので,私は逆に主機能のみの単機能を実現した作例を本日プロジェクト内に公開しました.なので,ver.1.0 ということになりましょうか.
d0106518_22593712.jpg
実は予定していた機能の一つが実装されていないので,自分としても最終形態ではありませんが,一応Tさんが「こんなのあったらなぁ」とおっしゃってたものができあがったと思います.Tさんに見せたかったな〜.笑

あとKさんが「こんなの作りたい」って言ってたのを簡易版ですが作ってみようと思います.もちろん最終的にはKさんの作品にすべて include される予定ですが,習作として似たようなモノを作ってみようと思っています.

基本的に業務連絡なのでわかる人にしかわからない話ですが,ピンときた方は夏をお楽しみに.
【5/28追記】予定していた機能は無事実装が完了しましたので,ver.1.1 に昇格です.笑 用途が用途なだけに EMC 試験が必要ですが,今のところちゃんと動いているようです.
[PR]
by jq1ocr | 2010-05-26 23:06 | マイコン・電子工作 | Comments(4)